LUCY/ルーシー [Blu-ray]

  • 153人登録
  • 3.03評価
    • (5)
    • (15)
    • (35)
    • (15)
    • (4)
  • 35レビュー
監督 : リュック・ベッソン 
出演 : スカーレット・ヨハンソン  モーガン・フリーマン  チェ・ミンシク  アムール・ワケド 
  • NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン (2015年1月16日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988102262372

LUCY/ルーシー [Blu-ray]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 脳を持ってるけど、その10パーセントしかつ使えていない人が大半のところそれで100パーセント使えたらどんな世界なんだろうを描いた作品です。絵的には面白いけど、物語は支離滅裂というか、なんと言うか。終わり方も唐突過ぎて評価に困るというのが本音。

  • 科学的な話はさておき、エンターテイメントとしては結構面白かった。
    まあツッコミどころは満載なんでしょうけど、あまりそのへんは考えずただただ楽しめばよい。
    トランセンデンスと、herのダメなところをバッサリなくしてシンプルにした感じ。
    そうです。
    僕が求めていたのはこういう単純な感じなのです。
    愛だの環境問題だの人類の進化だのそういう余計なことはどうでもよいのです。
    うむ。
    好きです。
    例によって酷評多いけどな。

  • 面白かった

  • 覚醒したルーシー視点の映像、人間の知覚を超えた描写がときどき挿入される。そのシーンがもっと見たかった。

  • ☆☆☆☆SF的な要素が散りばめられた、人間の脳の可能性を描いた作品。
    人間は自分の脳の3%としか活用できていないと言われている。それを100%フル活用できたら、どんなことが可能なのかを映像をとうして、観せてくれる。
    ハラハラしながらも、最後はスカッとする仕上がりになっている。理屈抜きで、エンタメとして観ると面白い作品。

  • ドワォ

  • おもしろかった。最後の方は完全にSFで、SF自体はあまり得意でないけど勢いに飲み込まれて楽しく見ることができた。特別な能力つながりのSPECがどんどんSF化してくのは苦手だったけれど、これはこれで悪くない。

  • 話、でかい。
    の割に、敵が貧相。
    ボスは20%以下で十分 殺れる。
    ていうか、タクシードライバー 撃つなら、ボスを仕留めとかないと。
    なぜ生かしたのか。
    そこ、もう少し 脳に見合うほど、吊り上げてほしかった。敵は国か、世界レベルに。

  • 脳が100%覚醒したら… 想像力がショボいのか、超能力ぽいのは毎度しっくりこない。

    ちなみに、現代医学ではその解釈が変わってきてて、10%しか使ってないのではなく、10%しか同時に使ってないだけで、まんべんなく全体を使ってるよ。CPUみたいなもんさ。とのこと。夢はないけどしっくりくる。
    http://opinioline.com/post-5652-5652

  • 娯楽映画なのはわかって見たんだけどうーん特出した感想がない。ルーシーが超能力じゃなくて超人的身体能力で素手で戦って欲しかったなぁ

全35件中 1 - 10件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

LUCY/ルーシー [Blu-ray]を本棚に「観たい」で登録しているひと

LUCY/ルーシー [Blu-ray]を本棚に「いま見ている」で登録しているひと

LUCY/ルーシー [Blu-ray]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

LUCY/ルーシー [Blu-ray]を本棚に「いつか観る」で登録しているひと

ツイートする