かぐや姫の物語 [DVD]

  • 822人登録
  • 3.55評価
    • (80)
    • (133)
    • (152)
    • (37)
    • (13)
  • 175レビュー
監督 : 高畑勲 
  • ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社 (2014年発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4959241754837

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

かぐや姫の物語 [DVD]の感想・レビュー・書評

  • ストーリーは原作のままに、描写がとてもリアルなかぐや姫。画像の表現は素晴らしかったが、見終わったあと、どうしても胸の中にモヤっとした感触が残る。なぜだろう。
    かぐや姫の心の動きもわかる。翁の気持ちもわかる。都の上流社会のヒドさもまったくその通り。
    違和感の元はたぶん、こども時代を一途に恋しがる姫の気持ちだ。監督は、なぜ山里の暮らしをあれほどまでに愛させたのか。捨丸兄が言うように、姫は貧しい民の暮らしの本当の醜さを知らないのに。その裏返しで、都での暮らしがいかに恵まれているのかわかろうとしていないのに。もちろんこのこと自体が姫の罪であり、その傲慢のさの罰として月に帰るなら大いに納得のいくところではあるけれど。

  • 申し訳ない想いが有るのですがアカデミー賞にノミネートされた事を知ってから始めてクリップして今回の鑑賞になりました。

    日本人なら誰もが知っている古典が原作でジプリの高畑勲監督の解釈でアニメ化された作品でした。

    水彩画の雰囲気を用いた事でより和の世界を印象強い物としての盛り上げる事が出来て居る様に思います。主人公の‘かぐや姫’をはじめ竹取翁の夫婦などのキャラクターが可愛らしさが堪らない物に感じました。
    特に私にはかぐや姫の侍女の憎めない恍けたキャラが大好きでした。

    今回の長編アニメ賞はディズニーのオバケ・アニメが受賞してしまい残念ながら本作は受賞を逃しましたが、私にとって心に残るジプリ作品になりました。

  • 原作は誰もが知っている「竹取物語」.
    自分は天の邪鬼なので,大ヒットしている映画はすぐには見ない.いかにジブリといえど,しょせんは竹取物語じゃないか,と思っていた.

    でも…

    今ここに生きていないという”罪”犯せば,元の世界に返されるという”罰”を受ける.そのメッセージは現代に生きる自分の心にとても響いた.
    今と向き合うことの大切さ,を美しい画と共に感じられた.あっという間の2時間だった.

  • ずっと気になっておったのですが、やっと観終わりましたよ。北海道からの移動の飛行機の中で観た。

    えーっと、まず翁。讃岐造よ、お前は凄い俗物で安心したwww姫のため、と言いながら、完全に自分のためだよなぁ。自分がのし上がっていくことにもの凄い満足感と陶酔感を覚えていたと思う。ダメな親の典型として書かれているのが非常に好印象だった。

    ラストに行くに従って、すごく内容が粗くなっていく。ラストのところとか、侍女が子供たち連れて出てくるまでは「どんだけやっつけなんだよ」と思ったもんだよ。侍女が子供たちと一緒に歌を歌いながら、翁と婆が目を覚まして最後の別れが描かれる、これがあってまだ良かったよ。それもなかったら、ホンマにラストはやっつけもいいところだ。

    一方で、田舎にいた時にかぐや姫が友達と一緒に遊んでいるところ、かぐや姫が成長するところ、などは非常に丁寧に描き込まれている。圧巻だったのは、名付けの宴(?)から飛び出して田舎へ駆けていくシーン。何ともの凄い書き込みなんだ、と圧倒された。丁寧、というのとはちょっと違う、でも描き殴っているわけでもない、勢いを大事にしてそのまま一気に描き上げた、というシーンだった。このシーンはホンマに凄いと思った。かぐや姫の心を表して、不安定さと拠り所を重ねあわせた、というような。あのシーンだけを見ても、『HUNTERXHUNTER』のジャンプ掲載時の手抜き絵にしか見えないのだけど、それまでの流れを踏まえた上で見ると、計算され尽くした絵であることがよく分かる。素晴らしいシーンだった。

    それだけに、そこと比較してあのラストシーンは、気の抜けた音楽も含めて、やっつけ感があるよなぁ、と思うわけです。

    あくまで想像だけど、高畑勲は恐らく『かぐや姫の日常』『かぐや姫の成長』を描きたかったのではないだろうか。それ以外のものはある種全ておまけ、的な感じで。だからこそ、捨丸兄ちゃんとあそこで会わなくてはいけなかったし、捨丸兄ちゃんと空を飛ばなくてはいけなかったのだと思う。まあ空を飛ぶシーンはどうよ、と思ったのだけど。

    高畑勲の想いが存分に詰まった映画であることは間違いない。力が入りまくった絵がそれを物語っている。であるがゆえに、それを楽しむ映画なのだな、と思った。主義主張を語るでもない、ただ高畑勲が描きたいように描いた、その題材がたまたま『竹取物語』だった、というだけの話です。賛否は結構分かれるだろうな。僕は好きですけどね。

    ちなみに。『竹取物語』の中で、5人の求婚者が頑張って宝を取りに行くところなんかは結構好きだし、月に帰るときに帝に不老不死の薬を渡し、それを富士山に投げ捨てて「不死山→富士山」という逸話も好きなんだが、前者はサラッとだけ記載され、後者に至ってはなかったことにされているのが残念だったなぁ。まあ、映画の中の帝はかなりイケてなかったし、ソッコー嫌われてたけどなwww

  • キネ旬ベストテン2013 4位 映画検定有志のベスト・テン2013 5位
    「ホーホケキョ となりの山田くん」以来14年ぶりの新作公開となる高畑勲。制作現場の凄まじさはテレビで何回か見たのでそれだけで頭が下がる。太い細いがハッキリでる筆のようなタッチで、時に抽象的に時に墨絵のように独特のタッチだ。CG全盛時代に人間のぬくもりのある絵になる。線が切れてたりするので色をつけるのもタイヘンとか。このタッチで、赤ん坊の可愛らしさ、日本の原風景を丁寧に描く。
    それだけで見応えがあるのだが、原野で暴れまわっていて生を横溢していたかぐや姫だが、父親がこれは神の使いだと都に御殿を建ててかぐや姫は姫修行に入る。玉の輿狙いで父親のエゴなのだが、ここからはずっと不満ばかりのかぐや姫物語になり単調になる。5人の求婚者の顛末も変化はつけてるが単調。話をして田舎に戻るようにすればよさそうだが。帝の目にまで止まるが、その不満で月に戻りたいと言ってしまったので、ほら見たことかと月の使者が来る。生と死の話なんだろうが、生きることって思い通りにならないけど死ぬよりいいですよね と言われても。

  • う~ん、どうなのかな…。
    すごくていねいに作られた「まんが日本昔ばなし」を見たという印象。
    話題の水彩タッチの絵も、70年代劇画の影響としか思えなかったし、「新しさ」というものは何も感じられなかった。
    すごく頑張って苦労して作られたんだろうけど、古典を超えられていない、もちろん。

  • 他人の、それが自分の子供であっても、幸せを願うことの難しさ。願っているだけならよかったんだろう。でも、なにかをしてあげたくなる。自分になにかできることはないかと考えてしまう。
    こんなの親の自己満足じゃん!では片付けられなくなったのは、歳を重ねたからか、親になったからか、親になって自分の親の気持ちを考えられるようになったからか。

    予告編でも使われていた姫が屋敷から飛び出すアニメーションは何度見てもすばらしい。途中でBGMが消え、足音だけになる瞬間、ゾワッとした。

  • ジブリの中でも高畑作品は良い作品が多いなあ、という印象ですね。
     
    私がジブリ作品で一番好きな作品は高畑監督の『火垂るの墓』。
     
    今回観た『かぐや姫の物語』は、日本人なら言わずと知れた『竹取物語』通称『かぐや姫』を高畑監督風にアレンジした作品。
     
    日本昔話だけでは伝わってこない『かぐや姫』その人の感情をつぶさに描いており、『かぐや姫』ってこんなに感動できる話だったのね、という感情を抱かせてくれます。
     
    日本人、日本に興味のある外国人皆に観てほしい作品です。

  • 竹取物語に少し色を加えて、登場人物の機微を細かく描くとこんなにも胸が打たれるものなのか。観る人の年齢、状況によって感じ方は異なるはず。幼少期に絵本を何度も何度も読み返して、起承転結わかっているにも関わらず、終盤涙が止まらなかった。最愛の人と永遠の別れを迎えてしまうかもしれない今、月へ帰るかぐや姫と重ねて、お願いだから連れて行かないでと翁たちに感情移入してしまった。エンディングが二階堂和美というのも、これまたグッとくる。人の汚いところもしっかり描かれていたのも泥くさくてよかった。

  • 映画館にて。高畑勲監督作品ということで、とても楽しみにしていました。宣伝媒体から、胸にくるものがある。かぐや姫の成長過程をじっくりと見られて、心のゆらめきがおおまかでも、感じられる。翁や婆の愛しさが、コロコロとしているかぐや姫の可愛さに足されて、幸せな気持ちになる。宝をねだるあたりや、帝は笑えばいいのか、これ…という感想でしたが、これが彼女の月への渇望する引き金になってしまった。

    かぐや姫の罪、欲の溢れた世に夢を抱くことで、落とされてしまう。翁の愛しいばかりの先走った愛情や、かぐや姫の誰にも払拭できない孤独さに、捨丸への焦がれを向けて、夢のような場所で再開する場面は複雑ではある。その時彼も、竹の子の気持ちに同調したのかもしれない。わらべうたに、懐かしむような、焦がれを抱きつつ、唄う姿は、なんとも言えないし、二人のかぐや姫に対する愛情は、月の住人であろうと不変なのだろうなあと思ったら泣いてました。

  • 百聞は一見に如かず。

    観る前は懐疑的でしたが、、、

    よくぞこれほどの作品を創られたものだ。

  • 映像美!!映画館で観たときは、単に女の問題をテーマに描いてるのかなと思って見てたんだけど、テレビで二回目見たらそれをも含めた人間同士のわかりあえなさを描いているんだなってやっと気付いて、さらにぐっときた。みんな孤独なんだよな〜って泣いた。

  • なるほど、流し見してたら見えなかった部分が見えてきたので再レビュー。

    雨宮まみ氏の批評が非常に纏まっていて分かりやすく、概ね代弁してくれてるのだけど、フェミ界隈から見て「女としてかくあるべき」という幻想の押し付け、という側面の外側、じゃあむしろ「私かぐや姫の立場になりたいんすけど」という立場から敢えて考察してみようと思う。

    雨宮さん曰く「美人であれば人としての権利を剥奪され、ブスは女である事を剥奪される」という言が実に言い得て妙だけど、世の中には、まぁ、イマドキ?と顔をしかめられても「金持ちと結婚したい」とかそこまでいかないにしても「どうせなら女という立場を最大限謳歌したい」と思う女もいる訳で。

    例えば男ウケの良い外面を繕うキラキラ系女子にとっては当時の感覚で言う麻呂眉もお歯黒もやだー野山で駆けて晴耕雨読の暮らしを大地と共にしたいのー、とかっていう女は現代で言うとすっぴんに寝巻きと同レベルで、それってなんかもう女として大丈夫?という見方も出来る訳です。

    そういう観点で言うとこの作品で言う所のかぐや姫って単にそのモテを望む女からすると美人というだけで男達から格別な対応を受けまくる「嫌味なオンナ」で非モテの格好の餌食になるという見方も出来なくないと思うんですよな。

    まぁ確かにこの作品に出てくる男の大半が封建主義的な分かり易い男尊女卑を露わにしたキャラクターばかりでその辺りおしなべて胃がムカついてしまいますっていう箇所には漏れなく同意なんでだけど、まぁ、何ていうんでしょう、所謂「女」である事に抵抗が無く、また同様に「女」である事を積極的武器にしてゆける立場の女からすると、御門のセクハラとか「しめたもの」という感じだし、むしろ「玉の輿ヒャッホー」と見る事も出来るんじゃないかと思うんですよね。

    女童のブスだけど気立ての良い子ポジション、というかぐや姫との分かり易い対比も、かぐや姫のモテるのに袖にしまくりっていう徹底した潔癖主義的な部分と併せて癪に触るというか、あーはいはい美人乙…っていう歪んだ目線で見てしまう事もままあったりなかったり。そうよね、ブスは所詮太鼓持ちよね、っていう

    取り分けまぁかぐや姫は妙齢の人生経験豊富な吸いも甘いも知り尽くした「女性」ではなく飽くまでたかだか数年で高速成長した程度の「子供」だという事を鑑みると、この論調にも些か無理が生じるとは思うし、全力でアゴ御門拒否からの発狂、心神喪失って流れも分かりすぎる位分かるんですがね…

    一見するとミソジニーの皮を被ったミサンドリーの様にも見えなくない箇所が見られるのも、なんか消化不良に思えてうーん、なんだけど、

    例えばかぐや姫がラスト捨丸と共に空中滑空するシーンなんかどう見ても情事の暗喩だと解釈出来るんだけど、これまで徹頭徹尾「私は自由に生きたい!」っていう男性支配からの解放を全面に押し出していた展開から急に「そういう」シーンへ突入するっていう飛躍も何かこう…男性監督の限界か、と言うか。ラブシーンとりあえずいれといたみたいな投げやり感が満載

    しかも捨丸に至っては妻子があるっていう、更に救いようがない事実を見ている我々が知り得る反面かぐや姫は知らされない、という残酷っぷり。
    もしそれすら計算尽くで、あの一見幸せそうな2人の浮遊の後で捨丸のまるで浮気から目を覚ました不倫男性みたいなシーンを挟んで失望感を露わにさせようという魂胆なのならそれは大いに成功してますよと言いたいけど。

    ただそうでないとするなら、ここまでいくともう「女に希望はないんだよ」っていうメッセージなのかしら…と思っちゃう。私はかぐや姫にはあのまま捨丸だけ高速落下させた挙句月からの使者を神通力でフルボッコにしたあと御門も公達もまとめて娶ってかぐや姫帝国を築く位の展開が現代的でいいと思うんですよね。

    ディズニー... 続きを読む

  • 山で暮らしていたかぐや姫は、彼女が高貴の姫
    君として幸せになることを望む翁によって都へ
    と移住させられ意に反した縁談を迫られます。
    題材は「竹取物語」で行き場のない不安が渦巻
    くかぐや姫の内面を緻密な作画で映し出してい
    ます。水彩画を思わせる色彩やスケッチのよう
    な描線が画面に映るすべてを生き生きとした温
    かさを与えてまるで絵巻物を思わせるようなア
    ニメでした。高畑監督の集大成と言える輝かし
    いきらめきを放った子供だけでなく大人も楽し
    める作品だと思いました。
    長編ですが時間を気にするとこなく最後まで楽
    しんで観れたアニメ作品です。

  • わたし、めちゃくちゃ好きです、この作品。
    一度、DVDを借りて少し見たんだけど全部見られず。
    ゆっくり見直したんだけど…想像をはるかに超えてきた。

    かぐや姫、という1人の人間(と言っていいのかな?笑)の、生きざま。

    幸せとは何か?

    自由とは何か?

    周りの人間の期待と、本人の気持ち。

    なんのためのそれ、なんのためのあれか。

    矛盾と、誠実。

    良すぎたので、DVD買うか迷う。

  • キャッチフレーズのかぐや姫の「罪と罰」。
    もちろん自分の言動で何人もの男の人生を翻弄した事が人間界においての「罪」なのかもしれない。
    でも、月の世界からしたら、地球という星に興味を持った事が「罪」であり、穢れとされる地に落とす事が「罰」であったのかなと。
    そしてそんな穢れを愛してしまった事もまた「罪」で、月の世界に帰る事が今度は「罰」に変わったのかなと。
    あと、すて丸兄ちゃんの存在は、愛し愛される事を知らず地球を穢れたものと認識したまま月の世界へ帰る事になる原作への救済だったのかな?
    だからこそクライマックスの「穢れてなどいないわ」という台詞に涙が溢れたのかもしれない。

  • 帝に全部もってかれた感じある。。。
    物語ではなく、絵を、美術技術をしっかりと鑑賞する
    そういう映画だと思います。

  • 綺麗な映像でした。『竹取物語』を原作としたジブリ制作のアニメーション。一般的には『かぐや姫』としてのお伽噺といった方が馴染みがあるかもしれません。物語的には短く終わってしまいそうな話を2時間以上持たせたなと感じました。製作費に50億以上が掛かっている。確かに手間暇かけている事は感じました。

    宣伝文句というかキャッチコピーの「姫の犯した罪と罰」。 これがこの映画のテーマになっているのかとは思いますが、どこがって感じがしました。純粋に深く考えずに物語として観れば良いのにと思いました。

    これこそ、配給収入の為のジブリが犯した罪と罰 なんでは。

  • 帝に苛つきながら観た記憶(ただのアニメ映画なのに)
    あそこまで気持ち悪いといっそ感心するね…ほんと…

    とにかくもう印象に残ってるのはそいつと(名前すら書かなくなった)
    最後のお迎えのシーンかな
    鳥肌がたった記憶、ですね
    絵も勿論だけど音楽、何だったんだあの内容は
    宗教的な何かを感じずにいられませんでしたね、ああいうの
    何か無かったっけ?何かの宗教、仏教かな…初めてみるアニメ映画
    で既視感感じたって言う……
    薄気味悪くなったんだよね何か、訴えたいものが他にあるような
    気がして…時間おいて再観予定

  • 綺麗やわ、退屈やわ。
    微かに官能的スキル高く、虫唾も走るね。
    「ひっ」って、ステレオ放送になって、
    帝のアゴと月のお迎えの不気味に、突拍子もないラブシーンをチャラにする。

  • よくわかりませんでした。絵はいいが、飽きる

  • 映像で見るとまた一味違う。

  • キャッチコピーだった「かぐや姫の犯した罪と罰」を、教えてもらえるものだと期待して観たけど、その点では分かり難かった。

    人によって、いろんな解釈するだろうと思う。

    翁の声が二人になった事を知らなかったので、途中何度か「あれ?三宅祐司???」って思った。

  • すて丸兄ちゃんよ。。。となる
    たけのことの恋に自分でけじめをつけてそつない女性と結婚し、子を授かり、故郷に戻ってきたときにたけのこと再開しやっぱり好きな気持ちをぶり返すが夢であったことを知り日常が続く。。という。そして姫は月に帰り、翁と嫗は取り残され誰も報われない物語に嗚咽

  • 2013年で一番観終わった後ひきずった作品。

    『天人の音楽』
    のもの凄さに、
    改めて映画における音楽の重要性を認識。

    なんだあれ。
    ある意味トラウマ。

    ◆以下オススメの楽しみ方◆
    ①観る
    ②宇多丸さんのラジオを聴く
    ③yahoo!映画のレビューを参考になった順に読む
    ④日本史の歴史資料集(平安時代辺り)を眺める
    ⑤どっぷり考え込む

全175件中 1 - 25件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

かぐや姫の物語 [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

ツイートする