ファウンデーション [Kindle]

  • 35人登録
  • 3.67評価
    • (1)
    • (4)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
制作 : 岡部 宏之 
  • 早川書房 (1984年4月23日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (242ページ)

ファウンデーションの感想・レビュー・書評

  • 銀河帝国興亡史 (1) 天才的な数学者ハリ・セルダンが,心理歴史学によって銀河帝国の滅亡を予測し,ファウンデーションの設立する。帝国の衰退と滅亡は避けられないが,その後に送る人類の暗黒時代を短くするためのプロジェクトである。ファウンデーションはその後,ハリ・セルダンによって予測されていた「セルダン危機」と呼ばれる危機を乗り越えて存続していく。
    第一の危機を宗教によって乗り越えたサルヴァー・ハーディン市長,第二の危機を貿易によって乗り越えたホバー・マロウの物語。
    アシモフにいちゃもんをつけるのは気が引けるが,今となっては,人類が宇宙に満ちあふれている時代に新聞が世論を牛耳ったりするのは陳腐だし,葉巻や煙草なんかも如何にも時代遅れに思えた。人類発祥の惑星がどこだったのかもわからなくなっているというのに「はくちょう座61番星」や「アルファ・ケンタウリ」なんて地球から見た星座の名称が残っているのもどうよ?と表閉まった。1940年代に執筆された作品であるため,さすがのアシモフも予想できなかった未来が現在なのだろう。

  • 銀河英雄伝説の元になった、みたいな帯や平野耕太のtweetで読むべき本として挙げられていたので購入。
    章ごとに作中の時間がちょくちょく飛ぶため急に新キャラ登場などで戸惑うことが多いものの翻訳ものにありがちな読みにくさはない。
    ぐいぐい引き込まれるストーリーでおすすめ。

  • 1000年にわたる銀河帝国の興亡史、らしい。全3巻に続編が30年後くらいに刊行されているという噂も。さすがかにさん、自分じゃ買わねえ。

    1巻は帝国がゆっくり滅ぶからやばいぞ、とファウンデーションが(こっそり)設立され、百科辞典編纂業務と見せかけて帝国滅亡後の覇者になるべく、いくつかの危機を乗り越えてゆく頭の200年?くらいまで。心理歴史学すげえ、てかアシモフはやっぱすげえ。

  • 「ファウンデーション(銀河帝国興亡史)」(アイザック・アシモフ:岡部宏之 訳)[Kindle版]を読んだ。やっと出たよ、電子書籍版。ずっと待ってました。欲を言えば、早川版より創元推理文庫版「銀河帝国の興亡」三部作のほうが好きなんだけどね。しかしまあこれは何回読んでも楽しいなあ。

全4件中 1 - 4件を表示

アイザック・アシモフの作品一覧

アイザック・アシモフの作品ランキング・新刊情報

外部サイトの商品情報・レビュー

ファウンデーションを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ファウンデーションはこんな電子書籍です

ツイートする