満願 [Kindle]

  • 118人登録
  • 3.78評価
    • (9)
    • (21)
    • (18)
    • (1)
    • (0)
  • 13レビュー
著者 : 米澤穂信
  • 新潮社 (2014年3月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (226ページ)

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
高野 和明
米澤 穂信
ピエール ルメー...
伊坂 幸太郎
ピエール・ルメー...
米澤 穂信
有効な右矢印 無効な右矢印

満願の感想・レビュー・書評

  • ミステリの短篇集。どの作品にもどんでん返しがあり、楽しめる。短篇集というところからも、気軽に手にとる事ができると思う。
    ミステリにも色々と種類があるけれども、これは本格なのかな、と思った.読者も、注意深く読んでいれば犯人や動機を当てる事ができそうだ。
    勿論、その難易度は作品によってさまざま。
    個人的に、最も面白かったのは『関守』。だんだんと事件の全貌が明らかになってくるところもスリリングだし、結果も「まさかの」展開で、ホラー味もありました。

  • 全六編の短編集。伏線が見事に収斂していく心地よさと、意外な動機に隠された不気味さ・怖さ。六編どれも面白かった。国内ミステリーランキング3冠。

  • おそらくどこかのセールで購入

    うーん、もしかしたら、この作者とは合わないのかもしれない。やっぱりこの人の短編は、残らない。 話は上手いのだとは思うけれど。取り立ててこれ!という売りがあるわけでもなく。 ええ?と驚きがあるわけでもなく。 長編に期待してみる

  • さて、xxxになって、病院にかかれなかったら、どうしようね?満足な治療法がなかった時代でも致死率は100パーセントではなかったはずだけど…?
    あったかくして、スポーツ飲料ガンガン飲んで…乗り切れるかな?
    でも看護してくれる人もなく一人で病に耐えているのなら、死んじゃうかもしれないね。自分の糞にまみれて。自分の所業の報いとして。

  • 6編の短編は、
    どれも、巧妙に練り上げられていて。
    それぞれ ずっしり心に沈んでゆく。

    特に3編目の「柘榴」。
    女を食い物にする 無能な父をめぐる 母娘の物語では、
    行間に潜んでる恐怖感に 打ちのめされた。

  • 本年度18冊目

    ミステリーとホラーが混ざり合った感じ。ただそれぞれの短編の中で、結末には無理がなく、それでいて怖さが残る。。。

    夏の夜に読むと涼しくなります。

  • このミス2015年1位の作品。ミステリーという範疇では語りきれない、日常の人の業を描く短編集。それぞれの物語が若干の後味の悪さと驚きで締めくくられるのは米澤さんの筆力たる所以かもしれない。短編なのに読み応えあり。

  • この著者の作品は,古典部シリーズ以外は初めて。そのせいもあって,ギャップに驚いた。短編集で,どれも面白いのだが,どれもなんとも苦い思いの残るような作品だった。

  • この人の作品は、紹介やあらすじを読んで読みたくなって買うことが多いのだけれど、期待したほどでなく終わることが多い。本作も、表題作の紹介文を読んで俄然読みたくなったのだけれど、これも期待したほどの意外さはなかった。ただ、昭和の時代設定に雰囲気の合った表現はきらいではないかな。味わいがあると思う。

  • 「ー」

    2015年このミス1位を獲得した作品。6つの短編から構成されている。ずば抜けて面白いミステリー短編があるわけではないが、全体がそこそこに面白い。短編集がこのミスをとるのは、私には何か違うように思われる。

    夜警:新米警察官が犯人を射殺し、殉職する話。6つの中で一番好きな作品。新米警察官の浅さに気づいていたにも関わらず、過去の出来事故に強い指導しなかった巡査部長の心理がまた良い。

    死人宿:パズルを解くみたいな作品。特にあのオチは、パズルだ。自殺する人が多い旅館に、2年前失踪した彼女がいた。その彼女から、この遺書の持ち主の自殺を止めてほしいと依頼され・・・。

    柘榴:自立しない男ほど、女性を虜にするものか。両親の離婚が決定的になった。二人の娘はどちらを選ぶのか。母親、長女の視点で話は進む。

    万灯:仕事を進める上で、罪を犯す事を求められた男の取った行動は完璧なはずであった。海外で新しいガス開発を任された主人公と、もう一人の男。仕事も犯罪もどちらも相手が信頼に足ることが不可欠だ。

    関守:おばあちゃんの話。なにかを守るためには、危険を排除していかなければならない。

    満願:出来事はいろいろに解釈することができる。今から過去を見返すと、実はあれはこういう意図があったのでは、と思うときがあるかもしれない。しかし、それが本当にそうかどうかは当事者しかしらない。過去は既に過ぎ去った。

  • 短編だと知っていれば購入しなかったかもしれませんが、けがの功名というか、全てに読み応えがありよかったです。
    女性だからか特に「柘榴」には女心の恐ろしさを感じぞっとしたと同時に男性が描いたのかと思うとその力量に感心。

全13件中 1 - 13件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

満願を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

満願はこんな電子書籍です

満願の単行本

ツイートする