チームが機能するとはどういうことか ― 「学習力」と「実行力」を高める実践アプローチ [Kindle]

  • 59人登録
  • 3.63評価
    • (3)
    • (5)
    • (7)
    • (1)
    • (0)
  • 2レビュー
制作 : 野津智子 
  • 英治出版 (2014年5月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
佐々木 圭一
ジェームス W....
エリック・リース
伊賀 泰代
デール カーネギ...
岸見 一郎
エリック・シュミ...
有効な右矢印 無効な右矢印

チームが機能するとはどういうことか ― 「学習力」と「実行力」を高める実践アプローチの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 失敗のこれら三つのタイプはふつう、プロセス知識スペクトルにおける三つのカテゴリーと一致しており、ルーチンの業務における防ぐことのできる失敗、複雑な業務における複雑な失敗、イノベーションの業務における知的な失敗に分けることができる

    最近失敗が多いです。問い合わせ先間違えたり、問い合わせ書面に抜けがあったり、特許法間違って解釈してたり、などなど。

    自分の非はもちろんあります。ただ、これ以上はどうしようもない、と思う自分もいます。システマチックになんとかできれば、と思います。

    ただ、それを頼る人も金もありません。自助努力に限界を感じるこんな時、どうしたらいいのでしょう。妥協解として、せめて精神衛生上の安定を図るべく、この量裁いてたら、ちょっとはミスもあるだろう、と思うようにしました。

    AI勉強してそれに任せられたら、万々歳なのでしょうか。

全2件中 1 - 2件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

チームが機能するとはどういうことか ― 「学習力」と「実行力」を高める実践アプローチを本棚に「読みたい」で登録しているひと

チームが機能するとはどういうことか ― 「学習力」と「実行力」を高める実践アプローチを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

チームが機能するとはどういうことか ― 「学習力」と「実行力」を高める実践アプローチはこんな電子書籍です

チームが機能するとはどういうことか ― 「学習力」と「実行力」を高める実践アプローチの単行本

ツイートする