神様がうそをつく。 (アフタヌーンコミックス) [Kindle]

  • 30人登録
  • 4.57評価
    • (9)
    • (4)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 尾崎かおり
  • 講談社 (2013年9月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍

神様がうそをつく。 (アフタヌーンコミックス)の感想・レビュー・書評

  • 非常に良い。
    かなり余韻のある読後感。

    シビアな現実を前に「どうしたら良い」と苦悶しながら理想の姿を夢見る子供たちの切なさがある。
    自分たちが無力であるがゆえに逃げられないことを知っている。
    彼らの起こすせめてもの抵抗に心揺さぶられる作品だった。


    子供っぽさもありながら割りとしっかりしてる主人公のなつる君が「なんかおちつくんだもん」とか言いながらお母さんのおっぱいもんでるのが実はかなり良い設定かもしれない…
    不真面目な父の帰りを一心に信じ続けた理生も、おっぱいを揉むなつる君も結局のところ不安なときには親の存在を必要として、ちょっと甘えたかったんだろうと思う。

    ラストシーンでタイトル回帰を予期させるような終わり方がまたなんとも言えず…彼らの幸せを願うばかりです。

  • 夏休みが舞台の青春モノで、よくあるパターンかと思ったらちょっと違う。泣かせる。

  • 凄く良い物語です(^-^)

全3件中 1 - 3件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

神様がうそをつく。 (アフタヌーンコミックス)はこんな電子書籍です

神様がうそをつく。 (アフタヌーンコミックス)のコミック

ツイートする