ウルフ・オブ・ウォールストリート [DVD]

  • 599人登録
  • 3.43評価
    • (29)
    • (95)
    • (86)
    • (30)
    • (8)
  • 105レビュー
監督 : マーティン・スコセッシ 
出演 : レオナルド・ディカプリオ  ジョナ・ヒル  マーゴット・ロビー  マシュー・マコノヒー  ジャン・デュジャルダン 
  • パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン (2014年11月26日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988113831017

ウルフ・オブ・ウォールストリート [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 最高にハイになれる映画!

    自分の気持ちが落ち込んだり、やる気を出せない時にこの映画を見ると、活力がみなぎれるようになってきます。
    Yes Man!程の麻薬的効果があるわけではないけれど、物事を成し遂げるには、大きな行動力が必要というのが実感できる映画でした。

    冷静沈着な思考というのも必要かもしれないけれど、それと同じくらい大きな決断と行動し続ける事が重要なのかもしれません。

    そのためにはぶっ飛んだ思考と、アホな考え方、そしておじけずに動き続ける活力が必要みたいです。
    この映画の場合では、その活力は、SEXや麻薬で補っているため、常人には真似できませんね。
    ボク達はこの映画を活力として行動する源にするのが良いかもしれません。

  • バブリーかつパーティピーポーすぎた笑

    ディカプリオが品がある役も下品な役も同時にこなしてるのがカッコよかった!
    ただ、レオ様と擬似エッチが体験できるくらいエッチしすぎ笑

    ウォール街の描写は悪徳ジャパネットタカタ笑

    Sell this pen

  • 公開当時、映画館で鑑賞。

    まさにゲスの極み!!
    特にクスリにハマっていく中で手にした強力なクスリをやったときのディカプリオの演技はすごかった。笑うこと必至。ここまでやってオスカー逃したのは悔しかったに違いない。

    ちなみに、一緒に見る相手は選びます。理解ある恋人でよかった。笑

  • 名匠マーチン・スコセッシとデュカプリオの
    ウォールストリートの風雲児の自伝的乱痴気騒ぎ映画。
    全編に渡ってあからさまに主人公ベルフォートが
    カメラ目線で語ったりするけど不思議と気にならない。

    いやぁ、面白かったなぁ。
    実話らしいけどどこまで事実かはわからない。
    だって面白すぎるもの。
    そして狂気をあつかうスコセッシはやっぱり凄い。

    時代の風雲児とは洋の東西を問わず
    世間の逆風にさらされるもので
    このジョーダン・ベルフォートはそれを
    スタンディング・オベーションがごとく聞くのです。
    ホリ○モンや与沢なんとやら?
    奢れる者も久しからず、盛者必衰の理。

    上映時間3時間に怖気づくなかれ
    始まったかと思ったら、あっという間にエンドクレジット。

    ただ、ちょっと乱痴気シーンが多め…というより「だらけ」。
    家族で見るのはご注意です。

  • 久しぶりに 映画を見て笑った。よく笑えました。
    まさに お金を 獲物とした ウルフ。
    ディカプリオの怪演。テンションが高い。
    「狂」という精神状態を維持するために、
    オナニーをして、セックスをして、薬物にも手を出す。
    「うぉーうぉー」という声がリエゾンする。
    「俺に、このペンを売ってみろ」という問いかけが、
    販売とは何かの核心を突く。
    「このナプキンに名前を書いてくれないか?」
    というのが、ベターなんだね。
    「このペンは、高級で、機能がよく、書き心地がいい」
    という返答は 間違っているんですね。
    まさに、日本企業の陥っている一番の理由が簡単に解き明かされる。

    とにかく、ディカプリオのトークと演説がすごい。
    経営者のシーダーシップって、こんな風なのだと思わせる。
    とにかく、野放しの破廉恥集団が 会社の実体だ。
    何をやってもいいと言う感じ。
    実在の ジョーダンベルフォート。
    豪華な家、服、時計、クルマ、クルーザー、ヘリコプター、
    可愛い奥さん。
    金持ちの趣味とは こんなもんだと言って、魅せつける。
    なぜか、それは 満ち足りているようで、足りない。
    FBIが ディカプリオを追いかける。
    スイスへの口座預金、そして、お金を運ぶ。
    そんな堂々とはこんだら、見つかるだろうと言う感じだが。
    お金を隠すって、大変なのだ。
    証券をあつかう会社が、インサイダーするってありなの?
    とにかく、何でもありの お金があれば、なんとでもなる
    と言うことだけど、女子幹部職員が、お金がなくて
    子供の授業料も払えなくて、困っていたことに、
    お金を出した。そして、ディカプリオは言う
    「信じているからだ。愛しているからだ」と。
    もう。本当にうまい。
    ドラッグで トリップしている時のディカプリオの表情も
    怪演である。副社長のドニーの笑顔の白い歯がいい。

  • 女・金・ドラッグ、人生の全てを楽しもうとする。
    自制、大事だけど、夢のようなお話。

  • 会話シーンなど冗長な箇所は幾つかあるけど、内容は楽しめた!
    ディカプリオの演技は素晴らしかった

  • 詐欺的手口で大金を巻き上げては、酒や女は、言うに及ばず、美女を娶って、豪邸・高級車・クルーザーとバブリーな暮らしをしながら、麻薬に溺れる日々。稼ぎまくり、湯水のように浪費することにためらいがありません。アメリカ人の貪欲さ、エネルギッシュさには圧倒されます。ディカプリオやマコノヒー、友人役ドニーは唸るほどの名演技です。ディカプリオにはアカデミー賞を取らせたかったなぁ。

  • ゴールデン・グローブ コメディ部門 主演男優賞 獲得のディカプリオが、魅せまくる。

    予告編で出てるように、確かに20代から30代、若くして巨万の富を築き、破天荒な生活をしていたという内容には間違いない。

    ただし、最初から、アメリカじゃ言えない言葉が連呼され、フェラーリでのシーンもしかり、映画『ウォール街』がおとなしく見えてしまう映画となっている。

    ディカプリを扮するジョーダン・ベルフォードは実在の人物。

    ドラッグをヤリ過ぎてラリってしまっているシーン、ケンカのシーンはまさに一流の仕事。

    人間性とは、こういうもの、ここまで酷いものも含めて人間なんだ、と言わんばかりの酷さ。

    でも、この映画を見て、「だからお金を持ちすぎるのはよくない〜」「お金は人を変えちゃう〜」という言説は見当違いな気がする。

    ドラッグやお金で変わるようなタテマエであるなら、それこそが偽善であるのかもしれない。
    また、一気に変わるというより、少しずつ少しずつ、変わっていった。となると、やはり、これがトリガーにはなるが、それ以外の原因がたくさんあるのでは、、?
    お金によって環境が変わった時に、どういう道(人)を選ぶのかは大事やと思った。 

    全編約3時間、人として酷いことをいっぱいしていく。
    詐欺、ドラッグ、セックス、暴力、、、これでもかという酷いことを。

    そして98年、マネーロンダリング等で逮捕に至る。
    (司法取引に応じて20年が3年に)

    しかし、現在は本を書いて、何億も儲け、お金の儲け方セミナーのようなイベントを世界中で開催し、儲けている。

    犯罪を犯して実刑になり、刑務所を出所しても人気は衰えていない。

    だって彼は悪いことをしたかもしれないが、金儲けしたことは事実なのだから、それにあやかりたいと。
    そんな特別な人間、どんな人なのか、会ってみたいとみんなが思う。

    気がつけば、少しお金持ちの生活や、どんな風にしてお金を稼いだのか気になる、と言ってこの映画を見ようとすること自体が、ある意味最大の皮肉なコメディなのかもしれない。

  • 最高!すき!

全105件中 1 - 10件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

外部サイトの商品情報・レビュー

ウルフ・オブ・ウォールストリート [DVD]を本棚に登録しているひと

ウルフ・オブ・ウォールストリート [DVD]を本棚に「観たい」で登録しているひと

ウルフ・オブ・ウォールストリート [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

ツイートする