オペラ座の怪人 (光文社古典新訳文庫) [Kindle]

  • 13人登録
  • 3.50評価
    • (0)
    • (3)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
制作 : 平岡 敦 
  • 光文社 (2013年7月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍

オペラ座の怪人 (光文社古典新訳文庫)の感想・レビュー・書評

  •  言わずと知れた名作であり、何度も映画化・舞台化された小説。日本語訳も複数あり、たまたまKindle版が発行されていた2013年の新訳で読んでみました。原著 Le Fantôme de l'Opéra は1910年の作品ですから、実に100年を越えて読み継がれていることになります。

     ミステリーと言うべきか怪奇小説と言うべきか、そういうジャンル分けにこだわる必要はありませんが、よく言われているような悲恋の物語と捉えるのはちょっと違和感を覚えました。舞台化や映画化の際にかなり翻案された結果なのかもしれません。

     面白かったかと言われると答えに苦しむ印象です。書かれた時代や、もともと新聞に連載された作品だったせいもあるかもしれませんが、やはり最近の小説に比べると展開に無理がある気がしました。特に、回収されない伏線がいくつもあるのはすっきりしません。今の作家ならもうちょっとうまく書く人はいると思います。

全1件中 1 - 1件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

オペラ座の怪人 (光文社古典新訳文庫)の文庫

ツイートする