ONCE ダブリンの街角で [DVD]

  • 147人登録
  • 3.44評価
    • (8)
    • (26)
    • (19)
    • (6)
    • (4)
  • 21レビュー
監督 : ジョン・カーニー 
出演 : グレン・ハンサード  マルケタ・イルグロヴァ 
  • NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン (2014年11月27日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988102263782

ONCE ダブリンの街角で [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 男は穴の開いたギターで毎日のように街角に立ち歌を歌うストリートミュージシャン。
    そんな彼の前に現れあれこれと話しかける花売りの若い女がいた。
    彼女はチェコからの移民で楽しみは楽器店でピアノを弾かせてもらうことだったのです。彼女のピアノに心動かされた男は一緒にセッションをしてみないかと持ち掛けます。
    アイルランドのダブリンを舞台にした地元の男とチェコ移民の若い女がストリートで出会い音楽を通して心を通わせていくさまを描いた感動の物語です。出演は共にプロのミュージシャンとして活躍するグレン・ハンサードとマイケタ・イルグロヴァで派手さはないですが音楽が素敵な映画でした。

  • ドキュメンタリーみたいな映画。音楽にあわせて物語は進んだんだなぁと思った。自分の道を行く。名前もわからない主人公たちが、お互いのことを気に入りながらも自分の世界へ戻っていく。とても気に入った。プロの音楽家が主人公たちを演じているので、音楽はとても良いです。

  • 2017/06/24

  • アイルランドのダブリンの街角で歌う男と夫と別居中のシングルマザーのチェコ移民の女性が共に音楽で通じ合いながらも、お互いの相手に帰っていくひと時のお話。

    レコーディングのカー・テスト楽しそうでいいなぁ。

  • ダブリンの街並み目当てで見たが意外と曲がよかった。いい話や。

  • 松室政哉の「ためらいシネマ⑦」
    …映画好きな彼のインスピレーションの源を
    知りたくて、覗きこむように観ています。


    主人公の心情が見事に投影された楽曲達
    そのどれもが素晴らしく名曲で
    流れる場面があまりに自然に映るので、
    取り立てて大きな出来事は起きないけど
    そのぶん日常的であり
    ドキュメンタリー映画のようにも感じる

    "男"がホームビデオで過去を振り返るシーン
    懐かしみながら歌詞を紡いでいる場面が
    苦しくも、美しい

    "女"がお昼休みに弾くメンデルスゾーン、
    それを聴いて目をみはる"男"
    一聴しただけでオリジナル曲を弾けてしまう"女"
    そんな才能を見せたかと思えば、
    (女自身はそれに気付いていたのか不明)
    帰り道に犬の散歩のように
    壊れた掃除機を引きずって帰るユーモアが
    可愛らしくて、思わず笑ってしまう
    あぁ、彼らは決して特別ではないだな、
    日常の光景なんだな、と

    ほとんどの主人公に名前が
    設けられなかったことも
    自然とこの映画に入り込むことができ、
    楽曲をより引き立たせていたように思う

    カー・テストで全員で出かけた海
    (ひっそりと桑田佳祐だ!と思った笑)
    そこでは作ったばかりの音楽が流れている
    人は同じベクトルで進むと、
    段々と表情が似てくるものなんだな

    音楽は呼吸なのだ

  • 低予算の局地と言える作品ではあった。
    まさに原点というか、良い意味でも悪い意味でも。

    何より、音楽がこの作品の全てであろう。
    奏でられた曲たちが後の「はじまりのうた」や
    「シング・ストリート」に繋がっていくと思うと、
    何やら感慨深い思いにも駆られる。

  • ギターケース盗まれるところから始まる
    良い歌

  • 歌がめっちゃいい

    それだけで感動(^-^)/

  • 君のウソで僕らは変わった

    ホントにそうなのかな?
    嘘をつかせたのは僕の方かも
    信じる力をもたなきゃ
    人を未来を信じる力を

全21件中 1 - 10件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

外部サイトの商品情報・レビュー

ONCE ダブリンの街角で [DVD]を本棚に「いま見ている」で登録しているひと

ONCE ダブリンの街角で [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

ツイートする