冷たい熱帯魚 [DVD]

  • 174人登録
  • 3.54評価
    • (10)
    • (19)
    • (23)
    • (7)
    • (0)
  • 22レビュー
監督 : 園子温 
出演 : 吹越満  でんでん  黒沢あすか  神楽坂恵  梶原ひかり 
  • Happinet(SB)(D) (2015年1月6日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4907953055209

冷たい熱帯魚 [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 観てる間も嫌で嫌で仕方なかったのに、自分の目で見てきたみたいに次の日も光景が蘇るのが怖かった。こんな風にはまり込んでしまう心理は理解できない、と思えてよかった私。
    初めの夕食作ってる台所のシーンの嫌悪感。あの水道から出る水飲みたくないってほど。

  • 「埼玉愛犬家連続殺人事件」がモデル。これはエグイしアカンわ。スプラッター好きな人には良いのかなぁ。まぁ、これが実際にあった事件なんで、余計に怖い!人間の狂気というか何と言うか・・・

  • 安定のグロ

  • やっぱり園子温はすごい監督。
    本当に振り切ってる。
    作品自体はもう二度と観ることはないと思うけど。

  • 2012年 視聴

  • グロすぎて最高

  • なんのためにこの映画を作ったのか全く分からない。無駄に長いし。救いようがないしグロい。イヤホンして観てたけどほぼ目は映像追ってなかった。最後の方でイヤホンちょいちょい外した。無理。だめだ。グロすぎ。
    なぜ私は途中でやめずに最後まで観てしまったのだろう。
    せめて誰か一人でも救われればと思っていたのかもしれない。無理だったけど。
    悲しい。自分の行いひとつでなにか結末は変わっていたかもしれないのにとか思うとつらい。もう二度とみたくない。

    っていうのが観てすぐの感想。

    でも一晩経ってみると気持ちも熟成されて、「あ~、あれはキレちゃった人々の話なんだな」と思った。
    あと、村田さんが死ぬときの「おとうさん、ごめんなさい。おとうさんにはもうさからいません。ごめんなさい」ってひたすら謝ってる感じもなんか、虐待された人間特有のあれというか。
    「弱い犬ほどよく吠える」というけれど人間も一緒で、デカい声で怒鳴ってくる人間ほど弱いし臆病だし不安なのではと。
    最初は全然大きな声を出さなかった社本さんが、最後の、死ぬ気の一日だけはずっと声を張り上げていたしアドレナリンもドバドバ出ていた。人を殺して不安だったからではないかと思う。そして死ぬことを覚悟していた不安もあるのではと。

    あとセックス馬鹿は大体異常者、とも思う。
    今まで職場で出会った人でセックス好きを自称してる人たちってなんか目が落ち着いてないし、二面性があるし、気持ち悪い。
    やっぱり理性が働いてない証拠なんだろうな。

    ていうか最後、娘は幸せになったのだろうか。
    クソじじいとクソばばあから解放されたのだろうか。それとも傷が増えただけか。
    私はグレたことがないので、ああいう子の気持ちは分からない。
    あの子もいつか家庭をもったとき、人を殺してしまうんだろうか。
    それとも、自分だけは幸せな家庭を築いてみせると、親を反面教師にして家族をめいいっぱい愛すのか。そうであってほしいと願う。

  • でんでんさん怖すぎ。鬼畜。ガチでこんな人なんでは?と思ってしまうほどの演技力。すごい。すごいえぐい。エグいのダメな人には話すらしてはダメ。

  • ただひたすら憂鬱

  • 狂気に狂気を重ねて、最後に狂気を被せてきた感じ。

全22件中 1 - 10件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

冷たい熱帯魚 [DVD]に関連する談話室の質問

冷たい熱帯魚 [DVD]はこんな映画です

外部サイトの商品情報・レビュー

冷たい熱帯魚 [DVD]を本棚に「観たい」で登録しているひと

冷たい熱帯魚 [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

冷たい熱帯魚 [DVD]を本棚に「いつか観る」で登録しているひと

ツイートする