闇のあとの光 [DVD]

  • 26人登録
  • 2.73評価
    • (1)
    • (2)
    • (3)
    • (3)
    • (2)
  • 6レビュー
監督 : カルロス・レイガダス 
出演 : アドルフォ・ヒメネス・カストロ  ナタリア・アセベド  ルートゥ・レイガダス 
  • ブロードウェイ (2014年12月3日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4944285027245

闇のあとの光 [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 全体としてはぼんやりとした印象だが、観ているうちにその国の風土や、そこに住む家族のある期間の生活が浮かび上がってくる。

    物語の進行方向がわからないので観ていてやきもきしたが、時折差し込まれる鮮烈なカットの魅力のおかげで退屈はせず。

    日が落ちていく牧場に取り残された女の子、静かに部屋に忍び込んでくる赤い悪魔、乱交サウナ(?)、そしてセブンの最期など、印象に残るカットは多かった。

    特に赤い悪魔のシーンは白眉で、短いけれどミステリアスで不可解でとても魅力的。全辺を通してこの映画を支配していると感じた。

  • サッパリ分かりませんでした…
    何を観ればいい?
    何を感じれば良かった?

  • メキシコの鬼才が作ったカンヌ映画祭監督賞受賞作らしいが、はっきり言ってよくわからん。

  • 本気で意味が分からなかった。私の読解力が足りないのか…まぁこういう映画もあるんだという事を知りました…

  • 牛や犬、馬に囲まれて暮らす夫フアン、妻ナタリア、小さい二人の子供 エレアサルとルートゥの一家。
    ある日、工具箱を持った異形のものが家をうろつく。

    画面端がボヤけている絵は悪魔視点かなぁ。
    感じる映画でした。
    音楽はないけれど、その分、音がすごかったです。

  • カンヌ国際映画祭で監督賞受賞と輝かしい実績が銘打ってあるけれど分かる人には分かる良さって奴があるのだろうか。
    難解すぎて全く理解できなかった。論理やストーリー重視の作品ではないのかもしれないけど他の面においても全く惹かれる要素がない。あらすじを読んで期待していたものと実際の内容が違いすぎたから余計に受け付けなかった。
    あとR指定されてないけれど性器がはっきりと映されていたり性交のシーンがあるので苦手な人にはおすすめしない。

全6件中 1 - 6件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする