春を背負って 通常版(DVD1枚)

  • 90人登録
  • 3.19評価
    • (4)
    • (11)
    • (18)
    • (7)
    • (2)
  • 20レビュー
監督 : 木村大作 
出演 : 松山ケンイチ  蒼井優  檀ふみ  小林薫  豊川悦司 
  • 東宝 (2014年12月17日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988104089342

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

春を背負って 通常版(DVD1枚)の感想・レビュー・書評

  • 待ち遠しかった桜の花が咲き始めた卯月の始まりに、心の内にも春を呼び込んであげよう…❀そんな気持ちからこちらの作品を手に取りました。

    立山は小学生の頃、家族で夏に旅行した場所。登山は無理でしたが、雄大な自然の景色に圧倒され、8月に冷んやり体が縮む体験は貴重だったと記憶に残りました。

    タイトルになっている「背負って」は主人公が様々なものを受容して成長していくところから付けられた様に感じました。
    親のあとを継ぐというのは最初からそうであるものとして育った環境と、いきなり異世界から飛び込むのとでは雲泥の差があります。
    彼の場合、良き師匠、良き仲間、それから凛として自分の役目を背負って生きる母の存在、そして何より亡き父の在りし日の勇姿であったり、人を大事に想う心根に触れてきたからこその決断だったのでしょう。
    映画の中では その辺りの説得力が足りないように描かれていますが、連続ドラマのようにはいきませんね。

    立山連峰の悠々とした大自然はやはり良かったです。
    台詞等やや一昔前の作風ぽさが頭をかすめましたが、松山ケンイチさんと蒼井優さん そして、豪華な脇役の実力俳優さん方の持ち味を生かした正統派ストーリーには満足です。個人的には檀ふみさんの母親の楚々とした姿に憧憬を抱きました。

    見終えてみれば 清涼剤のような今作は 日々混沌の中で頑張ってる人の肩の荷もひととき、背負ってくれたのではないかしらと 思いました(笑)
    心の空気をほんの少し入れ替えたい方、おすすめできる一本です。

  • 立山連峰で山小屋を営む厳格な父に育てられた亨は社会人になってからは、そんな父から距離を置き東京でトレーダーとして忙しい毎日を送っていた。
    そんなある日、父の訃報が届く。
    帰郷した亨を母や父の仲間たちが出迎えられ、その中に1人見慣れない女性の高澤愛がいたのです。
    彼女は心に深い傷を負い山で遭難しかけたところを亨の父に助けられたという過去があったのです。
    誰もが山小屋の存続をあきらめる中で亨が都会生活を捨て山小屋を引き継ぐことを決意します。
    こうして愛とともに山小屋の経営に乗り出した亨だったのです。
    松山ケンイチと蒼井優が主演の家族ドラマです。
    原作も感動しましたが映画も感動しました。
    立山連峰の景色が美しく共演者の演技も素晴らしく心に残る映画でした。

  • 鑑賞するには少し時期を逸したけど、なんとか上映中に観ることができた作品。
    木村御大の作品なので、自然の美しさや厳しさはきっと充分に伝えてくれるだろうと
    思っていたので、その点は想像通りの映像美。

    この作品を観てから2ヵ月後、あのような噴火が起こるとは想像もしていなかったから、
    それだけに、山の美しさと厳しさ、そこに集う人たちの心情を改めて考えさせられた。

    エンディングに、さわやなか山崎まさよしの歌が心地いい。

  • 春を背負って
    タイトルがそのままテーマになっていて、主人公たちにとって「背負う」とは何かと、山小屋の営みを通して感じていく映画だった

    トヨエツがカッコいいのはズルいと思った(笑)
    明るくてチャーミングな蒼井優ちゃんがかわいかったので許す(笑)

    立山の四季が美しく、季節の移ろいを感じるたびに日本人で良かったと思えた

    ラストの「ぐるぐる」はビックリしたけれど
    360°の景色を見せたかったのかなと納得することにした

  • 木村大作監督脚本(ほか2名)、笹本稜平原作、2014年作。松山ケンイチ、蒼井優、豊川悦司、小林薫、壇ふみ出演。

    <あらすじ(ネタバレ)>
    東京でトレーダーをする亨(松山)は、山小屋を営む父勇夫(小林)が救助活動中に亡くなった連絡を民宿を営む菫(檀)から受け実家に戻り、父の面影を追ううちに、山小屋を継ぐことにする。厳しい仕事だったが民宿手伝いの愛(蒼井)や勇夫を手伝っていた悟郎(豊川)がよく助けてくれた。山小屋を締める日、悟郎が山小屋二階で脳梗塞で倒れ、救助に時間がかかるため、亨は悟郎を背負って山を降り、救助隊と落ち合い、悟郎は助かる、という話。

    <コメント>
    •立山の風景が綺麗にとられた映画。それと蒼井優が安定の演技、豊悦がカッコいい役どころ。
    •ストーリーもオーソドックスで安心して見ていられるのだけど、一点、不自然なのが、脳梗塞で倒れた悟郎の救助にヘリを使わなかったこと。途中、飛んでるヘリを見上げながら悟郎が「俺たちにはヘリを使う余裕はない」と言うシーンがあるが、物資の運搬とけが人の救助とは別の話で、伏線としては無理がある。

  • 蒼井優のあの笑顔。大好きだなー。

  • 立山の山小屋が舞台の映画

  • 吸い込まれそうな青空にスカートをはためかせて、山であんな優雅な格好していられるかなあ、と思うけど、それでもやっぱり蒼井優は素敵だ。

    山に登るたび、このまま山小屋で過ごすのもいいかなあ、と思う。映画の内容はあまり覚えてないけど、そのたび、あの空とスカートを思い出す。

  • きっと、いろんな評価はあると思うんですが、私は好きです。出演されている役者さんが豪華で、もう少し、それぞれの方の見せ場があっても、良かったかなあと思います。もちろん自然の美しさは、さすがだと思いました。

  • この映画は、死してなお多くの人に影響を与え続ける「偉大なる死者の魂」についての話なんだなぁ。「都会で傷を負った、わかありの人たちが山小屋に集まって…」みたいな薄っぺらい話を想像していたので、これはなかなか深い。その偉大な父と同じ道を歩もうとする主人公の成長が頼もしい。

    冬山の壮絶なシーンなども想像してたのですが、思ったより過酷なシーンは少なくて(ハリウッド映画ならトヨエツを背負って歩くシーンで絶対低気圧が来るw)、親父を除けば結局誰も死んでない。自然の厳しさと人間関係の温かさをうまいバランスで描けている映画だと思います(ほめすぎ?)

  • 挫折する程でもないけど、退屈だった。
    心に余裕がある時に観ればまた違うかな。
    ある程度壮絶な体験してたり、心に余裕がない時には綺麗事が鼻に付く。
    綺麗事も悪くはないけど、あまりにも多いとね…。

  • キャストが豪華で、みんなキャラクターと合っていてとても良かったです。山岳ものだと、事故で人が死んだりするけど、それも無く、山の厳しさだけでなく、人々を癒し、温かく迎えてくれる面を大いに描いている感じでした。山小屋の3人の雰囲気もすてきだったし、心が温かくなりました。映像が本当に綺麗でした。ただ、ラストの2人のシーンが・・・。なぜ、手を繋いでグルグル回る必要があるのか?あれさえなければ☆4つ。

  • 淡々と進む退屈な山小屋物語。

    山の景色がいいのはわかる。
    山小屋が好きな人にとってはいい。

    ただ、山での生活はいざという時は不便。

  • この映画には新しさを求めてない。ただ山小屋の生活を垣間見るのが目的。そんな人にはおすすめ。

    音楽、演出がちょっと古臭い。あと松山ケンイチが割りとすんなり山小屋に慣れていたり、無謀な池松壮亮がいたり。豊川悦司、蒼井優はほんとにあんな人が山にはいそう感がすごく良かった。

    ラストの松山ケンイチと蒼井優が手を繋いでぐるぐる回るのは笑ってしまった。なんか古臭いなぁ。とおもっていて、そしてラストにあんな演出があって古臭さに決定打でした(笑)

    なにはともあれ、天気の良いシーン。悪いシーン。綺麗な夕日。壮大な景色を楽しむ自然好きにはいい映画だと思います。

  • 映像が美しい。山に登りたくなる。北アルプスに散った彼も、こんな景色をみていたのかなあ。いつか彼がいた山小屋を訪ねてみよう。
    しかし、俳優陣の肌が綺麗すぎて、もう少し日焼けの化粧したほうがリアルな気が。

  • 胸が空くような。

  • 木村大作の映画の原作。
    ちょこちょこ重いエピソードが入っていて読み応えがある。
    山小屋に泊まってみたい気がした。

  • まだ小説を読んでいないが、たぶん、小説の方が面白いんだろうなと感じる。

    山岳の画はすばらしかった。
    もう少し深い描き方が有っても良かったかな。
    某登山メーカー社長が出ています。

  • 映像はとても美しい。
    効果音、SEなんかは古臭く思えて、昭和の安っぽいドラマのようだった。
    内容は原作もイマイチだが、映画の脚本の方がもっと酷い。
    前作『点の記』の方がはるかに素晴らしい。
    期待していただけに残念だった。。

  • 上海ー東京

    山小屋を経営していた父が急死
    息子がその跡を継いだ

    ただ単に山小屋を営むだけではなく、登山者の安全もサポートする。とても大変で重要な仕事。山の映像が綺麗だった。

全20件中 1 - 20件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

春を背負って 通常版(DVD1枚)を本棚に「いま見ている」で登録しているひと

春を背負って 通常版(DVD1枚)を本棚に「観終わった」で登録しているひと

春を背負って 通常版(DVD1枚)を本棚に「いつか観る」で登録しているひと

春を背負って 通常版(DVD1枚)はこんな映画です

ツイートする