鹿の王 下 ‐‐還って行く者‐‐ (角川書店単行本) [Kindle]

  • 74人登録
  • 4.13評価
    • (9)
    • (17)
    • (5)
    • (0)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 上橋菜穂子
  • KADOKAWA / 角川書店 (2014年9月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (367ページ)

鹿の王 下 ‐‐還って行く者‐‐ (角川書店単行本)の感想・レビュー・書評

  • 下巻ではとうとうヴァンとホッサルが出会い、この物語の真相が明らかになっていく。
    登場人物それぞれが信念をもって生きていてとても魅力的だった。特に、ヴァンの「自分より長く生きたこと以外に敬うべきことはない」という言葉が考えさせられた。
    終わり方もすごく良かった。

  • 下巻は物語のスピードが一気に進み、上巻以上に時間を忘れてしまった。また寝不足。
    生きるとはどういうことか。考えさせられる物語だった。

  • だいぶ前にKindleにいれてて、沖縄で読み始め。
    限りなく5に近い4。
    引き込まれ感、世界観・設定作り込み、流石。人物描写、まあまあ。ヴァンのおっさんもホッサルも魅力的だけど、んー、あと一声3D化しきらんかったかな。まぁそれは獣の奏者でもそーかも。
    後半ストーリーにビミョーに置いてきぼられた感。ホッサルとヴァンが出会う位まで最高面白かったんだけど、下巻途中からあれ?なんでこの人ここにいんだっけ、これってなんだっけ、みたいにロスト。休憩挟まず寝落ちせずガッツリ読んでたらそんなことはなかったんだろうか。。あたしの責任かも。
    とゆうことですげー面白かったんだけど惜しくも5ではなくって感じです

  • ストーリーは面白いし,医学的なこともよく考えて書かれているとは思うけど,何か今ひとつしっくりこないところがある。現実世界と変わりのない科学的なことを,細かく書きすぎているせいかもしれない。キンマの犬とシンクロしてしまうところ以外は,別にファンタジーでなくても良いのではないかと思ってしまうせいかもしれない。良くも悪くも好き好きということなのだろうけれど。

  • 終わり方がすっきりしない。

全5件中 1 - 5件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

鹿の王 下 ‐‐還って行く者‐‐ (角川書店単行本)を本棚に登録しているひと

鹿の王 下 ‐‐還って行く者‐‐ (角川書店単行本)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

鹿の王 下 ‐‐還って行く者‐‐ (角川書店単行本)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

鹿の王 下 ‐‐還って行く者‐‐ (角川書店単行本)を本棚に「積読」で登録しているひと

鹿の王 下 ‐‐還って行く者‐‐ (角川書店単行本)はこんな電子書籍です

鹿の王 下 ‐‐還って行く者‐‐ (角川書店単行本)の単行本

ツイートする