ゼロ・トゥ・ワン 君はゼロから何を生み出せるか [Kindle]

  • 376人登録
  • 3.97評価
    • (39)
    • (42)
    • (30)
    • (5)
    • (1)
  • 33レビュー
制作 : 関 美和  瀧本 哲史 
  • NHK出版 (2014年9月27日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (231ページ)

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
クリス・アンダー...
ウォルター・アイ...
岸見 一郎
デール カーネギ...
佐々木 圭一
ウォルター・アイ...
有効な右矢印 無効な右矢印

ゼロ・トゥ・ワン 君はゼロから何を生み出せるかの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • このくだりを読むだけで本書の価値はまぎれもない。「アメリカ人は競争を崇拝し、競争のおかげで社会主義国と違って自分たちは配給の列に並ばずにすむのだと思っている。でも実際には、資本主義と競争は対極にある。資本主義は資本の蓄積を前提に成り立つのに、完全競争下ではすべての収益が消滅する。だから起業家ならこう肝に銘じるべきだ。永続的な価値を創造してそれを取り込むためには、差別化のないコモディティ・ビジネスを行なってはならない」

  • この本での重要な問いは最初に提示されている。
    「賛成する人がほとんどいない、大切な真実とはなにか」これを探求せよと。
    隠れた真実をどうやって探すのか、また隠れた真実を探し出せたとしても、その後どうすればよいか。小さく始めて競争を避け、特定市場の独占企業となる。プロプライエタリ・テクノロジーを持ち、ネットワーク効果、規模の経済を活かす。規模を拡大し、その際にできるだけ破壊はしない。そして最初でなく最後の参入者になれと。
    こうしたことを徹底的に考え抜き、計画し、実現することができなければ、スタートアップでの成功はない、ということでもあるのだろう。
    リーンスタートアップでよしとされた(誤解された?)アプローチよりも、最初からなにをすべきか綿密にビジョンを練り上げる重要性を伝えている。
    簡単なことではないが、いつかそれが見つかるかもしれないと期待して、まだ人が気づいていない大切な何かを意識して考え続けてみよう。

  • ピーター・ティールといえば、トランプ支持者ということで物議を醸しているけれど、独特の考え方は面白い。

    「隠れた真実」を探す、というところがとにかく大事で、誰も賛成しないが大切な真実を見つけることによって世界をガラッと変えることができる。
    成功した起業家がやっていることはそういうこと。

    「べき乗則」の考えも興味を引かれた。
    ざっくり言うと、圧倒的に勝てるものにリソースを集中させる、ということかな。

    起業を成功するための手法論的な部分も多く書かれているけど、人生に向かう考え方に示唆が多くあると思う。

  • 2014年の本。2000年代のテックベンチャーの隆盛の回顧録という趣き。従って、歴史の本としてカテゴライズ。

    著者を始めとするペイパル創業者たちは俺と同世代。副題にある通り、この20年でアメリカのテック企業によって、かつては存在しなかったプロダクトやサービスが生みだされていることを実感する。

  • ニッチでシェアをとってから計画的に拡張。
    チームは仲良しグループ。
    プロダクトは圧倒的技術的優位性を。

  • 起業家ピーター・ティールの経験をもとに、成功するビジネスモデルを構築するにはどうすればよいかのヒントが書かれている。 ペイパル成功の経験や、ジンガ,グルーポンの失敗例など、スタートアップに携わる人であれば、アイディアの目安として読んでおいて損はない内容だったと思われる。 また、FBのザッカーバーグが買収を持ちかけられたとき、ザッカーバーグがFBの将来を具体的に一番考えていたという話など、ペイパル以外の他社エピソードなども書かれているのが面白かった。

  • これを読んでも、彼がトランプ氏を支持した理由はわからないですけれど。

    起業で成功した人は、こう考えるのかな。

    シリコンバレーでは、人と交わることで新しいことが生まれるとか、open innovationとか、いつも外向きで色々交わることを大事にする方向ですが。

    彼は、むしろ本質を見極めること、周りに惑わされないことを大事にしているように読みとれます。

    面白かったです。

  • サービスも会社も人もすべて同じ。競争を前提にした生き残りは消耗を招く。しかし、残念ながら世界は競争にあふれている。

    競争から逃れたければ、結局力を磨くしかない。しかし、磨き抜かれた一流の誰も並ぶことができないような技術・知識・理念はもはや消耗を知らない。
    それは引く手数多の超コンフォートゾーンなのだろう。
    私もその境地に至りたいと心から思う。

  • ピーターティールの思想本。
    独占利潤にこだわるのは、ペイパルとXドットコムの血で血を洗う抗争のトラウマか。

  • 良書。ものすごく刺激になる。

    一言でいうと、「独占」を作り出すことが重要 という内容

全33件中 1 - 10件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ゼロ・トゥ・ワン 君はゼロから何を生み出せるかを本棚に登録しているひと

ゼロ・トゥ・ワン 君はゼロから何を生み出せるかを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ゼロ・トゥ・ワン 君はゼロから何を生み出せるかの単行本

ツイートする