日経ビジネス Associe (アソシエ) 2014年 11月号

  • 139人登録
  • 3.36評価
    • (4)
    • (12)
    • (24)
    • (4)
    • (0)
  • 22レビュー
制作 : 日経ビジネスアソシエ 
  • 日経BP社 (2014年10月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・雑誌
  • / ISBN・EAN: 4910171071142

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
佐々木 圭一
有効な右矢印 無効な右矢印

日経ビジネス Associe (アソシエ) 2014年 11月号の感想・レビュー・書評

  • 最強の手帳術。
     なんと知り合い(後輩)が登場していてびっくりした。手帳は紙と頑固につかっている。クリエイティブな彼らしい楽しげな手帳だ。
     毎年手帳をどう使うかということに手帳変更のタイミングで思いめぐらすわけだけど、結局デルフォニクスの手帳に落着いて数年が経つ。デジタル管理が当たり前の時代なので、仕事の予定はデジタルでどんどん入ってくる。一方で、やりたかったこと、プライベートの予定を長期的に組んだり、ランニングなどの運動の記録を残すには使えない。スマホ管理というのがもう一つの選択肢だが、クラウドのリスク、落としたら終わりという問題もある。紙で確り書くことも一つかなと、今は整理している。
     本誌では、タスクをチェックボックスを用いて書く、大きな目標を書く、長期プランは枠を用意して進捗を意識する等がある。もう一つ、今の時代に併せて夫婦の共働きには、子育て手帳で家族の予定を一元管理する方法も紹介されている。仕事をファーストプライオリティに持っていない人にとって、出張の予定も大事だけど、参観日の方が大事だということもあるわけだから。

  • 毎年恒例の手帳特集!!
    今回も様々な手帳の紹介やプロフェッショナルの使い方が学べた一冊♪


    紙に目標を書くことで自分の願いを成就させることができる!!改めてそう感じます♪

  • 気になったものは

    ・フリクションのスタンプ
    ・コクヨ野帳×コーテッドのマンスリー
    ・ロフト×マークスのワナドゥ!手帳35種類より「ご朱印手帳」
    ・エーワンの写真シール手帳用
    ・ビジネスの成功を念じながらする禅っぽい瞑想ってなんなんだろう。
    ・スーパーモンブラン

    手帳を凄まじく活用してる様とか、ヒット商品を生み出した人の手帳とかはあんまり興味はなく、(この数年間で、自分にはとても無理だと気付けたので)
    自分が楽しくなれそうなグッズを探すためにこの本を買いました。

    でも活用術もぼちぼち見るつもりです。

  • 手帳の使い方一つとってもこれほど使い方があるのかと思った。教育以外の世界に触れられる。新鮮。

  • 毎年恒例、手帳特集。もはや付録(手帳につく文具ケース)のために買っているといっても過言ではない。全体的には今までみたいに、十人十色な手帳活用法の羅列でもなく、(行き過ぎた)デジタル活用でもなく、かなり実用よりな内容だと思いました。Google カレンダーの活用、手帳に使える文具の紹介とか、手堅い。ゆえにあまり面白くは無かったのですが、ビジネス書だからこれでいいのか。もしドラ手帳ともしアド手帳は面白かったです。

  • 手帳というより、時間管理術が参考になった。

    時間の見える化をすることでムダ時間を捨てる。何もしなくても影響が出ないものを捨てることで、時間を有効に使うことができる。

    また、手帳に関するいろいろなグッズが紹介されていたが、普段スマホをメインで使っている私にとっても、興味深く、アナログな手帳との併用を考えてみたくなった。

  • 手帳特集は微妙。ケリーさんの特集は面白かった。敢えて、手帳特集はしなくてもいいのではと思う。

  • 2015年もほぼ日手帳を使うことにした。

  • 今年の手帳特集はイマイチ。編集長が変わったか?

  • 初めてKindle版を購入してiPadで読んでみた。毎年同じ特集が出ていて、特に真新しい記事があるわけでもないんだけれど、つい買ってしまう。

  • 付録はよかったけど、内容が迷走している。
    手帳特集の老舗雑誌なだけに、今回は新たな切り口でということなのだろうけれど、なぜにドラッガー的思考からなのか。
    ドラッガーの手帳があるならともかく、内容的に変わらないだけに謎。
    この手の特集見るのが大好きなので、軒並み買うのだけれど、本命だったアソシエがつまらなかったのは意外。

  • 特集 最強の手帳術

  • いいとか悪いとかじゃなく、手帳好きとしては惰性で買うもの。

  • 手帳なんか買わない!!
    来年こそ、手帳なんか買わないったら買わない私だが、この時期になったらついつい買ってしまう「手帳術」の本。
    まぁ、ノートとかをとるときにも参考になるかもしれないしさ・・・。

    さまざまな「手帳術」を繰り出して芸術的な手帳を次々と生み出している文具マニアの皆さんであればさておき、

    「手帳術の本は毎回みてるけど、まったく使いこなせないし、むしろ手帳自体3日坊主です」

    みたいなものぐさ文具好きの私としては、手帳術の本ばかり買うのもシャクだ。だけど気になる。そんな私にぴったりなのが日経ビジネス[アソシエ]の手帳術特集。

    これ一冊でかなりの濃さなのだ。
    今年の面白い試みとしては「ドラッカー手帳」と「アドラー手帳」。もし、両者が手帳を使ったら、という観点から手帳の使い方を提案している。

    バリバリ仕事をしている人の手帳なんかがみられるのも刺激になっていい。仕事や私的なことや、さらには併用するノートの使い方まで様々なアイデアが詰まっている。

    私の来年の手帳?
    買ったよ?

  • 最近テーマもイマイチ、コラムもイマイチだったので

    年間購読を次の更新でやめようかと思っていたアソシエ。



    ただこの手帳の回と

    文房具とノート術、この3つのテーマは鉄板だとあらためて感じました。



    今回もけっこう奥が深い手帳の特集で読みごたえがありました。

    実践したいことも多くて、最近には珍しく付箋もいっぱい立ちました。



    それにおまけで付いていた筆箱も昨年のおまけより

    パワーアップしていて、使い勝手がいい!

    さっそく使い始めました。



    久々によかったなぁ~アソシエ。



    あとはコラムをもうちょっとどうにかして欲しいなぁ~

  • 年末になると気になる手帳術本。てことで、今年も買ってしまいました。
    殆どは付録目当てだったんですけどね。手帳の特集記事は割と良くあるタイプのでしたけど、数か少ない分じっくり書かれてて読みやすかったです。もしドラッカーとアドラーが手帳使ったら?って記事は面白い試みだと思いました。どこかで使ってみたいです。

  • 2014/10/12

    付録が良かった!

  • またまた、付録につられて。

  • マンスリーででは重要なイベントを目立たせるテクニックが参考になった。色々使い道を見つけるのが手帳本の他としいところ。他にも参考になったところを以下メモで
    月目標と周目標を書く
    会社に貢献できるところはマーカーで
    移動などは矢印をずらす
    毎日の評価を点数で

  • 2014/10/12 喜久屋書店北神戸店にて購入。
    2014/10/17〜10/29

    今年も手帳特集の時期になった。毎年買っては、来年こそは、と思うのだが、なかなか有効に活用出来ていない。あまり時間に追われる仕事ではないので、どちらかと言うと、タスク管理に参考になること多し。付箋の使い方に気づかされることがあり、それは活かせそう。

全22件中 1 - 22件を表示

日経ビジネス Associe (アソシエ) 2014年 11月号を本棚に「読みたい」で登録しているひと

日経ビジネス Associe (アソシエ) 2014年 11月号を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

日経ビジネス Associe (アソシエ) 2014年 11月号はこんな雑誌です

日経ビジネス Associe (アソシエ) 2014年 11月号のKindle版

ツイートする