Number(ナンバー)863号 バルセロナVSレアルマドリード レジェンドが語る愛と憎しみのクラシコ (Sports Graphic Number(スポーツ・グラフィック ナンバー))

  • 18人登録
  • 3.71評価
    • (1)
    • (3)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
  • 文藝春秋 (2014年10月16日発売)
  • Amazon.co.jp ・雑誌 (118ページ)
  • / ISBN・EAN: 4910268551045

Number(ナンバー)863号 バルセロナVSレアルマドリード レジェンドが語る愛と憎しみのクラシコ (Sports Graphic Number(スポーツ・グラフィック ナンバー))の感想・レビュー・書評

  • クラシコ。
    世界中が注目する一戦。と、説明するまでもないぐらいの認知度誇る試合です。

    Jリーグでここまでの、熱狂を生む試合が行われるのはいつの日か。
    圧倒的強さを誇るチームがないゆえに、毎年毎シーズン順位予想が難しいという魅力のある一方で、クラシコのような一戦がないという失望もあります。

    それはこれからの年月で、どれだけJリーグがサッカーとしてマーケットとしての質を上げていくかでしょうかね。旗揚げしてから20年。今回のクラシコ特集で、振り返ったのは1985-2014の30年。
    キャリアそのものが違います。
    身も蓋もないけれど、積み重ねてきた歴史の違いはいかんともしがたいです。

  • 本号の特集はスペインリーグの「クラシコ」です。2大強豪チームのRマドリードとFCバルセロナの直接対決の事を「クラシコ」と呼ばれています。かつてそれぞれのチームに所属した主力選手達の回想をもとに、「クラシコ」の雰囲気、背景を伝えています。読む前からある程度分かっていたことではあるのですが、登場する選手のなんと豪華な顔ぶれである事!!
    スペインからの分離独立を求めるカタルーニャ自治州の主要都市であるバルセロナと、かつてカタルーニャ語などを禁止した独裁政権の象徴としてのマドリードとの対立意識が、この「伝統の一戦」にどの程度の影響を現在でも与えているのかは意見が分かれるところです。ただ20数年前まではバルセロナナンバーの車でマドリード入りするのは車が壊される危険性があるとの忠告を某ライター氏が受けたとか(本号に掲載)、2000年にFCバルセロナ→Rマドリードへ直接移籍したルイス・フィーゴが地元開催のクラシコで、観客席から豚の頭を投げつけられたりとか、異常な熱狂度が危険なレベルであったことは事実のようです。「阪神-巨人選」も伝統の一戦ですが、品川ナンバーの車が大阪で壊されることはないだろうし、仮に鳥谷が巨人へ移籍したからと言って、甲子園でグランドにファンが物を投げ入れるところは想像できないですが…。年間20試合以上開催される「阪神-巨人戦」と比べると、多くても年間数試合程度のクラシコとの「重み」の違いもあるでしょうか。

  • 今年のクラシコはどうなるか、とても楽しみ。

全3件中 1 - 3件を表示

Number(ナンバー)863号 バルセロナVSレアルマドリード レジェンドが語る愛と憎しみのクラシコ (Sports Graphic Number(スポーツ・グラフィック ナンバー))を本棚に登録しているひと

Number(ナンバー)863号 バルセロナVSレアルマドリード レジェンドが語る愛と憎しみのクラシコ (Sports Graphic Number(スポーツ・グラフィック ナンバー))を本棚に「読みたい」で登録しているひと

Number(ナンバー)863号 バルセロナVSレアルマドリード レジェンドが語る愛と憎しみのクラシコ (Sports Graphic Number(スポーツ・グラフィック ナンバー))を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

Number(ナンバー)863号 バルセロナVSレアルマドリード レジェンドが語る愛と憎しみのクラシコ (Sports Graphic Number(スポーツ・グラフィック ナンバー))はこんな雑誌です

ツイートする