壇蜜日記 (文春文庫) [Kindle]

  • 61人登録
  • 3.85評価
    • (6)
    • (12)
    • (8)
    • (1)
    • (0)
  • 13レビュー
著者 : 壇蜜
  • 文藝春秋 (2014年10月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (120ページ)

壇蜜日記 (文春文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ラジオでの壇蜜さんの軽妙なトークと、ひとつひとつ言葉を選ぶ姿勢が素敵でファンになりました。
    今まで何冊か読んでいます。
    書かれているエッセイはどれも面白く、エッチなお姉さんじゃなくなったとしても、文化人タレントとして活躍できるんじゃないかと思うほどです。
    アラサー女性の一人暮らしあるあるや、仕事の悩み、飼われている毛のない猫とのやりとりなど、共感できる部分がたくさんでした。
    表紙のイラストもレトロな雰囲気で可愛いですね。

  • 壇蜜の本は、人気があり、前書も社内で廻し読みされていて、今、誰のところにあるのか、1年くらい戻ってきていない。彼女のエッセイは、正直に書いていると思い、女心の機微がわかる気がする。文章も巧く、言葉の選び方も独特で、一語一語に意味があり、斜め読みはできない感じ。こんなに人気があるのに、自転車でスーパーに行っていたり、熱帯魚でいろいろ悩んでいたり、人となりが出ていておもしろい。「壇蜜」と本名の「齋藤」を使い分けていて、「壇蜜」は演じられている者なのかと思う。あらためて、見直した感じ。ちなみに電子書籍で購入したので、貸し出しはできません。

  • 壇蜜さん日記。とても面白い。文章にも色気があります。

  • 壇蜜さんのプロフィールを何かで見て、独特な表現をする人だなぁと気になっていた。ちょっと暗い面もあるところが、自分と近い気がして一冊購入してみた。
    エッセイかと思ったら、本当の日記が書かれていたので少々驚き。猫がお好きなようで、よく猫の話が出てくる。読んでみると、文章の書き方がやっぱり好みだった。自己評価の低さからか、一歩引いたようなところから社会を見ている感じ。でも、どこかのんびりしていて「自分は自分でいいか」と思わせてくれる作品だった。

  • 文章、語り口がよい。なんでもない日常の世界と彼女の世界観。

    芸能人だけれども、ごく普通の視点、感覚を持っているんだなぁ、と。

  • なかなか面白かった。
    文章上手だし、その切り取り方がまた上手い。
    それにしても地味な暮らしをされてるなあ……w
    親近感を持ってしまった。

    スフィンクス、触ってみたいな。

  • 私は壇蜜さんが好きなので読んで見ました。毎日数行のさらりと書いた日記です。女性の私から見ても壇蜜いいな~と思わされる本でした。

  • レビュー評価が高かったし、安かったしで読んでみた。
    というか読み終わっていない。
    別にどうでもいいやってことで(笑)

    日記って本来、人に見せるようなものじゃないし、だからこそ書いた人の本心なんかが垣間見れて面白いはずなんだけど、本作を書いたのは壇蜜さんであって齋藤支靜加さんではないということ。
    出演した番組や共演したタレントさんについての思いなども出てくるけど、当然、実名は出てこない。日記だったら書くでしょ。
    半分ぐらいしか読んでないけど、文章はちょっと知的でいて社会への皮肉や自虐的なユーモアにあふれている。でも狙った感じがしちゃって日記じゃないなあ、と。

  • なんか素朴でおもしろい。
    感覚が鋭い。

  • 情緒があってよかった。

全13件中 1 - 10件を表示

壇蜜の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
鈴木大介
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印

壇蜜日記 (文春文庫)はこんな電子書籍です

外部サイトの商品情報・レビュー

壇蜜日記 (文春文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

壇蜜日記 (文春文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

壇蜜日記 (文春文庫)の文庫

ツイートする