るろうに剣心 京都大火編 通常版 [Blu-ray]

  • 97人登録
  • 3.49評価
    • (5)
    • (15)
    • (16)
    • (5)
    • (0)
  • 13レビュー
監督 : 大友啓史 
出演 : 佐藤 健  武井 咲  藤原竜也 
  • アミューズソフトエンタテインメント (2014年12月17日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4527427811393

るろうに剣心 京都大火編 通常版 [Blu-ray]の感想・レビュー・書評

  • 京都編2部作の前編。
    二度と人は殺さないと誓った伝説の人斬り剣心
    を最大の苦難が襲います。元討幕派の、人斬り
    志々雄真実がかつて自分を裏切った明治政府の
    転覆を狙って京都で暗躍を開始します。
    政府から自分の後継者である志々雄暗殺を依頼
    された剣心は単身京都へ旅立つ。さっそうと宙
    を舞い屋根や壁を走り抜けるシーンはダイナミ
    ックに進化し、三浦涼介演じる志々雄の部下の
    沢下城張とのバトルや火災が迫る京都での志々
    雄一派との激闘など見所が満載でした。
    佐藤健君が何週間も練習を積んで何時間も撮影
    したというアクションシーンは圧巻でした。
    「伝説の最後編」も絶対に観てみようと思いま
    した。佐藤健君が格好良かったです。

  • るろうに剣心の実写版。志々雄編の前編。
    漫画の実写化において数少ない成功例の一つであろう。
    アクションシーンはかなり見応えがあった。

    漫画キャラクターにおいても、
    ここまで個の強さを放つ悪役は志々雄真実ぐらいだろう。

    それほどの強烈なキャラクターを藤原竜也が見事に演じている。
    これもまた成功した一つの要因ではないだろうか。

    やはりあの壮大な志々雄編を実写化するだけあって
    原作とは違う展開や雑に描かれているキャラもいるのだが、
    それを凌駕する出来栄えはあった。
    正直舐めていた点もあったが、後編もこれは期待したい。

  • DVDではなく、TV 溜め録り視聴の感想です。
    関東圏地上波 (日テレ) で 2015/10/30 (金) に放映された分です。

    前作が意外と、本当に「意外と」面白かったので、続編である本編もぜひ見ようと思っていました。そしてめでたく TV 放映されたので、珍しく溜め期間数日で見てしまいました。

    2 作目はどうしても前作と比較してしまうもので、割と厳しい目になりがちなのに、今作も意外とよかったです。

    どのように 2 時間程度の尺でまとめてくるのだろうかと思っていました。そしたら長い長い。番組時間で 2.5 時間くらいあったんじゃないでしょうか。

    ん十年前に読んだ漫画ですので記憶に薄いのですが、割と上手くまとまっていたんじゃないかと思います。
    ざっくりいろいろ省略されてた感はありますけど。

    アクションシーン、スピード感あって楽しめました。
    アクション的には、翁と蒼紫のシーンが今作一番の見どころだったのでは、と思います。

    あと、何といっても神木隆之介さんがベストマッチ。
    佐藤健さん、江口洋介さん以外はちょっと合わないなーって感じなのですが、神木隆之介さんは宗次郎のイメージそのものでした。
    藤原竜也さんすごくいいのに、、、顔出なくてかわいそすぎる。。。
    三浦涼介さん、、、アンクのイメージが強すぎてな。。。(佐藤健さんは電王のイメージ全く無いのに)

    次の金曜日も楽しみです。

  • WOWOW。
    話が一本道な分、アクション以外のシーンのテンポが遅く感じてしまう。
    話が重いので、そこは演出でスピード感を出して欲しいところ。
    全編飽きさせない爽快なエンタメじゃないのはしょうがないけど、だったら「ダークナイト」ばりに悪役の物語にしても良かった(二部作だから尚更)
    結局、見た目以上の掘り下げが出来てるのかと言えば疑問が残る。

  • 平民状態の「~ござる」はなんかちょっとむずがゆくなる感じだったけど、殺陣シーンはかなりかっこよかったー。そこで切るかって終わりぶり。

  • 実写版の2作目。
    やはりアクションに見ごたえがある。時間が足りないので仕方がないが、剣心以外のキャラのパートも欲しかったなぁ。
    佐之助が蒼紫にボコボコにされていたのは思わず笑った。

  • 漫画を実写化して成功したのがるろうに剣心。

  • アクションシーンの良さが邦画では群を抜いている。これは続くのね。

  • 動乱の幕末で「最強」の伝説を残した男、緋村剣心。
    かつては“人斬り抜刀斎"と恐れられたが、新時代を迎えて、神谷薫ら大切な仲間たちと穏やかな日々を送っていた。
    そんな時、剣心は新政府から、剣心の後継者として“影の人斬り役"を務めた志々雄真実を討つよう頼まれる。
    新政府に裏切られ焼き殺されたはずが、奇跡的に甦った志々雄は、京都で戦闘集団を作り上げ、日本征服を狙っていた。
    剣心は必死で止める薫に「今までありがとう」と別れを告げ、京都へ向かう。
    かつては剣の腕も頭脳も剣心と互角だったが、今や誰もが恐れる魂の凶悪さを持つ最狂の敵・志々雄とついに宿命の対面を果たす剣心。
    だが、志々雄は部下の瀬田宗次郎に相手を命じ、宗次郎の最速の技で、なんと剣心の逆刃刀が真っ二つに!
    さらに剣心は、志々雄一派以外にも敵がいると知る。剣心に勝って己こそが最強だと証明しようとしている元御庭番衆の四乃森蒼紫だ。
    逆刃刀を失くした剣心は、不殺≪ころさず≫の誓いを破らずに、何人もの敵を倒すことができるのか?
    最大の危機に立つ剣心のもとへ、薫と仲間たちが駆け付ける。
    だが、志々雄の企てた京都大火の炎の影に、もっと恐るべき陰謀が隠されていた──!(amazonより抜粋)

    映画館で観ました。
    原作も大好きですが、これはこれで面白いです!
    上手いことまとめたなぁと思いつつ、結構雑に扱われているキャラもいるけど、一つ一つやっていたら間に合わないからこれでよし!
    ただ前作と同じような展開や映画の見せ方があって「またか」という印象もありました。
    でも好き!
    DVD買っちゃいました。

  • 久しぶりにたいそう豪華な日本映画を見たような気になった映画だが、2部に分ける必要はなかったんじゃなかろうかと思うぐらい話が間延びしている。
    豪華なセットと言い、キャスト陣と言い、何とか壮大な物語を作ろうとしている感はバシバシ伝わってくるのだが、それが逆に間延び感を増大させている感じがして。
    後編を見ていないので、まだ何とも言えないけど、そこに向かって盛り上げてくれるための布石であるなら、これはこれでありです。

  • 殺陣めちゃくちゃカッコいいー!!、

全13件中 1 - 13件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

るろうに剣心 京都大火編 通常版 [Blu-ray]を本棚に「観たい」で登録しているひと

るろうに剣心 京都大火編 通常版 [Blu-ray]を本棚に「いま見ている」で登録しているひと

るろうに剣心 京都大火編 通常版 [Blu-ray]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

るろうに剣心 京都大火編 通常版 [Blu-ray]はこんな映画です

ツイートする