数学文章作法 基礎編 (ちくま学芸文庫) [Kindle]

  • 63人登録
  • 3.67評価
    • (3)
    • (2)
    • (3)
    • (0)
    • (1)
  • 6レビュー
著者 : 結城浩
  • 筑摩書房 (2013年4月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (218ページ)

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
エリック・リース
有効な右矢印 無効な右矢印

数学文章作法 基礎編 (ちくま学芸文庫)の感想・レビュー・書評

  • 「推敲編」の評判がいいので、まず、「基礎編」から読んでみました。タイトル通り、数学の文章の書き方です。小説の書き方にはあまり役に立たないけど、仕事の文章の書き方には役立つな。

  • 簡潔でとても分かりやすい。数学のみならず、すべての文章を書く際に当てはまる話ばかり。「読者のことを考える」という基本原則は普遍だ。読むべき一冊。

  • 読みやすい文章を書くための指南書

    私自身が文章を書く際に、当たり前だけど出来ていなかったことが改めて明文化されていた。この一冊を読むことで、文章の書き方を見直すことができたと思う。

  • 久しぶりに文章系の本を読みました。

    読んだ理由はボランティアスタッフとして関わっているNPOで文章を書く機会が出てきたためです。
    普段は児童養護施設で子どもたちに勉強を教える、という完全に現場に出る活動に携わっているのですが、最近新たに関わり始めた仕事では調査研究みたいなことをした後に、その結果を報告書にまとめることになりました。
    普段本業の方では文章を書く機会なんてメールぐらいですので、長い文章を書くのも、公的に人に提出する文章を書くのも卒論以来です。そこまで格式張った文章を書くことを求められている訳ではないのはわかっていたのですが、せっかくの機会なのでもう一度基本から勉強し直そうかなと思い、欲しい物リストの中から選んで手にしたのがこの本です。

    ■誰にとって役立つ本か

    この本は「数学文章作法」です。タイトルに「数学」と冠されている通り、数学に関連した文章を書く人を想定して書かれた本です。数式の書き方であったり、定義・定理といった数学的な用語の使い方であったりと数学に特化した内容も含まれます。ただ、それだけではない。一般的な文章の書き方に「加えて」数学的な部分も書かれているということですので、数学文章を書く人にとってはもちろんのこと、それ以外の文章を書く人にとっても幅広く有用な、総合力の高い本です。


    ■基本を大事にすることで文章のレベルは上がる

    この本は「数学文章作法」であり、その「基礎編」でもあります。

    段落の付け方、字体の選び方、漢字とかなの使い分け、引用の仕方

    などといった国語の授業で習うような文章のルールを丁寧に説明してくれます。ものすごく基本的です。
    基本的だけど、きっちりと守れているかというとなかなか自信を持てない人も多いのではないでしょうか。
    特に日常的に文章を書く機会のない人にとっては、国語の授業で習ったことも全部が全部頭に残っているものではないと思います。
    そうした基本をもう一度見直しましょう、というのが著者の結城さんの主張です。

    「形式の大事さ」形式を整えるだけで文章の読みやすさはぐっと上がる。
    形式のあまりに整っていない文章はそれだけで損をしている。

    文章のうまさというとどうしても、話の「筋」がすごいとか、言い回しが上手いなどといった側面に目が行きがちですが、形式の整っていないい文章はそれだけで読む気が削がれてしまいがち。内容の前に文字を追うだけで疲れてしまいますからね。特に昨今は、ネット上で文章が毎日毎秒腐るほど生み出され続けている時代ですので、読みにくい文章などそれだけで切り捨てられてしまいます。内容の面白さ以前の問題。
    逆に言えば、そうした形式の整っていない読むに耐えない文章が溢れている状況ですので、形式を整えるだけでとりあえず通して読める文章の仲間入りを果たすことができる、とも言えます。


    ■分かりやすい文章を書くためのコツ

    形式の大事さにつづいて分かりやすい文章を書くためのコツも次々と提示されます。
    ここで提示されるものもやはり基礎的なものです。
    文章の書き方なんてテーマに興味を持つ人であれば、この本を読むまでもなくどこかで目にしたことのある指摘が多いのではないかと思います。

    以下は、僕が改めて意識しなければなーと感じたことです。

    <文を短く>

    文章を分かりやすくしたければ文を短くすべし。これは文章術の本を読んでいるとよく見かける指摘です。結城さんは「長い文が常に読みにくいというわけではありません。文章を書き慣れた著者なら、長くて読みやすい文を書くこともできるでしょう。しかし、一般には短い文を心がけたほうが無難です」と言います。まさにその通りでしょう。
    分かってはいるのですが、つい... 続きを読む

  • 数学文章作法 基礎編

全6件中 1 - 6件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

数学文章作法 基礎編 (ちくま学芸文庫)はこんな電子書籍です

数学文章作法 基礎編 (ちくま学芸文庫)の文庫

ツイートする