フルスロットル ブルーレイ&DVDセット(初回限定生産/2枚組) [Blu-ray]

  • 105人登録
  • 3.09評価
    • (2)
    • (14)
    • (31)
    • (9)
    • (2)
  • 25レビュー
監督 : カミーユ・ドゥラマーレ 
出演 : ポール・ウォーカー  ダビッド・ベル  RZA  カタリーナ・ドゥニ 
  • ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント (2014年12月17日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4548967147223

フルスロットル ブルーレイ&DVDセット(初回限定生産/2枚組) [Blu-ray]の感想・レビュー・書評

  • ポール・ウォーカーの遺作になってしまった作品。

    『24』シリーズを連想してしまう様なノン・ストップアクションでした。無法地帯になってしまったマンションに潜入捜査官として送り込まれた捜査官に彼が扮しています。

    暴力とドラッグに塗れてしまった無法地帯に‘中性子爆弾’が持ち込まれその爆発を阻止する様に指令を受ける。その猶予は10時間しかない。そこから彼の激しい捜査が始まった・・・。

    彼特有の世界もこの作品が見納めになってしまいました。単純なスッキリ感を充分に楽しめる作品になっています。

  • 2018年のデトロイト。
    高い壁に覆われた郊外の犯罪多発地区から市の
    中心地に向けてミサイルテロを計画している中
    腕利きの潜入捜査官ダミアンは地区の建造物事
    情に精通し組織に恨みをもつ囚人を案内役にし
    て現地に潜入する。人並み外れた身体能力を持
    つ異色コンビが悪を追って奮闘します。
    この作品はフランスの「アルティメット」をベ
    ースにした作品で数々のアクションシーンが見
    所のひとつです。捜査官ダミアンを演じるのは
    故ポール・ウォーカーで「アルティメット」に
    負けないくらいのアクションシーンが満載の映
    画でした。ポール・ウォーカーは大好きな俳優
    さんだったので観れて大満足でした。

  • 残念ながらオリジナルを超えている様に見える箇所は皆無と言っていい。ストーリーはほぼ同じ何ですけどね〜
    ダヴィッドベルのアクションは本作でも文句ないです。
    がしかしポールウォーカーのアクション…頑張ってるんですけどね〜キレが無いんだよ。キレが…「アルティメット」でのダミアン役のシリルラファエリのアクションがキレッキレで見事だったから、見劣りしちゃってるのがちょい辛いです。
    まぁカタリーナドゥニがキレイだったからそれだけでいいや〜

    ポールウォーカーさんはR.I.P です。これから楽しみな役者さんだったから寂しいですね。

  • アクションは普通だった。

  • ストーリーは・・・・・
    アクションシーンはいい感じでした。

  • 「アルティメット」のリメイク版

  • アクションの見本のために作ったのかな?
    アクションはとにかく凄いけど、話はそんなに……
    女の子のかにばさみパンツ丸見え落としは間抜けに見えるけどなんだか格好よくも思えて不思議。
    ラストはいや、悪いやつにかわりはないでしょ……と突っ込みたくなる。

  • 「アルティメット」の大ファンだったので、
    今回リメイクされたと知り、喜び勇んで鑑賞しました。
    2013年に事故死してしまったポール・ウォーカー最期の出演作です。

    以前も出演していたダヴィッド・ベルが、
    今回も同じ役柄で再出演しているのが良かったです。

    「アルティメット」に比べると、テンポの良さは劣りますし、
    パルクールも若干見劣りはするものの、
    アクション映画としてはかなりの出来の良さだと思います。

    もうポールの演技が見られないのかと思うと切ないです。

  •  閉鎖された犯罪都市に持ち込まれた爆弾。刑事とその街の男がタッグを組み爆弾の解除に乗り込むが。。。
     フランス映画をハリウッドでリメイク。

     パルクールのアクションがすごい。しかもポール・ウォーカーもかなり頑張ってる。
     意外に敵役も魅力的なキャラが多いと思ったら。。。 

     ポール・ウォーカー、いいアクション俳優だった。合掌。 
     

  • ポール・ウォーカーを偲びました。「アルティメット」のリメイクなんですね。オリジナルは、パルクールがもっと長めで、何より掠われたのは妹で、確か薬漬けにされていたような...ツルッ、サラッと、軽めの作品になっています。

  • WOWWOWにて鑑賞。

    リノの身のこなしが爽快!

  • 普通に面白かったけどブリック・マンションの設定とか色々アーカムシティーがデジャブる。共通の元ネタあるのかなこれは…。
    最初にポール・ウォーカーが映ったシーンの音楽もアーカムシティーのCM(バットマンver)のテーマだったのも気になった。

  • ポールウォーカーの遺作となってしまった、、アクションすごいし、かっこいいし、なんて惜しいんだ。

  • WOWOWで録画視聴。字幕版。
    ポール・ウォーカーが好きだけどワイルドスピードシリーズには興味が無く…いつか別の作品で見れたらいいなと思っていたらあの訃報で辛い事になってしまいました。
    なのでまともにポール・ウォーカー出演作を見るのはこれが最初で最後です。
    ある程度は吹替えだろうと思いつつ、思った以上にアクションが出来る人で驚きました。諸々の事情でバディになる人との無重力感のある体術系アクションが素晴らしい見応えで、正直お話の単純さはかなり緩和されました。
    また話も単純だったり甘かったりしつつ「こまけえことはいいんだよ」と言いたくなる痛快さもあり、90分でスカっと楽しめるこの作品は十分良作だなぁと感じます。

  • ポールに星2つ
    中身くそ

  • ポールウォーカーやっぱりカッコいいな。
    最後はなんやらほんわかと終わった。
    リノは何者なんだろ?
    パルクールの人?

    ストーリー
    2018年、デトロイト。郊外にある“ブリックマンション"と呼ばれるエリアは、暴力とドラッグがはびこる無法地帯―
    その中は、まさに“弱肉強食"の世界となっていた。腕利きの潜入捜査官ダミアンは、優秀な警察官だった父親を
    “ブリックマンション"のボス、トレメインに殺されており、その復讐に燃えていた。そして、トレメイン一味に盗まれた
    最新鋭の中性子爆弾を止めるため、“ブリックマンション"への潜入捜査を命じられるダミアン。
    爆発まで残されたタイムリミットは、わずか10時間! ダミアンと組むことになったのは、“ブリックマンション"で生まれ育ったリノ。
    リノはトレイメンに、元恋人のローラを人質に捕られていた。何かとかみ合わず、反目しあうダミアンとリノ。
    だが、共通の敵・トレメインを倒し、街を、そして囚われたローラを救うため、頭脳と肉体を駆使して、たった2人で“ブリックマンション"に立ち向かう!

  • 世界観やストーリー展開、キャラ設定など気になる部分はありますが(特に敵のボスが最後になって性格変わり過ぎ)、肝心のアクションシーンは爽快だったので楽しめました。
    が、どこか観たことのあるストーリーだな、と思って調べてみたところ「アルティメット」のハリウッド版リメイクとのことでした。・・・で、改めて「アルティメット」を観なおしてみたら・・・キャラクター、ストーリー等はほぼ同じ。気になったボスキャラのアレンジについては本作のオリジナルでした。
    ということで、同じ観るなら「アルティメット」の方が個人的には好きです。

  • めちゃくちゃ楽しい!なにも考えずにアクション楽しむには最高な映画。

  • ポール・ウォーカーの遺作…
    アルティメットっていう映画のリメイクらしいのですが、そっちは見ていません。
    人間離れしたアクションが楽しい。話は結構適当…まぁ、リュック・ベッソン脚本ですからw
    ボスがああなるのはちょっと納得がいかなかったなぁ。

  • アルティメットの方が面白い。おわり。

  • ワイルドスピードのポール・ウォーカー主演。
    リュック・ベッソン脚本の、フランス映画のリメイクアクションです。

    犯罪者が多く逃げ込んで住み着いたブリック・マンションを中心に
    市長は周囲を高い壁で囲んで、犯罪者の区域と一般の区域を断絶。

    ある時、ブリック・マンションのトップ、
    トレメイン(ラッパーで「アイアン・フィスト」主演のRZA)の部下が政府のトラックを強奪。中には中性子爆弾が。
    うっかり開けたギャングたちのせいで、起爆装置が起動、爆破まではあと12時間…

    そこで、潜入捜査官として麻薬組織を次々と壊滅させた正義の警官、ダミアン(ポール・ウォーカー)と
    ブリック・マンションに住みながら、トレメインと対立した末、
    ギャングに買われた警官にハメられてこれを殺害。
    警官殺しで捕まっていたリノが、爆弾解除の命をうけて犯罪区域に乗り込んで行く。

    という話なんですけどね。

    あまり有名ではないんだと思うんだけど、リノ(ダヴィッド・ベル)のパルクールを多用したアクションが非常に見事。
    この人、元ネタのフランス映画「アルティメット」でも同じ役を演じてるんだな。
    リメイクにあたっても変わりの聞かない人材、ってちょっと格好いいじゃんかこいつ。

    リノの彼女役の人もミニスカートでなかなかの活躍だったけども、やはり無名?(カタリーナ・ドゥニ)
    でもこの人はベッソンの「TAXi4」でデビューした人だそうで、アルティメットには出てないそうだ。
    まぁ、女優さんは若い方がいいしね…。

    で、アクションはリノ君中心ではありますが、
    それなりにポール・ウォーカーも頑張ってます。
    パルクールができるリノ、できないダミアンというキャラわけではありますが、
    2人同時のアクションなどもあり、非常に動きのめまぐるしい映画になっています。

    また、もちろんカーチェイスも。
    (ただ、ワイルド・スピード、TAXiと比べるとやっぱり2次的な要素かな)

    隔離された犯罪者の巣に乗り込んでのバトル、というのも去年・おととしあたりに流行った気がしますが
    やはりその点でも中途半端かなー。
    いろんな要素を盛り込んで、イケてるアクション映画であること自体は間違いないんですけどね。

  • 2015/1/26 スピード感あり 面白かった。
    アルティメットを思い出してたら リュック.ベンソン リメイク版だったんですね。ジャンピング.ポップで 爽やかな印象を受ける 体育会系アクション ポール.ウォーカーの遺作になった作品なんだ…と言われても 全く 事故で亡くなったなんて信じらない。カッコイイし、これがらが旬の時だったのに とても残念だけど…映画の中では 飛び回り生きてるね‼︎

  • 交通事故で亡くなったワイルドスピードで有名になったポールウォーカーの最終作品。
    監督はリュックベッソン。
    対立軸は、貧困対富裕、ギャング対警察、金対正義か。

  • パルクールを楽しむ。

  • もともとの「アルティメット」が大好き&団地でのアクションが大好きなので、もう私にとってはありがとう!というくらいの映画です。ポール・ウォーカーにもう会えないと思うと悲しいよぉ。

全25件中 1 - 25件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

フルスロットル ブルーレイ&DVDセット(初回限定生産/2枚組) [Blu-ray]を本棚に登録しているひと

フルスロットル ブルーレイ&DVDセット(初回限定生産/2枚組) [Blu-ray]を本棚に「観たい」で登録しているひと

フルスロットル ブルーレイ&DVDセット(初回限定生産/2枚組) [Blu-ray]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

ツイートする