NATIONAL GEOGRAPHIC (ナショナル ジオグラフィック) 日本版 2014年 11月号 [雑誌]

  • 31人登録
  • 4.00評価
    • (3)
    • (6)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 6レビュー
制作 : ナショナル ジオグラフィック 
  • 日経ナショナルジオグラフィック社 (2014年10月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・雑誌 (154ページ)
  • / ISBN・EAN: 4910068471147

NATIONAL GEOGRAPHIC (ナショナル ジオグラフィック) 日本版 2014年 11月号 [雑誌]の感想・レビュー・書評

  • 「心を操る寄生体」がすごく面白かった!
    面白いというと語弊があるでしょうか……目が離せませんでした(笑)
    マラリアは、蚊が媒介するという基本的な知識はあったけれど、
    まさか成長中のマラリア原虫が、蚊の行動を操っているとは。

    そしてネズミ→ネコに寄生するトキソプラズマにも驚き。
    ネコの尿の匂いをかいでも逃げないネズミ…
    小さな小さな原生生物がここまでの力を持っているんですね。
    不思議でたまりません。

    そして90億人の食シリーズは、
    お肉の話題、そして捨てられる食べ物について。
    農場から食卓へ届くまでに、食品の3分の1が廃棄されているという。
    規格外のもの、賞味期限が切れているもの。
    世界中では飢えている人が8億4200万人もいるというのに、
    貯蔵設備や輸送手段が整備されていないという理由で
    食べ物が廃棄されてしまうという現実。

    買ったものは無駄にしない、作ったものは残さず食べる。
    当たり前の事から始めなければならないと思う。

  • 今までこの雑誌の存在を知らなかったけど表紙にあるエベレストと肉を食べるジレンマ、捨てられる食べ物の文字に目を奪われて購入。

    素晴らしい写真と素晴らしい文章で読み応えがあった。
    とくに農産物、食についてグローバルな視点の話をなかなか聞く機会はないが、わかりやすくとても考えさせられる内容。
    ある物事がよくなったように見えてもここまで巨大に膨れた地球規模での食の話は必ず他に歪みが生まれる。
    ならばなにを選択するべきか。
    世界屠畜紀行で読んだときも思ったが、いつか肉関連でテキサスと野菜関連などでカリフォルニアには必ず行ってみたい。

    次に海外いくならアメリカかネパールを目指そう。

  • 「心を操る寄生体」
    つい先日Eテレの『スーパープレゼンテーション』で寄生虫のことを話してた。衝撃。でも寄生虫がいることで成り立つ自然界なんだよな。奥が深い。自我とか意識まで怪しむことになるのか。

    「悲しみのエベレスト」
    イモトの番組で注目が集まったな。シェルパってシェルパ族のことだったんだ。職業の名前だと思ってた。子供には同じ仕事をさせたくないと思っているとか。でも稼ぎは良いとか。簡単な問題じゃないけど、エベレストは先進国の登山者たちがレジャー気分で安易に考えちゃいけないんだろうなと思う。

    シリーズ「90億人の食」は今回も考えさせられる。アメリカ人が牛肉を食べなくなってもあまり問題解決にならないみたいに書いてあったけど、それにしても肉の量は多すぎだろと思う。食品廃棄物も考えさせられる。日本人の鮮度志向、確かに大いにあると思う。食べ物は大事にしたい。家畜の飼料にとかどんどん利用していいと思う。

  • 世にも恐ろしい 心を操る寄生体

    寄生虫やウイルスなどの寄生体のなかには、宿主の行動を操って、自分の繁殖のために奉仕させるものがいる。寄生という営みの、奇怪なからくりに迫る。

    文=カール・ジンマー/写真=アーナンド・バルマ
    グラフィック=マシュー・トゥワンブリー

     テントウムシは貪欲な捕食動物だ。生まれてから死ぬまでの間に、数千匹ものアブラムシを捕まえて食べるという。

     しかもテントウムシは、ほとんどの敵から身を守るすべをもっている。危険が迫ると脚の関節から出す有毒な体液は、口にすると苦く、襲った動物はすぐに吐き出してしまう。硬い羽に描かれた赤や黒のきれいな斑点は、実は捕食動物に向けた「後悔するぞ」という警告なのだ。
    テントウムシを操るハチ

     万全の防御策をもったテントウムシは、一見、怖いものなしのように思える。だが実際には、恐ろしい天敵がいる。その生きた体に卵を産みつける寄生バチだ。

     寄生バチの一種、テントウハラボソコマユバチは体長わずか3ミリほど。雌は産卵の準備が整うと、テントウムシの近くに飛んでいって、脇腹に素早く針を刺す。数種類の化学物質とともに注入されるのは、1個の卵だ。卵がかえると、ハチの幼虫は宿主となったテントウムシの体液を吸って成長していく。

     テントウムシの体は少しずつむしばまれていくが、外見や行動に変化はなく、ひたすらアブラムシを食べ続ける。だが、いくらアブラムシを食べても、その栄養はハチの幼虫に吸いとられてしまうのだ。約3週間後、ハチの幼虫は宿主の体を離れて成虫になる時を迎え、テントウムシの外骨格の割れ目の間を、体をくねらせながら出てくる。

     驚いたことに、寄生バチの幼虫が体内からいなくなった後も、テントウムシは依然としてこのハチに操られている。幼虫がテントウムシの腹部の下で繭(まゆ)を作っている間も、動かずじっとしているのだ。
    意思を奪われハチを守る

     テントウハラボソコマユバチが繭から羽化するまでの間は、外敵に狙われやすい。クサカゲロウの幼虫などは、このハチの幼虫が大好物だ。だがこうした捕食動物が近づくと、テントウムシは脚をばたばた動かして追い払ってしまう。まるで寄生バチのボディーガードだ。成虫になったハチが繭を破って飛び立つまでの1週間、テントウムシはこうして護衛の役を務める。

     意思を奪われていたテントウムシの大半は、ハチの羽化後にようやく死を迎え、その行動を支配してきた寄生バチに対する奉仕を終えるのだ。

     ホラー映画にありそうな奇怪な物語だが、決してフィクションではない。裏庭や空き地、農地、草原など北米のあちこちで、寄生バチはテントウムシをゾンビに変え、ボディーガードにしてこき使っているのだ。

     このように宿主に取りつく寄生虫や菌類、ウイルスなどは、まとめて「寄生体」と呼ばれる。テントウムシ以外の昆虫はもちろん、魚類、哺乳類に至るまで、驚くほど多くの生物が、実は寄生体に行動を支配されていることが明らかになっている。宿主にされた生物は、たとえ体内を食い荒らされて死に至る運命にあったとしても、寄生体に仕え続ける。

     彼らはなぜ、自らをむしばむ敵と戦わず、逆に生かすために全力を尽くすのだろうか。研究者たちは、宿主の行動を操る寄生体の遺伝子を特定しつつある。

    ※この続きは、ナショナル ジオグラフィック2014年11月号でどうぞ。
    編集者から

     虫好きの方もそうでない方も、本誌を読んで気になったら、ぜひ電子版をお試しください。初めは「ぎゃ~!」とか「わ~!」とか叫んでしまいますが、寄生虫が幼虫の体を破って出てくるさまを動画で見ていると、自分の悩みなんか小さく見えてきます……。(編集H.O)

    悲しみのエベレスト

    2... 続きを読む

  • 農場から食卓に届くまでに食品の3分の1が廃棄されている。何か改善する方法があるはずだ。
    先進国は年間6億7000万トンの食品を捨てている。これはサハラ以南で生産sあれている食品の送料とほぼ同じである。

  • 「心を操る寄生体」が興味深い。

全6件中 1 - 6件を表示

NATIONAL GEOGRAPHIC (ナショナル ジオグラフィック) 日本版 2014年 11月号 [雑誌]を本棚に登録しているひと

NATIONAL GEOGRAPHIC (ナショナル ジオグラフィック) 日本版 2014年 11月号 [雑誌]を本棚に「読みたい」で登録しているひと

NATIONAL GEOGRAPHIC (ナショナル ジオグラフィック) 日本版 2014年 11月号 [雑誌]を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

NATIONAL GEOGRAPHIC (ナショナル ジオグラフィック) 日本版 2014年 11月号 [雑誌]を本棚に「積読」で登録しているひと

NATIONAL GEOGRAPHIC (ナショナル ジオグラフィック) 日本版 2014年 11月号 [雑誌]はこんな雑誌です

NATIONAL GEOGRAPHIC (ナショナル ジオグラフィック) 日本版 2014年 11月号 [雑誌]のKindle版

ツイートする