パガニーニ 愛と狂気のヴァイオリニスト(通常盤DVD)

  • 113人登録
  • 3.54評価
    • (7)
    • (19)
    • (21)
    • (5)
    • (0)
  • 28レビュー
監督 : バーナード・ローズ 
出演 : デヴィッド・ギャレット  ジャレッド・ハリス  クリスチャン・マッケイ  ヘルムート・バーガー  アンドレア・デック 
制作 : デヴィッド・ギャレット  バーナード・ローズ  バーナード・ローズ 
  • ポリドール映像販売会社 (2014年12月17日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988005863331

パガニーニ 愛と狂気のヴァイオリニスト(通常盤DVD)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 1930年、イタリア。
    不世出の才能に恵まれながらもスポットライト
    を浴びることなく不遇の日々を送っていた天才
    ヴァイオリニスト、ニコロ・バガニーニ。
    その才能に目をつけたウルバーニと名乗る男が
    現れ「君を世紀のヴァイオリニストにしてあげ
    る」と宣言しマネージャーを買って出る。
    そしてその言葉通り瞬く間にヨーロッパ中にそ
    の名声を轟かせていくバガニーニだった。
    19世紀に活躍した異端のヴァイオリニスト、
    ニコロ・バガニーニの知られざる波乱と恋の物
    語を映画化した伝記ドラマです。
    ドイツ人のヴァイオリニスト、デヴィッド・ギ
    ャレットが主演を務め弦一本で再現した演奏は
    見事で素晴らしかったです。

  • この人は嫌いだけど、音楽は好きかも。

    天才アーティストって大体こうなの??

  • ブラボー!ブラボー!
    デヴィッド・ギャレット さん、バイオリンはもちろんのことながら、ビジュアル的にも素敵だった。はまったわ。
    観終えてからずっとアマゾンプライムで彼の音楽聞いてる。
    ショパンのノクターンか、またはやはりパガニーニが最高かな。

  • さすがスーパーヴァイオリニストと言われる人が主演なだけに、演奏場面は圧巻。アリアも素晴らしかった。ウルバーニは「悪魔に魂を売った」と言われるパガニーニの悪魔の象徴?シャーロットとの恋は本当にあったの?息子は出てくるけど奥さんは?謎がいっぱい。パガニーニの本当の生涯を知りたくなった。

  • ずーっと感情的でテンション張りつめっぱなしで理性が少しもないのかと見ていて疲れた

    正直なところ、
    知恵泉のテーマ曲になっている曲のヴァイオリニストが主演していると知ったのがきっかけで見たので
    パガニーニのヴァイオリン演奏を期待していたのに、彼女の歌曲が中心になっていったのが残念だった

    こういう濃いイケメン顔が好きな人は好きかもれしないけど、そうではないのでゴメン

  • ☆7

    2017.5.5 視聴

  • 超絶技巧…。

  • アマゾンプライムで見たが、バイオリンの天才が落ちていく様、自堕落な生活のために晩年は、一人過ごし、人に忘れされていく。もう一人、求愛した女性は、求愛を断るが、現実的な選択をして、名声を手に入れる。最後の場面で、見られた。

  • 生まれ変わったらバイオリン弾きになりたい
    演奏は素晴らしいけどストーリーはなんだか。
    天才の弱さを見られた

  • 全てが、音楽のためにある。

    本当に弾いている迫力がある。

全28件中 1 - 10件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

外部サイトの商品情報・レビュー

パガニーニ 愛と狂気のヴァイオリニスト(通常盤DVD)を本棚に「観たい」で登録しているひと

パガニーニ 愛と狂気のヴァイオリニスト(通常盤DVD)を本棚に「観終わった」で登録しているひと

ツイートする