刻刻(8) (モーニングコミックス) [Kindle]

  • 39人登録
  • 4.11評価
    • (6)
    • (9)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 堀尾省太
  • 講談社 (2014年10月23日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

刻刻(8) (モーニングコミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 最終巻。
    なるほどこういう終わり方かー。
    色々な人間たちの色々な思惑はあったが、結局のところ止界はそんな人間の思惑には左右されず、人間の力でコントロールできるような場所ではなかったのかな。
    最後チョット急展開だった気もするけどね。
    いやホント面白かった。
    どうにも気持ち悪い登場人物だと思っていたが、止界から出てしまうとそうでもない。
    止界での経験が彼らを変えたのか、それとも何も変わっていないのか。
    社会との関わりがあればそれが普通なのか。
    止界という存在がなくなれば普通であるのか。
    まあわからんけど。

  • ついに完結しました。あまり有名な作品ではないですが、色んな人にオススメしたい漫画です。

    もっと暗い感じになると思っていたので、ハッピーエンドで良かったです。賛否両論あるかもしれないですが、自分はこの終わり方で良かったと思っています。

    8巻という手頃な巻数で綺麗にまとめられていますし、良い意味で裏切られる展開も多く、非常に楽しめました。
    少し絵柄に癖がありますが、是非読んでみてほしいです。

  • あー面白かった。
    そうくるか、という終わり方と、終わりだと予想していたところからすこし先まで語られたところに充足感を得た。
    8巻読後に「その後」を読んで、すぐ「1巻」から読み直しました。

  • この手の設定勝負の漫画が名作になるかどうかは終わり方が重要。そういう意味で、刻々は歴史に残る一作になったと思う。
    どこか寄生獣(もしくは七夕の国)を思わせる作品で、後藤ポジションの最強の敵もいて、その決着をああいう形でつけるというのは想像を大きく超えていた。
    これはすごい。傑作だ。

  • 釈然としない部分もあるけど、概ねキレイな終わり方をしたのかなと。樹里とじいちゃんの姿勢は家族ってこうありたいと思わせるものがあったし、だした結論もなかなかね。潔かったと。

全5件中 1 - 5件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

刻刻(8) (モーニングコミックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

刻刻(8) (モーニングコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

刻刻(8) (モーニングコミックス)はこんな電子書籍です

刻刻(8) (モーニングコミックス)のコミック

ツイートする