さよなら神様 [Kindle]

  • 37人登録
  • 3.50評価
    • (1)
    • (5)
    • (8)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 麻耶雄嵩
  • 文藝春秋 (2014年8月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (220ページ)

さよなら神様の感想・レビュー・書評

  • 『神様ゲーム』に続いて『さよなら神様』を読んだ。神様により冒頭に犯人が指定される、倒叙ミステリに近い連作短編集。倒叙と違うのはどうあっても犯人が確定していることだが、これが非常に設定として面白い。銘探偵を更に極端にしたようなこの設定を上手く生かした傑作。ラストも凄い(笑)

  • いきなり犯人が名指しされる。それが正しいという前提で推理して調査するという、いかにも著者らしいミステリーらしくないミステリーの2作目。残念ながら、こういうのは1作だけでよかったと思う。

  • 「変な夢を見て努力を放棄したら、駄目になるだけだからな」

    気分転換に読んだ一冊。鈴木くんはやはり神様だった。全知全能である神様との問答はとても面白い。そう返すかー、と読んでいていつも感心する。

    バレンタイン昔語りが特に面白かった。

  • 淳は神様に愛されていたんじゃないかな。神様は決して公平じゃない。カインよりもアベルを愛し、ラザロの姉妹の中では姉のマルタより妹のマリアを愛し、十二人の弟子の中ではヨハネを特に愛したのだから。神様に見守られて、市部は名探偵として成長し、ワトソン淳はホームズと結ばれたのでした。めでたしめでたし。って、それにしては血が流れ過ぎ、人間関係崩壊しすぎだけど。

全4件中 1 - 4件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

さよなら神様はこんな電子書籍です

さよなら神様の単行本

ツイートする