12大事件でよむ現代金融入門 [Kindle]

  • 12人登録
  • 4.67評価
    • (2)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 倉都康行
  • ダイヤモンド社 (2014年10月17日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

12大事件でよむ現代金融入門の感想・レビュー・書評

  • 「それはポピュリズム政治が陥る常であり、「債務問題は貸し手責任」と議論をすり替えたことで、同国は再び国際金融の不信を買う事になりました。」

    一度破産した者は、再び破産する。それは国も同じ。自己管理ができないのだ。悪い習慣はその人間に根ざしている。それを取り除くには大変な苦労が必要だ。しかし、彼らにはできない。

    金融事件について、その背景や原因が考察されている本。読みやすくて面白かった。この本を読んだ感想が上記のものだ。ヘッジファンドが国に対して戦いを挑む話、ポンド売り、はダビデがゴリアテに向かっているようであった。

    ドイツがインフレを恐れ、”通貨は強くあるべし”と考えているのには納得した。

全1件中 1 - 1件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

12大事件でよむ現代金融入門を本棚に「読みたい」で登録しているひと

12大事件でよむ現代金融入門を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

12大事件でよむ現代金融入門を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

12大事件でよむ現代金融入門を本棚に「積読」で登録しているひと

12大事件でよむ現代金融入門の単行本(ソフトカバー)

ツイートする