JOHN WICK 海外版[Blu-ray][Import]

  • 26人登録
  • 3.53評価
    • (1)
    • (7)
    • (6)
    • (1)
    • (0)
  • 8レビュー
  • Lionsgate Home Entertainment (2015年発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 0031398211044

JOHN WICK 海外版[Blu-ray][Import]の感想・レビュー・書評

  • マスタングもっと見たかったし、アクションシーンは暗いシーンが多くて分かりにくかったけど、面白かった。

  • 観客のメタ認知を喚起するというか、後半、あーだんだん自分がバトル(銃撃戦)に飽きてきたな
    と思う瞬間がしばしば訪れる。とおもったら、ただの銃撃戦ではなくてDodge Chargerを操りながら人間を追いかけまわすバリエーションが展開されたり。

    様式美を重んじる古典的な映画。

  • も少しストイックな復讐譚なのかと思っていたが、それにしては詰めも甘く若干軸がぶれている感じ。失えないものを失った男同士の戦い、というにはシナリオが浅い感じ。オチもそれでいいの?とは思った。簡単な話の割に説明不足の部分も多く、若干しこりが残る。

  • 名画座で鑑賞、本日3本立ての目玉。
    撃って撃って撃ちまくる。曲芸的なガンアクションの連続でした。亡くなった奥様の最後のプレゼントである子犬を殺したから、69年型マスタングを盗られたから、伝説の殺し屋が復帰する。
    なんか動機が弱過ぎない?
    バカ息子を警護する部下は全滅、バカ息子はアップで写すこともなく頭をブチ抜かれて即死、ラスボスとは銃を捨てて殴り合い。ほとんど一つの組織を壊滅させていまいました。爽快だけどやり過ぎでは?
    死ななかったし続編有るのかな?

  • キアヌ萌えってこういうこと、だよねぇ!いやはや。ごちそうさまです!
    ちょっと演出に関しては過剰かな、と思うところはあるんだけれど、もうそんなもんどうでもいいや!大変に美味しゅうございました!ごちそうさまです!

  • 久しぶりキアヌ主演で良いのがきた

  • まさに「キアヌ・リーブス復活!」という映画。やはりこの人は演技派とかではなくて、アクション俳優なんだなということがよく分かりました。台詞は極端に少なくして、とにかく肉体で語っていく。それが本当に似合う人ですね。
    今回のアクションでは、敵を倒すのにかならず頭を銃でぶち抜くところがいいですね。撃つのはまず足、その次が頭。ボディを撃っても防弾チョッキをしている可能性があるからそこは狙わない。なるほどなぁと感心しました。
    ただ、最後の最後では頭を狙わない。そのところに男同士の友情みたいなものを感じさせて、それもよかったのであります。

  • [2015年作、劇場鑑賞]<ユナイテッド・シネマ札幌>
     いわゆる復讐アクションもの、華麗なガン・プレイが展開される。その働きは超人的だが・・・ウィレム・デフォーが主人公の友人としていいところを見せる。敵味方から中立しているホテルが面白い、「バイオ・ハザード」のセーブポイントみたいな趣きだ。

全8件中 1 - 8件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする