GODZILLA ゴジラ[2014] DVD2枚組

  • 237人登録
  • 2.90評価
    • (9)
    • (18)
    • (50)
    • (28)
    • (10)
  • 46レビュー
監督 : ギャレス・エドワーズ 
出演 : アーロン・テイラー=ジョンソン  渡辺謙  エリザベス・オルセン  ジュリエット・ビノシュ  サリー・ホーキンス 
  • 東宝 (2015年2月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988104095558

GODZILLA ゴジラ[2014] DVD2枚組の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 非常にDVD化を待ち望んだ作品でした。

    劇場へも足を運ばずこの時期を待ち望んでいた私でした。1954年の初代ゴジラに衝撃を受けて以来のファンの私には物足りなさを感じてしまう結果になってしまいました。

    1998年版GODZILLAの失敗に懲りて東宝が監修しただけ有って本家の想いを継承しようと云う意欲は感じる事が出来ました。しかしアメリカ人家族を登場させたことが焦点がぼやけてしまった様に思います。

    それにゴジラの姿を楽しめるシーンが少なく暗いシーンばかりが大いなる不満でした。ラストシーンのゴジラの姿と敵役のムートーにみまう怒りの一撃のシーンが結一の救いでした。

    私には98年版の方が楽しめたと思えてしまいました。

  • ちょうどアメリカ滞在時に上映されていて、アメリカ人に日本のゴジラと違うんでしょう?と聞かれたこと思い出します。んで、ほんと違うじゃん!

  • そういえばゴジラ観たな
    一ヶ月くらい前に…。

    印象薄…^^;

    日本版ゴジラへのオマージュは感じたが

    それしか記憶がない。

  • 色んな意味でアメリカナイズされた首のないゴジラ。
    端的に言うと「芹沢博士に謝れ」。
    第一作へのオマージュというより、怪獣プロレスになってからの延長線上。
    主人公も、いかにもハリウッド映画の主人公という感じで、自分の目的のために
    権限フル活用だし、日本人はなぜか日本語カタコトだし。
    日本の描写も『AKIRA』とか、『攻殻機動隊』みたいになってるし。
    「日本のスタッフ、ツッコめよ!」って思う。
    米軍と、共闘とかも違和感がある。
    良くも悪くもアメリカ仕様。
    エメリッヒ版よりマシ程度。

  • まあまあ。
    かつての特撮ゴジラとは別物。謎の生物として描かれている。ハリウッド的。

  • 2015/2/24 正義のゴジラ現るに期待してたのに…何だか 変な海獣の正体も暗いし見えにくいし、やっと現れたゴジラも出し惜しみですか?
    何故 自然調和の為に現れ 救世主怪獣になってくれたのかも謎ですが…もっと ちゃんとゴジラの存在見たかったなぁ〜ゴジラってタイトルなのに
    青い火を放つところはカッコよかった!あれで やっと画面が観えたくらい。惜しい ヒーローのゴジラをもっと前に出してほしかったし…暗いし
    何をやってるか分かりにくく…う〜む 期待外れ
    まぁ、こんなものなの?渡辺謙の「ゴジラ〜!」って言ってる部分だけ臨場感感じられたけど…期待のゴジラの姿が拝めないのが淋し…ラスト海に帰っていくのは良かったけど…ね。

  • 劇場で観てクソつまらんと思ったけど、BSで放映されたのでもう一度観たら良さが見つかるかな?と思って観たけど、やっぱりゲロ吐きそうなぐらいつまらんかった。

    劇場でも画面が暗かったけど、テレビでもなにやってるか全くわからん。部屋の電気消してもよく見えない。

    ツッコミ所が多すぎる。
    怪獣映画なんだからツッコミ所あってもいいけど、じゃあクソつまらんドラマパート削って怪獣バトルちゃんと見せてエンタメにしろやと。
    ドラマパート入れて、怪獣をあまり見せないリアルなパニックものにしたいんなら、怪獣は一体でいいでしょ。同じ方向性の『クローバーフィールド』はだから面白いのに。

    ムトーは夜行性だからか?と思ったら普通に昼間にも行動してる。
    核ミサイルをなんで腹に取り込んだのかがわからない。起爆しないと核反応してないのに。そこは置いとくとして、橋のシーンでミサイル1基無視してる。
    産卵の為なら、雌が孵化した核廃棄施設でずっと待っててそこに巣を作ればよかったのでは?雌がわざわざサンフランシスコまで移動する必然性がない。雄は羽ついてるのに!

    主人公がサンフランシスコに帰りたいのか、爆弾を解体したいのか、親の復讐をしたいのか、何をしたいのかがよくわからない。そして本職である爆弾の解体してないから全くの役立たず。結局爆発してるんなら最初から洋上におびき寄せればいいのに。

    親子の絆とか愛の話が全く活かされてない。主人公はムトーの子どもを躊躇なく大量虐殺する。てか嫁のオルセンちゃんはさっさと避難しろ。

    ケンワタナービーはなんでそんなに怪獣プロレスをさせたがるのか。サンフランシスコ壊滅するだろ。てかしたけど。

    唯一好意的に解釈できるのは、ムトー=震災と捉えると、ゴジラは日本。つまり、アメリカは原爆で日本を倒そうとした。でも戦後復興を遂げて経済大国になった。ゴジラが最初に現れるのがハワイなのも、真珠湾攻撃を連想させる。
    ムトー(震災)にやられてボロボロに傷ついたけど、ラストシーンのゴジラみたいにまた何度でも立ち上がってくれ!っていうメッセージ。
    でもそのわりに核の扱いが雑だし、ゴジラの生い立ちが変わっちゃってるので萎える。「震災って怖いよねー」って西海岸からまさに対岸の火事として他人事で眺められてるような感じ。カリフォルニアにも原発あるし、サンフランシスコ大地震だってあったのにね。

  • USAゴジラ2作目、レンタルで借りて観終わりました。

    1作目はマグロ食うわ動きめっちゃ早いわミサイル攻撃で簡単に死ぬわと要するに図体がデカいだけの只のイグアナだったので、今回はどんなのが来るのかと思っていたんですが、

    まさかのVSシリーズ!

    そう来たかー。

    というわけで、今作のあらすじを一言で言うと「ゴジラvsムートー(M.U.T.O)」です。コウモリみたいにバサバサ飛ぶ、♂♀がある怪獣ムートーをゴジラが倒します。最後は倒して海に帰っていきます。

    うん。立派なVSシリーズ作品ですね。
    ここまでちゃんとリスペクトして、ここまでしっかりVSシリーズ的な作品を作ったというのは、非常にいいと思いますね。「ゴジラ作品」としては出来が悪くないどころか、なかなかに良いです。造形についても、「ん? デブくね?」というとこ以外はそこそこゴジラらしいゴジラでしたし、ムートーに関しても製作スタッフの気合が伺えるいいビジュアルでした。

    ただ、如何せん肝心の怪獣登場シーンで画面が暗過ぎる。戦闘シーンさえ、何が起こっているのかほとんど分かりませんでした。ただでさえ視力が良くない目を頑張って凝らさんならん(でもやっぱりよく分からん)のはキツかったなぁ。確かにムートーの能力が「電子機器に障害を与える」という性格上、ほぼ一切の明かりがない中での戦闘になるというのは理があることなんですが……。
    「お前ら! せめて日が昇ってるときに戦え!」
    と若干イライラしたのは私だけではないと信じたい。

    それにしても、USAゴジラを観ていると、こうもお国柄ってはっきり出るもんだなぁ、と思いますよね。今作だと、例えば、カップルが再会したときにまず熱い抱擁とキスをするのがUSAなんですが、ムートーまでキスしちゃうとか。あとは、日本にある主人公家族の生家とかね。「お前ら日本に住んでんだろ? そこまで外人向けのお土産みたいな品々で部屋を満たさなくていいだろう!?」と。

  • うおおゴジラキター!
    ってやっぱりテンションあがる。
    子どもの頃と同じように応援してしまう。

  • 冒頭の日本庭園の美しさや、夫婦が防護扉で別れるところは良いシーンだった。渡辺謙の演技はアメリカ人に囲まれていても全く違和感なくてすごい。肝心のゴジラは1時間たってやっと登場。スケールの大きさを表すためなのか、あんまり全身映らないので、よく見えない感がもどかしかった。主人公はアメリカが望む理想の兵士の姿を描いてるのかなと思った。家族思いで任務に積極的で忠実、しかも不死身。

全46件中 1 - 10件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

GODZILLA ゴジラ[2014] DVD2枚組を本棚に「観たい」で登録しているひと

GODZILLA ゴジラ[2014] DVD2枚組を本棚に「観終わった」で登録しているひと

ツイートする