最貧困女子 [Kindle]

  • 167人登録
  • 3.78評価
    • (12)
    • (28)
    • (22)
    • (2)
    • (0)
  • 20レビュー
著者 : 鈴木大介
  • 幻冬舎 (2014年11月7日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (113ページ)

最貧困女子の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ここ何年か女性の貧困がしばしば取り上げられるが、その中でも特にセックスワークに従事する貧困女性に注目する。そうした女性たちの貧困は不可視状態、つまり貧困として補足されづらい状態にあり、その結果、行政や社会の救済の手から漏れ落ちてしまう。そうした彼女たちの実際を、多くのインタビューにより明らかにしていく。
    彼女たちに共通するのは3つの無縁と3つの障害だと著者はいう。3つの無縁とは家族の無縁・地域の無縁・制度の無縁、3つの障害とは精神障害・発達障害・知的障害だという。もちろん、無縁や障害とは無関係にセックスワークを選択する女性もいるだろうが、そうでない女性たちの中にはそうした無縁や障害のためにセックスワーク(特に違法な売春行為)に絡め取られる者も多い。彼女たちにとってセックスワークは生きるための一種のセーフティネットとして機能するが、それはまったく不完全で不健全なものでしかない。確かに一時の食事、一時の宿を得るのには役に立つが、長期的なセーフティネットにはなり得ずしばしば貧困が継続してしまう。そうした救済から漏れた最貧困の女性たちの姿には、自己責任論で済ますことのできない問題が浮き彫りになる。彼女たちをどのような形で救済していくのか、それは極めて難しい。本書でも一応の解決策を提示してはいるものの、必ずしも包括的でなく、また現実的でもない。対応策の議論としてはまだまだ不十分。とはいえ、こうした可視化されないこの問題を目に見える形で提示したことには、問題提起として意義のあることだとは思う。

  • 金もなく、縁もなく、知力にも恵まれず、傷だらけで放置されている女性たちのルポ。セックスワーカーのあいだでのあまりの格差の大きさが衝撃的。

  • あっという間に読了。こういう実態は存在すると仕事柄薄々は感じていた。ただ、何よりセーフティネットにすら入れない惨状に胸が痛くなる。
    著者の胸が痛すぎてこれ以上追えなかったという文に、彼の実感と本音がこもっていて、じわじわとくる。

  • 一介のルポライターである著者が、セックスワークをせざるを得ない貧困女性を中心に密着取材を重ね、彼女らを取り巻く環境や人間関係、生きづらさを渾身を振り絞って書き記した力作。

    まえがきから抜粋するが、著者による考察として、人が貧困に陥るのには低所得に加え「三つの無縁」と「三つの障害」があると言う。

    前者は「家族の無縁・地域の無縁・制度の無縁」、後者は「精神障害・発達障害・知的障害」である。

    例えば、同じ年収125万円前後でも、プア充やマイルドヤンキーと呼ばれるように、非常に生き生きとした生活を送る女性がいる一方、何人も子供を抱えて生活保護を受けるシングマザーもいる。

    ショックだったのは、売春を選ばざるを得ないシングルマザーの中に、正にその場から排除を受ける人がいるという事実。

    容姿に恵まれ、正社員の地位がありながら、小遣い稼ぎのために週一のペースで性風俗の仕事に就く女性。十代で家出をして、非行を繰り返し、そのまま風俗業界へ入り抜け出せない元少女。

    競争が激化する風俗業界にあって、若さや容姿に恵まれない女性は容赦なく切り落とされるのだ。

    「風俗の世界へ足を踏み入れるのは自己責任だ」「風俗は稼げる仕事だ」、これは現代では明らかな間違いである。

    貧困の底辺で喘ぐ女性たちは、また一方で非常にやっかいな性格で、かわいくないし、扱いづらく、近寄りがたいのである。筆者のように、日常的にアンダーグラウンドの世界に密着している人間であっても、数十分も接していれば気が滅入ってくるのだ。それだけに、彼女らの存在は見えづらい。



    最後に、あとがきから抜粋。

    『抱えた痛みは同じなのに、なぜ彼女らを救おうとするものがこれほどまでに少ないのか。彼女らを放置することは、例えば同じ病院の待合室で同じ病気で苦しむ人々がいるとして、一方を診察室に入れ、一方を放置する状態となんら変わりない。果たしてこれが正しい社会とはとても思えないし、これを見過ごすことは絶対的に悪ではないのか』

    この正義感と使命感に心を打たれた。

  • とても意義のある問題提起だったと思う。
    (学童のくだりは目から鱗というやつだった)
    読んだからと言って何ができるわけでもないんだが……。

    新書を読むのに目元を拭いたのは初めてだ。
    正直読みたいのに読み進めるのが辛かった。

  • 再貧困の女子は、稼ぐ能力の低い女子は、地縁・血縁を消失すると本当の貧困になってしまうという書籍。
    更にルックスが良ければ夜の商売で稼げるが、更にルックスも×となると、もう救いようがない状態となる。
    とても悲惨な女性がここにはいるが、これを性をとわず、再貧困の人たちの状態なのだとも思う。
    一方で、北関東のプア充女子の生活力には驚いた。年収150万円でも地縁・友縁を駆使して何不自由なく、充実した生活を送っている女子も、初めて知るライフスタイル。人間、人間関係がいかに重要かがよくわかりました。

  • 問題の根深さがよくわかった。が、実際的かつ有効な対応策が見つからないことが読んでいて本当に苦しい。とはいえ、こうした状況を広く一般に知らしめたという点だけでも価値のある著作だろう。

  • 「一方で貧困とは、低所得は当然のこととして、家族・地域・友人などあらゆる人間関係を失い、もう一歩も踏み出せないほど精神的に困窮している状態。」

    体を売り、一日を生きていく女性に焦点を絞った本。
    興味深く、久々にどんどん先を読みたいと思った作品。

    著者は、貧困は自己責任ではないと言う。この本に出てくる女性たちの多くは知的に障害を持っており、貧困に陥っている。私は貧困は自己責任の部分が大きいと考える。しかし、本書で自己責任ではない、と言われているのはもっともである。なぜなら、知的障害に起因する貧困は自己責任ではないからだ。知的障害者をサポートする社会作りが求められるが、障害故の貧困を一般的な貧困と同じくくりで扱うのはよろしくないと思われる。

  • 「当世売春事情」というところか。週刊誌的な内容。
    格差問題などの内容を期待して読むと辛いかも

  • 貧困やセックスワースと知的障害の関係など、新たに知らされることは多かったし、田舎出身者としていわゆるマイルドヤンキー層のリアルな声を読めたのはおもしろかった。

    貧困女子のセーフティネットであるセックスワースを法的に認め、その代わりに最低限の労働環境を整える。日本では難しいかもしれないが、個人的にはそうなって欲しいと思う。

全20件中 1 - 10件を表示

鈴木大介の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊賀 泰代
ジャレド・ダイア...
有効な右矢印 無効な右矢印

外部サイトの商品情報・レビュー

最貧困女子を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

最貧困女子を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする