ウォーキング・デッド4 DVD-BOX-2

  • 27人登録
  • 4.33評価
    • (7)
    • (2)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 9レビュー
監督 : ゲイル・アン・ハード 
出演 : アンドリュー・リンカーン  ノーマン・リーダス  スティーブン・ユゥアン  チャンドラー・リッグス 
  • KADOKAWA / 角川書店 (2015年1月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988111247445

ウォーキング・デッド4 DVD-BOX-2の感想・レビュー・書評

  • このシーズンはさらに面白かった。
    許す、難しいことだけど、良かった。
    次のシーズンも楽しみ。

    ゴッサムのあの人が出てきてビックリ!ちょっとだけど。

  • [鑑賞方法:レンタルDVDにて]

    ■一言
    ハーシェル~っ! いい爺さんだったのになぁ。

    ご冥福をお祈りいたします……。( ノД`)シクシク…

  • リックの"They're screwing with the wrong people"に全くその通りと思った。リジーのこともどうしてああいう子に?と。グレンとマギー再会時にはホッとして涙が出た。しっかし、あの建物のやつらはいかにもカルトっぽい顔だったよね(笑)

  • 続きが気になる。

    好きなドラマの一つ。
    今までの物語に見合った終着点を見つけられると良いね。

    今シーズン最終話で挟まった、ハーシェルとの会話。
    あんな楽園を築けたら良いのだろうけど。

    しかしゾンビ映画は何であれ、本当にうつ状態になりかねないほど人間社会を再認識させてくれる。

    人は変われると力説したリック。
    変わったと思われた総督が、結局は暴力を振るいどちらも不幸になる。
    どんな理想も暴力には敵わない。

  • 14話、シャレならん。
    huluが最速配信の権利?だかなんだか取れなかったようで、シーズン5まで約11カ月、他のドラマを観て過ごすことになるのだった。

  • シーズン4は、生活基盤だった「刑務所」内で集団感染に脅かされたり、元総督に逆襲されたりで、全員散り散りに「刑務所」から去ることに。次の「終着駅」までを描いたストーリー。それぞれに物語や人間性の背景があり、やっぱり面白いです。
    サイコパスの女児が印象的だった。そして総督の悪役っぷりも。

  • 中休み的なシーズンだと思っていたけど、リジーの話が思わぬ鬱展開で衝撃を受ける。

  • 第9話 「 そして、独りに (After) 」
    第10話 「 生存者たち (Inmates) 」
    第11話 「 危険なよそ者 (Claimed) 」
    第12話 「 本音の杯 (Still) 」
    第13話 「 孤独と温もり (Alone) 」
    第14話 「 正気な狂気 (The Grove) 」
    第15話 「 トンネルの彼方へ (Us) 」
    第16話 「 終着駅 (A) 」


    シーズン後半は散り散りバラバラでのロードムービーになって退屈。

    ただし14話「正気な狂気」は別。テレビドラマではありえない展開に絶句する。マジでキツい。ミストのエンディング級にキツい。

  • シーズン5の前半終了。
    終着駅→白十字病院
    どこ行っても、うまくいってない。
    シーズン5終了。
    病院→アレキサンドラ
    だんだん飽きてきた

全9件中 1 - 9件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ウォーキング・デッド4 DVD-BOX-2はこんな映画です

ツイートする