Number(ナンバー)866号 「通訳日記」で読み解く14の教訓 ザックジャパンの遺産。 (Sports Graphic Number(スポーツ・グラフィックナンバー))

  • 24人登録
  • 3.60評価
    • (2)
    • (2)
    • (6)
    • (0)
    • (0)
  • 5レビュー
  • 文藝春秋 (2014年11月27日発売)
  • Amazon.co.jp ・雑誌
  • / ISBN・EAN: 4910268521246

Number(ナンバー)866号 「通訳日記」で読み解く14の教訓 ザックジャパンの遺産。 (Sports Graphic Number(スポーツ・グラフィックナンバー))の感想・レビュー・書評

  • 期待されての惨敗という点では、2006ドイツのときと同じ結末。成績もほぼ同じ。中田・本田という孤高でカリスマな存在を頂点にしたピラミッド。

    どうしても、何かしら共通点を見つけて「やっぱりな」と結論付けたいのが、論客気取りの悪い癖です。
    ドイツのときは、不協和音を抱えたまま挑んだことで歯車かみ合わず。
    ブラジルでは、兆しに気づきつつも、対処する時期を逸したことが、敗因なのかなと。

    長い眼で見るのであれば、好不調の成績繰り返して、競合国へとなっていくわけなので、間違ったサイクルではないのかな、と思いますけどね。アジアでは、王者の風格で予選突破できるだけの力を蓄えてきたのだから、この先は、世界で戦える力を蓄える雌伏の期間でしょう。

    艱難辛苦の果てのブレイクスルーで、歴代優勝国と肩を並べることが出来るはず。

    具体的なアイディアよりも、概論みたくなってますな。

  • 通訳日記買いました!

  • 矢野さんの「通訳日記」を舞台に、ザックジャパンの遺産とそこであった問題点を探る連動企画。面白かった。まさに”善意と差異を記した貴重な資料だと思う。
    オマケで、「スポーツ仕事人」のコーナー、風間さんの娘さんが美人…。

  • 通訳日記を読んでみたくなった

  • 2014/11/28 近所のコンビニにて購入。
    2014/11/29〜12/4

    結果論になるが、ドイツ大会といい、ブラジル大会といい、期待はずれだったときには、チーム内の不協和音的なものがでてくるな。個人的には大久保を招集したのが、ザックを日和らせたのでは、と思う。しかし、この通訳日記は面白そうだ。

全5件中 1 - 5件を表示

Number(ナンバー)866号 「通訳日記」で読み解く14の教訓 ザックジャパンの遺産。 (Sports Graphic Number(スポーツ・グラフィックナンバー))を本棚に登録しているひと

Number(ナンバー)866号 「通訳日記」で読み解く14の教訓 ザックジャパンの遺産。 (Sports Graphic Number(スポーツ・グラフィックナンバー))を本棚に「読みたい」で登録しているひと

Number(ナンバー)866号 「通訳日記」で読み解く14の教訓 ザックジャパンの遺産。 (Sports Graphic Number(スポーツ・グラフィックナンバー))を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

Number(ナンバー)866号 「通訳日記」で読み解く14の教訓 ザックジャパンの遺産。 (Sports Graphic Number(スポーツ・グラフィックナンバー))はこんな雑誌です

ツイートする