トランストリップ [DVD]

  • 22人登録
  • 2.92評価
    • (1)
    • (2)
    • (7)
    • (1)
    • (2)
  • 6レビュー
監督 : セバスティアン・シルバ 
出演 : ジュノー・テンプル  エミリー・ブラウニング  マイケル・セラ  カタリーナ・サンディノ・モレノ 
  • 松竹 (2015年2月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988105069787

トランストリップ [DVD]の感想・レビュー・書評

  •  友人と友人の友達数名とチリにやってきた若い女。友達が突然抜けてしまい、知らない人達と過ごす彼女は不安に陥っていく。。。

     タイトルからひたすら薬でトランスになる映画なのかと思ったが全然違った。
     最初は友達の友達が変なヤツで怖いって話かと思いきや、だんだんと不安定すぎる主人公の女の子が怖い感じになっていき、最後はまさかのシャーマンによる治療が始まってしまうというまた違った怖さへと、怖さがどんどん移っていく。
     得体のしれないなんともいえない気持ちの悪さと怖さがあって、これはホラー映画にカテゴライズされるものだと思う。

  • 精神的に不安定な少女に対して
    皆それぞれの理由から、信用せず、気配りせずに
    振る舞ってしまった結果、最悪の事態を招いてしまう。

    まぁまだ十代か二十代前半の若者たちが主人公だから、
    誰が悪いとか、誰の責任だとか、言いにくいんだが
    無関心こそが一番怖いんだよ…
    少しだけ真剣に向き合ってあげるだけでよかったのに…

    チリなんてどんな国か全然知らないけど、いまだにこんな呪術、まじない、祈祷…そんなのが現役バリバリなんですね。それはそれで衝撃的でビックリ。

    ほんの少しの心配り…
    それが主題かな、重い内容でした。

  • ○日本語字幕
    ×日本語吹き替え



    常に不安で常に不気味。
    びっくりするほどの胸糞悪い映画、なのに目が離せない。
    だってどうなるか観たいから。
    どこかで助かるんじゃないかと思ってるから。
    いろいろあり得ない。最初からあり得ない。
    悪いことが何度も重なって最悪な状態に。
    なにかひとつ違ければ、ひとつ変われば最悪は回避できたかもしれない。
    暗い気持ちにさせる作品。
    言葉は通じなくても悪意は伝わるってこと。

  • 「箪笥」のリメイク「ゲスト」の主演女優も出演。
    アリシアの情緒不安ぶりが怖い。
    こんなに具合が悪そうなのに、家に帰さないってなに?まともなのはサラだけか・・・って感じ。

  • 観る人を不快にさせるのが目的であれば、監督の狙い通りですね。ブリンク役なんか褒めてあげたい。また、アリシアの繊細すぎる役柄も催眠術でセクシーに踊ってみせる演じ分けなんか、いい演技です。支えになっているようで肝腎なところでなっていないサラの演技もグッドです。姉さんもマル。俳優陣は頑張ってましたね。でも、とても不快な映画です。

  • 終始怯えた表情を見せ続ける主演のジュノー・テンプルが良い演技をしていますね、脇を固めるブリンク役のマイケル・セラも見た目といい言動といい与えられた役割を十分にこなして不快感を与えてくれていると思いました(笑
    暖炉の火であったり、鳥の亡骸であったり、映像の質感やスローな動きで印象的にみせるシーンがトリップ感を演出するのに効果的だったと思います。特別刺激の強いシーンがあるわけでもないですが、ちょっとした悪意や無責任な善意が散りばめられていて良い按配。体調の優れない時にみると余計に具合を悪くするかもしれない、そんなネガティブ感情の引き出し豊富な本作は、不快な感情を上手に引き出してくれるなかなかの良作だと思いました。

全6件中 1 - 6件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする