屍者の帝国 (河出文庫) [Kindle]

  • 159人登録
  • 3.23評価
    • (3)
    • (15)
    • (21)
    • (6)
    • (2)
  • 16レビュー
  • 河出書房新社 (2014年11月6日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (405ページ)

屍者の帝国 (河出文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 映画はずいぶんわかりやすいように改変されていたんだなぁー、と驚いた。ハダリーの能力とか映画見てなかったら正直よく想像できなかっただったろうな(;´・ω・)結構難解なのですが死者が労働力となる世界>>都合のいい労働者を生み出すために霊魂を上書きしてしまう という技術の応用はいかにもありそうだ。「それは私がやり残したことじゃない。私の意識がやり残したことさ」というのが伊藤計劃のメッセージのようにも見え、また遺稿を引き継ぐというえらい仕事を任せられた円城さんが苦渋の果てに見出した答えのようにも思う。

  • 伊藤計劃の名前につられて購入。
    なんとなく読み飛ばしていたので、完全には理解できていないかもしれない。
    とにかく話がわかりづらい……。
    ただ、読んでいる間ワクワク感を覚えたのも事実。
    舞台は産業革命時のイギリスからロシア、日本など世界各地に広がり、
    ゾンビ物と思われたテーマは、いつの間にか世界の存亡(?)につながっている――。
    風呂敷の広げ方とたたみ方、そして発想はすごいなあ。

  • とても上から目線のコメントで申し訳ないです。でも、正直な感想です。そもそも、私は伊藤計劃さんの映画が公開されるというのがきっかけで本書などを読み始めました。「虐殺器官」から「ハーモニー」、そして本書をと、発行順に読んできました。3作品を比べると、明らかに本作品は伊藤計劃さんのテイストというか色が薄いのです。違う色だと言った方がいいかもしれません。もちろん、ほとんどの部分は円城氏が執筆しているのだから仕方ないのですが。そんなわけで、伊藤計劃さんの作品として読もうとするのはやめた方がいいです。

    ところどころ、あえて伊藤計劃さんを意識した文章もあります。意識の定義みたいなものは「ハーモニー」のそれのようだし。生きている者と死んでいるものとの絡め方は伊藤計劃さんの考えに近いのかなと感じます。

    最初に書きましたが、読み方としては、伊藤計劃作品というのを忘れた方が楽しめます。単体の作品として良くできているので、円城さんの作品として楽しむべきなのでしょう。そうしないと私のように何か物足りなさを感じてしまうので。

    最後に、伊藤計劃作品として読もうとする人は、読む順番を考えた方がいいかもしれません。もしかすると、最初に本書を読んで、次に「虐殺器官」、最後に「ハーモニー」と続けるのが、個人的には良いと感じました。「ハーモニー」を最後にするのがポイントです。

  • 屍者にプログラムをインストールするという発想は面白い。
    けど、書いてあることが哲学的で難しくて、よくわからんかった・・・

  • これもまたすごい話だ。死者がよみがえる世界で、主人公が迫る「人間の意識とは、魂とはなにか」という問い。難しい話も多いがしかし小ネタも多く、登場人物も魅力的なので一気に読めた。

  • きつかった

  • 面白いのだけど私には難解すぎました。また折を見て読み返したいと思います。

  • 2015/12

  • 伊藤計劃三部作という気持ちで読み始めたが、少し読み進めた時点で彼のエッセンスを残しながらも円城塔作品なんだなあと実感して意識が切り替わったような気がした。円城塔は「道化師の蝶」のイメージが強かったので、彼がこれほどエンターテイメント性の強い作品も書けたのだと言う事に少し驚いた。綿密に練り上げられた設定と目の離せない巧みな展開に引き込まれ、時折織り込まれる歴史や先行作品の小ネタ、『ディファレンス・エンジン』の影響などにニヤリとさせられたのも印象的だった。

  • 難しくよくわからん

全16件中 1 - 10件を表示

伊藤計劃の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
野崎まど
又吉 直樹
伊坂 幸太郎
米澤 穂信
有効な右矢印 無効な右矢印

屍者の帝国 (河出文庫)に関連する談話室の質問

外部サイトの商品情報・レビュー

屍者の帝国 (河出文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

屍者の帝国 (河出文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

屍者の帝国 (河出文庫)の文庫

屍者の帝国 (河出文庫)の単行本

ツイートする