ホビット 決戦のゆくえ ブルーレイ&DVDセット(初回限定生産/3枚組/デジタルコピー付) [Blu-ray]

  • 209人登録
  • 3.83評価
    • (26)
    • (45)
    • (37)
    • (4)
    • (0)
  • 44レビュー
監督 : ピーター・ジャクソン 
出演 : イアン・マッケラン  マーティン・フリーマン  リチャード・アーミティッジ  エバンジェリン・リリー  リー・ペイス 
  • ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント (2015年4月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4548967164107

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

ホビット 決戦のゆくえ ブルーレイ&DVDセット(初回限定生産/3枚組/デジタルコピー付) [Blu-ray]の感想・レビュー・書評

  • 映画公開初日に朝から見に行きました。

    レゴラス無双です。彼はマリオになりました。初めて、矢が切れます。原作に書かれていない部分を映画で描写したり、細かく書かれていないのでわけわからんちんになっているところがあります。そもそも、レゴラス、原作には出てませんしね。タウリエルいませんし、まさかの三角関係の終末でした。

    最後は原作通りにビルボとガンダルフとバーリンの会話があった方が良かったとおもいます。ラストが尻窄みしてました。

  •  ロード・オブ・ザ・リング前日譚三部作最終作。

     この新三部作はどうなんだろうなぁ。。。確かにファンタジーアクションとしては高いレベルにあるとは思う。奇想天外で壮大な戦闘シーンは確かに魅力的。
     ただ、盛り上がりに欠けるというかロード・オブ・ザ・リングの焼きまわし感が強いんだよなぁ。。。テーマとしては似てるし、話のスペクタクル感は前作の方が大きいしであんまりこの三部作に必然性がないんだよなぁ。。。

     あと、三部作って一作一作をしっかりと単作としてつくらないとダメだと思う。特に二作目が話が途中で終わって中だるみ感が強く盛り上がりを削がれた。

  • 2D字幕,劇場鑑賞>ん~まぁそうなるのか。って感じ。指輪程の感動はなかったな。EDロールのスケッチ画が非常に素敵♪風呂敷広げた割に回収できてない?いくつか腑に落ちない点が色々と…アーケン石はどこへ?戦さ後の皆のその後。。ビルボ戦ってなくない?ガンダルフ魔法使わん…。ベネさんスマウグ呆気なさ過ぎ!もっと強いだろ!今回はラダガストが大健闘☆白サルマン爺が年齢の割に無双☆冷たくて嫌な感じのエルフ王はやっぱり美形ww戦さは迫力あり。影やサウロンとの戦いが胸熱だったわ~wまた指輪物語を見直したい。
    氷上でのアゾグとトーリンの戦闘シーン。アゾグが自分で足場をフルボッコにしてて1人オタオタ…何やってんの??……と不思議だった…でも相討ちかぁ~。トーリン推しとしてはトーリンが死んだのはちょっと切なかったな。キーリとタウリエル嬢との恋愛要素はあんな結末…でも短い時間でのあの恋はちょっと無理クリな気がする。。レゴラス相変わらず無双wwゲームみたいだわw森の奥方,ガラドリエルを本気で怒らすと怖くて最強。

  • 良かったなぁと思うのに旅が終わると妙な寂しさに襲われるものですね…
    毎回思うんだけどエルフは髭を生やしちゃいけない決まりでもあるの?

    スマウグがあっさり死んでしまったけど今回のメインは五軍の戦いだから仕方ないか…そういう意味ではなぜこの邦題にしたんだろう?
    バルドが首領になってデイルの街が再び栄えるといいな。そして森のエルフともはなれ山のドワーフとも交流し続けていってほしい。

    黄金病?に侵されていくトーリンが怖い人になっていく。心配するバーリンの姿が辛い。でも一応上司というか王様だから強く言えないのよね。
    ビルボとトーリンがドングリの話をしているところが本当に好き。いかつい王様であるトーリンの顔がビルボの友達としての優しい顔になる一瞬がすごく好き。ビルボなりに考えて友達であるトーリンを説得したいからびっくりするような行動に出るところがホビットじゃないとできなかったことだよなぁと思う。ホビットの勇気には本当に驚かされる。「僕の知っているトーリンは約束を守る男だ」とか「仲間の忠誠を疑うなんて」とかトーリンに言うなんて旅が始まった当初のビルボでは考えられなかった。

    砦を自ら壊してやっと戦に突入する時の曲が最高にかっこいい。タイトルはドゥリンの子だっけ…?戦に加勢するトーリンを見ると、やっぱりエルフよりもドワーフって誇り高い種族なのかも。
    2作目でトーリンがレゴラスの背後のオークに剣投げて助けた(と言ってもいいんだろうか)描写の逆バージョン、トーリンがオークに追い詰められているところでレゴラスが剣を投げて突き刺す、お互いもちろん助けたなんて意識はないんでしょうがすごくいいシーンだった。
    なんというかLOTRよりもホビット2よりもレゴラスのアクションがすごいことになってきている…スランドゥイル王がアラゴルンを探せって言った時に流れる旅の仲間のbgmは鳥肌もの。PJよく分かってる!

    よくレビューサイトとかでタウリエルが批判されているどころかいらないと言われてるのが悲しい。そりゃこのシリーズに恋愛はいらないかもしれないし(ドワーフとエルフの恋なんて!と思うのかな?)原作にいないキャラだし…でもまぁ原作通りの映画なんてなかなかないし、何より戦う女性エルフってかこいいと思う。あの赤毛に深緑の衣装が本当に綺麗に映える。キーリが死んだ後はタウリエルも死んじゃったんじゃないかなぁと勝手に予想。エルフは悲しすぎると死んじゃうみたいなので…

    最後の最後でトーリンが気づいてくれてビルボに謝ることができて本当に良かった。王様として死ぬんじゃなくてビルボの友達として死んだのかと思うと良かったとも悲しいとも思える。あれは泣くわ…

    やっと袋小路の屋敷に帰ってこれたというのに明るい表情じゃないビルボの気持ちは複雑なんだろうな。指輪のことももちろんだけど旅で起こったいいことも悪いことも、安全な家じゃ体験することもできない。1作目でガンダルフが言ってた「戻れても元の君ではなくなる」ってこういうことですね。
    最後はLOTR1のあのシーンに繋がるいい終わり方だなー!と思うんだけど、原作通りガンダルフとバーリンが遊びに来てくれるところで終わって欲しかったなぁとも思う…
    本当に素晴らしい映画でした。またLOTR観たくなっちゃうじゃない!!

  • ホビット庄に帰って来てあののどかな曲がかかるとほんとにほっとする。
    あの曲を聞くと何故か涙がこみ上げて来るんだよなあ。
    この後ロードオブザリングを見直したい所だけれどもなかなか時間が無いのがね。

  • 3部完結、ホビットの大冒険でしたね。最初、欲望がテーマかと思ったら、なんかあっさり真人間に戻り、拍子抜けでした。山場は決戦ですね。結構、主要人物を殺したり、悲恋物語にしたりで、海外の児童文学は、安易にハッピーエンドにしないもんですね。

  • ホビット3部作完結。
    第2部との間が空いていたので、ちょっと忘れているエピソードがせてくるが(ガンダルフがなぜ囚われている?)、そういうのはあまり気にならない。
    ドワーフの王トーリンがいきなりダークサイトの落ち、そしていきなり復活するという結構強引な感じだったが、それはそれでいいのか?
    集団での戦闘シーンはやはり迫力があり、盛り上がる。どういった援軍が来て最後形成をひっくり返すのかと思っていたら、大した援軍でもないけどひっくり返しちゃいましたね。
    それはそれでいいのか?
    でも結局ロードオブザリングには及ばないのは仕方がない。

  • ホビット3部作の最終章にしてロードオブザリングの前日譚がようやく完結。毎回、前作の記憶が薄れゆく中で観るのでストーリーや人物像はあやふやなまま。それでも迫力のある戦闘シーンや、おぞましい怪物でなんとか最後までは観れる。最終章にしてはいまひとつ盛り上がりに欠けた。

  • ★★★☆☆
    時間と空間の概念がハチャメチャ
    【内容】
    各種族の決戦が始まる。

    【感想】
    当初考えていなかった、3作目。
    前作の「そこで終わるのーーーーー」から始まるのですが、ドラゴンが前座扱いで可哀想です。
    これならドラゴンまでを2作目に入れて、「これから戦争になるぞ・・・・」で軍隊がザクザク歩いているシーンで2作目を終わらせるべきだったと思います。

    とにかく、時間と空間がめちゃくちゃで、山の上に飛んでいけちゃう感じになったり、なんか瞬間移動してる感じになります。

    んで、クマはいったい何者なんだろうか。。。。。。関連シーンなんてなかったような。

    全体的に商業に目がくらんだ感がアリアリな3作目でした。

  • んーちょっと自分の好みからするとアクションCG巨編過ぎ。原作は子供向けなのに地味なところがいいと思っているので、まあ第三部は原作と分けて考えたほうがいいのかな。でも最後までビルボの表情は良かったしアゾグなんかもっと良くなってたから、三部見通した満足はあった。

    ガラドリエル様が貞子みたいになってたのはどうかと思うけど意表は突かれた。スマウグが死ぬ瞬間に目の光が消えるところもかっこよかった。

  • ロードオブザリングを引きずりすぎでは?
    王の尊厳を取り戻すところは良かったかな。

  • この作品の素晴らしさは、その雄大な自然そのものではないだろうか。指輪物語でも同じく、眼を奪う雄大で圧倒的な美しさにただただ見惚れてしまう。こんな場所が地球の何処かにあるんだって、行ってみたいって、そういう気持ちにさせますね。
    エンターテインメント要素だけではなく、自然の美しさや厳しさ。誰かと誰かが争うことの悲惨さや愚かさなどいっぱいいっぱい詰まっていて引き込まれてしまいました。本当に素晴らしい作品です。

  • 指輪物語の最終章。
    バギンスの、眉ひとつ動かすだかけで感情をあらわしたり、他の俳優さんも、間や背中で演技するところが、すごい好き。
    基本的には原作派なんだけど、ここまで、映像で楽しませてくれる映画は、なかなかないですよね。

  • 1作目はどうなることやらと心配だったが、どんどんハマって一気観した。
    トーリンとのお別れの場面泣いた。マーティンいい演技するぜクソ。
    結局何やってんアルフリド。憎めん。
    戦争の悲惨さを説教臭くなく感じられる。ラブ&ピース。
    いよいよ原作を読む準備が整った!はずだ。

  • 2部まで見たなら、第3部も観てやる、ってことで、意地の鑑賞。

  • とりあえず完結。

    話自体は少なく、アクション主体。
    メインのアクションも
    特に目新しさは無い。

  • 再鑑賞。子どもたちを守るバルドがひたすらカッコいい父ちゃんだなぁ。主役はもちろんビルボなんだけど、登場人物それぞれの背負ってる役割が魅力的過ぎて自分の中でメインが次々入れ替わる。
    トーリン正気に戻ってからの展開は片時も目が離せず。総力戦にただただ夢中。
    時間ができたら、ホビット三部作からロード~三部作と一気に続けて観ようっと。

  • 前2作の物足りなさを補って余りある快作。前作で大暴れした竜との対決が本作の目玉かと思いきや、最初の15分であっさり死ぬというまさかの展開にぽかーんとしてしまいましたが、クライマックスの合戦シーンが盛り上がること、盛り上がること。5つの軍勢が入り乱れるという壮絶な戦闘のなかで、前作で出てきたときはこんな重要な役になるとは思えなかったバルド(ルーク・エヴァンズ)の勇猛な戦いぶりとイケメンぶりが光る。そんな状況でタウリエルとレゴラスはどこで何やってんだと思ったら、窮地の場面で颯爽と登場して溜飲を下げる活躍。一方で、前シリーズにおけるアラゴルン的存在であるはずのトーリンがダークサイドに堕ちるヘタレぶり。ホビットの仲間も次々死ぬし、壮絶で目の離せないクライマックスでした。

    前シリーズに較べるといまひとつ物足りなさを覚えていた本シリーズですが、「終わりよければすべて良し」とはこのことか。

    「ホビット 思いがけない冒険」
    http://booklog.jp/users/myjmnbr/archives/1/B006U9D4YO

    「ホビット 竜に奪われた王国」
    http://booklog.jp/users/myjmnbr/archives/1/B00IN21YSY

  • 相変わらずキーリ以外のドワーフたちの名前と顔がよくわからないまま、前回の流れも曖昧なまま観賞。

    長い映画だからいつも見るのに勇気がいるのだけど、あっという間にラストを迎えていてロードオブザリングをはじめから見直したくなった。
    とくにレゴラスの性格がロードオブザリングのほうだと丸くなっている印象があるから、そうでもないのか確かめたい。

    最後の戦いのエルフ達の動きが揃っていて格好良かったし王様が乗ってる鹿も格好良かったし、ドワーフとの共闘もぞわぞわっとしてよかった。

  • とうとう完結!!!!!
    ロード・オブ・ザ・リング三部作に劣ることなく壮大な物語!迫力ある戦闘シーン!
    史上最高のファンタジー!!!!!

  • ロードオブザリングはシリーズすべて観ていますが、映画自体が壮大なファンタジー映画だと思います。でも、少し長いのが辛いですね。

  • 前の話とか完全に忘れてたので一瞬ぽかんでしたが、すぐに思い出しました。
    トーリン、キーリ、ビルボ、レゴラス、射手のパパ・・・
    あとは豚?に乗ってるのがかわいかったです。
    ロードオブザリングを再度見たくなりました。

  • 2015/4/29 やはり、大作冒険劇 良かったです!楽しめました。景観も綺麗 魔法使いもオーランドも頑張ってますね。主役のフロド?イケメンじゃないけど…なかなか雰囲気あって良かったです。指輪を持ち帰り…どんなふうに 「ロードオブ ザ リング」に繋がってゆくんだろう?その辺りを最後に ちょっと入れて欲しかったなぁ ホビットの一部作で ロードオブの主役の彼は出てたけど…私の好きな ヴィコモーテンセンだっけ 観たかったなぁ ロードオブもかなり前で忘れてしまったけど…どちらも なかなか 良かった。

  • ホビット3部作。最終章。
    ビルボ・バギンズの冒険。

    1.2 が、かなり良かったので、なんとなくフェードアウト感がありますが、ちょい泣けます。

    王が王らしかったとこと、
    愛が苦しいものだと知った美しいひと。
    心が震える。

    でも、どんなに勇敢で、
    どんなに誇らしい よりも、
    ホビットでいいです。お家がいちばん。
    愛する友よ、どうぞ、おいでまし。
    一緒に お茶をしよう。が、いいです。

全44件中 1 - 25件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ホビット 決戦のゆくえ ブルーレイ&DVDセット(初回限定生産/3枚組/デジタルコピー付) [Blu-ray]を本棚に登録しているひと

ホビット 決戦のゆくえ ブルーレイ&DVDセット(初回限定生産/3枚組/デジタルコピー付) [Blu-ray]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

ホビット 決戦のゆくえ ブルーレイ&DVDセット(初回限定生産/3枚組/デジタルコピー付) [Blu-ray]を本棚に「いつか観る」で登録しているひと

ツイートする