シャークネード カテゴリー2 [DVD]

  • 40人登録
  • 3.72評価
    • (5)
    • (12)
    • (5)
    • (2)
    • (1)
  • 13レビュー
監督 : アンソニー・C・フェランテ 
出演 : アイアン・ジーリング  タラ・リード  ヴィヴィカ・A・フォックス  マーク・マクグラス  カリ・ウーラー 
制作 : ベン・デマリー  デヴィッド・リマウィー  サンダー・レヴィン 
  • アルバトロス (2015年2月4日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4532318409115

シャークネード カテゴリー2 [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ニュース番組のシャークネード専門家みたいな人がとてもよい。
    シャークネードを表すCGとか!くるくるして可愛い。

  • シミズサメ映画祭4本目!ニューヨークが舞台。

    非常階段から逃げるシーン。上からは台風から落下してきたサメが、下からは燃え盛るサメが(※サメは炎上しても死にません)!と主要キャラが逃げ場を失ったシーンで非常用の斧をゲットするために下からのサメをおびき寄せる作戦()をするのですが、割と斧の位置はサメから離れている。

    それを突っ込んではいけないのがシャークネード魂です。

    エイプリルの喰われた左手をサメから取り出し、その時握っていたピストルでサメを殺す!とか書くと観てない人には何のことだか状態なのは分かる。分かるが問題はそこではなく、喰われた左手はそんなにいっぱいではなかったのでは?ほぼ左腕なんですが…というところでしょうか。

  • ■タイトル

    タイトル:シャークネード カテゴリー2

    ■概要

    シャークネードの猛威に襲われたロサンゼルスは、フィンとエイプリルの活躍
    によって平和を取り戻していた。有名人となった2人は、フィンの家族と会う
    ためにニューヨークへと旅立つ。
    しかし、彼らが乗り込んだ航空便に、突如乱気流が襲い掛かる。突風と共に機体
    にぶち当たった物体は、獰猛なサメであった…。
    (amazon.co.jpより引用)

    ■感想

    まさかの続編。
    1もなかなか画期的だったけど、2は突き抜けてますね。
    もう最初から突き抜けている。

    最初の飛行機のシーン、サメが突撃したら、飛行機大破じゃない??
    窓ガラス、そんなに強度あるのかな?

    あと、もうサメがふ振ってきたり、みんなに振ってきたところを殺されたりと、
    突っ込みどころ満載の映画です。

    でも、ここまでやりきると、逆にすがすがしいという感じですね。

    そもそも、サメがあの高さから落ちてきたら、刀とかで切ろうとしても、自分の手が
    折れるから!!^^;

    シャークネード系は、いかに鮫が降り注いで、人を喰うかという部分が見せ場ですから
    そこら辺は、いくら金が無いとはいえ、もう少しCGをしっかり作ってほしいですね。

  •  シリーズ第2弾。今度はニューヨークにサメ竜巻がやってきた。前回の生き残りであるフィンは再びシャークネードに立ち向かう。
     前作はまだ控えめだったおふざけ展開が今回はぶっ飛んでいます。もう笑うしかない。パニックものの映画のはずですが、これはすでにコメディーです。物理法則なんて無視です無視。仲間の死なんていちいち悼んでいられません。余計なことを忘れて前向きな気持ちになれる、とっても魅力的な映画です。シャークネードシリーズ大好き。

  • これは「A級サメコメディ」です。B級サメホラーの求道からすこし外れた作品かと思われる。彼らは金を使って笑わせにきている。しかしながら後半30分の勢いは凄まじく大興奮間違いなし!
    主人公フィンは前作にて「ホントにただのサーファーなのだろうか?」と疑いたくなる活躍を見せたんだけど本作に於いては「ホントに人間なのだろうか?」と疑いたくなるレベルにまで昇華している。
    泳いでいるサメを飛び石代わりに軽やかに跳んだり、サメと一緒にトルネードに巻き込まれながらチェーンソーでバッサバッサと薙いでいく姿はまさにサーファーだからなし得る技だろうか。

    相変わらずグロ、ゴアシーンは多いものの、それが大丈夫なら笑える。
    名シーンも多いと思う。
    個人的にはもっと真面目にサメ映画作って欲しいのに!と思うんだけどね。

  • 1より劣るけど、まぁまぁ面白かったかな。こういうアホな映画、嫌いじゃないです。

  • フィンは妻エイプリルの著書「シャークネードからの帰還」の出版イベントの為、ニューヨークへ向かっていた。
    着陸を前に飛行機は乱気流に襲われるが、外にはサメの姿が!
    サメに襲われた飛行機を何とか着陸させたフィンは、異常気象でシャークネードが発生するニューヨークに住む妹夫婦の家族を救いに向かう。

    B級映画で★は最高に褒めてるってことです。
    天気予報で降サメ量50ミリ(笑)
    サメが普通に空を飛ぶ生き物になっているのがスゴイ!
    バーニングサメとか新属性のサメ達も登場しますよ!!

  • バードストライクならぬシャークストライク。

    台風で海水が巻き上げられるにしてもこの世界の海はサメ多すぎじゃないですかね。

    むしろこんだけ巻き上げられてなお人を正確に食っていく鮫さん凄すぎ。

    開始直後からクライマックスすぎてお腹いっぱい。

    斬新な設定と安っぽいCGとつっこみの追いつかない展開主人公の驚異的な身体能力と圧倒的ご都合主義とどうでも良い恋愛要素!

    ・飛行機の運転って簡単なんですね
    ・サメ渡り()
    ・何故か逃げないパイ屋
    ・緊急時なのにぼーっと突っ立ってるホテルマン
    ・摩天楼をも破壊するといわれているのです←誰が言ってるんだよ
    ・置物の剣の圧倒的切れ味。
    ・まったく無意味な囮作戦
    ・合体は8分後!(だが焦らない)
    ・降鮫量 積鮫量
    ・おばさん突然の人造人間化
    ・謎のスローモーション
    ・ヒールで殺される鮫
    ・鮫よりもおっさんが投げたチェーンソーの方が危険説
    ・腕wwwwwwwwwwwwwwwww

  • あいからわらずのアホさ。いや、アホさ倍増。
    なんだけど私は1のほうが好きだったかな。

  • 前作よりおふざけ感が強いが楽しかった。
    チェーンソーとかお約束になってる。
    最初の飛行機から全力な感じでダレません。
    主人公ビバヒルの3枚目役の人なんですね、1作目では気づかなかった。

全13件中 1 - 10件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

シャークネード カテゴリー2 [DVD]を本棚に「いま見ている」で登録しているひと

シャークネード カテゴリー2 [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

シャークネード カテゴリー2 [DVD]はこんな映画です

ツイートする