ジョーカー・ゲーム (角川文庫) [Kindle]

  • 141人登録
  • 4.02評価
    • (15)
    • (23)
    • (14)
    • (0)
    • (0)
  • 15レビュー
著者 : 柳広司
  • KADOKAWA / 角川書店 (2014年12月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (173ページ)

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
米澤 穂信
有効な右矢印 無効な右矢印

ジョーカー・ゲーム (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • アニメで見た内容が入ってた。
    これだけの内容を、アニメでよく再現したなと。

  • アニメにめっちゃハマったので、原作も読んでみました。スパイものは初めてでしたが、短編なのでサラリと読めて、楽しめました。続きも読もうと思います。

  •  これも「魔都」まで読んで10ヶ月近く放置していた……。
     男たちが己のプライドをかけてスパイをするよっていう話。文体があんまり好みじゃない。というか心境を語っちゃう三人称文体があんまり好きじゃないのかも。
     第二次世界大戦期の日本とかスパイ養成機関とか、設定やテーマは割と好き。

  • 読んだ後自分もちょっとスパイぶりたくなる!笑
    最後の結城中佐かっこよすぎ!

  • ざっくりいうと戦時中、D機関という名のスパイ機関で、結城中佐というスパイの達人みたいなおじさんの元でスパイ活動をする主人公たちのお話です。

    最近読んだ本のなかでダントツに面白かったです。
    ページをめくる手がとまらなくまだ読んでる途中なのにつぎの巻まで買いに行ってしまった。

    戦時中の小説というとどうもとっつきにくいイメージがあるもののこの本はそんな思いを覆すかのように読みやすい本でした。
    短編で1章完結が基本なので飽きがきにくく手軽に読めるけれどもハラハラするそんな小説。

    主人公がたくさんでてくるのでだんだんごちゃごちゃになってくるものの、それぞれの章で完結するのでそんなに困ることもありませんでした。


    個人的にはロビンソンの話が好きです。
    珍しくスパイの窮地二陥るシーンがあり、ハラハラさせられるしなんといっても結城中佐の先を先を見据える能力には頭があがらなくなりました。笑
    それにしてもみんなの上司である結城中佐は有能すぎる。笑
    "魔王"と呼ばれるのも頷ける。

  • 2016.10.16読了
    戦時中スパイもの短編集。
    ひとつひとつの話がサクッと読める。良くも悪くもマンガ的というかリアリティーに欠ける気がするが、それも含めてライトな読み応え。

  • 読み進めていくと、静かに興奮しました。指先まで緊迫感。
    こういったたぐいの本はまれ。出会えて良かった、と思える1冊です。

  • 【電子版】
    2016.10.20 読了
    スパイものだが人物像の造形が秀逸。ストーリー展開も意外性、どんでん返しが満載で楽しめた。

  • アニメから。
    凄腕スパイ達の活躍を書く短編集。
    D機関の人々は超人過ぎるので、D機関員以外の目線から見た物語の方が共感できます。

全15件中 1 - 10件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ジョーカー・ゲーム (角川文庫)を本棚に登録しているひと

ジョーカー・ゲーム (角川文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ジョーカー・ゲーム (角川文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ジョーカー・ゲーム (角川文庫)のAudible版

ジョーカー・ゲーム (角川文庫)の文庫

ジョーカー・ゲーム (角川文庫)の単行本

ツイートする