だがしかし(1) (少年サンデーコミックス) [Kindle]

  • 132人登録
  • 3.75評価
    • (10)
    • (9)
    • (15)
    • (2)
    • (0)
  • 10レビュー
著者 : コトヤマ
  • 小学館 (2014年9月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

だがしかし(1) (少年サンデーコミックス)の感想・レビュー・書評

  • 久々にモロッコヨーグルを箱買いした時に、一緒にポチッとした『だがしかし』。懐かしい駄菓子に「うん、うん」と頷きながら読んでしまうマンガ。

  • 駄菓子のうんちくだけでこれだけネタを続けるとはたいしたもんだ。実際のなつかしいお菓子がたくさんでてきて子供の頃にそういうのに触れた人には感無量。言葉だけ微妙にエッチだったりする(主に勘違いだが)

  • Kindle期間限定無料版にて。
    ずーっと気になっていたのだが読めずにいた。
    今回の無料で読んでみた。
    コレは想像以上の面白さ。
    もっと早く読むべきだった。
    いやあそれにしても懐かしい駄菓子がたくさん。
    お小遣いもらった日は駄菓子屋に入り浸っていたなあ。
    今や駄菓子屋もおもちゃ屋もみんななくなっちゃったけどね。
    もらった当日になくなってしまったお小遣い。
    ほとんど駄菓子屋とおもちゃ屋に持って行かれてしまったなあ。
    コレは続きをまとめ買いだなあ。
    お金使っちゃうなあ。
    行動もあんまり変わっていないなあ。

  • うまい棒はめんたい味が至高だよなぁ?

    駄菓子をコンセプトに話が進む。アニメ化済み。僕もアニメから知りました。
    エンドレスエイトかと思ったら7巻から秋冬になるというので驚き。ちょうど新キャラが表紙のやつですね。
    絵が特徴的。デジタルではなくて味のある、かつ魅力的な絵柄。これがセンス、独創性、才能と言われるものだとと思う。軽くフェチが入っているのは作者の趣味嗜好か。
    アニメ2期いけるんちゃう?と思っているんだけど難しいのかなぁ。

  • 駄菓子屋/コメディ
    16.06.29 新規up

    1-05巻 続

  • いつまで続けられるのか不安w

  • 分割版で5話まで

  • ド田舎にある駄菓子屋の息子鹿田ココノツ(15歳)は漫画家志望だが父に後を継ぐことを熱望されている。そこへ現れたのは、まるで2次元から出てきたみたいな(2次元だが)美人で都会的な同世代の少女。彼女はお菓子メーカー枝垂カンパニーの跡取り娘である枝垂ほたるで、ココノツの父ヨウを会社に引き抜くことが目的。ココノツが駄菓子屋を継ぐならばと言われ、ココノツに駄菓子屋を継がせようと日夜通って説得を始めるのだが、駄菓子愛が強すぎる彼女。うまい棒にラムネ、生いきビール、モロッコフルーツヨーグルなどなど、毎日駄菓子を買っては幸せに食べながらうんちくを語る。暑苦しいのがおっさんだと嫌になるが綺麗な少女なら許されてしまうらしいという発見。他に出てくるのはココノツの幼なじみである喫茶店の兄。妹、遠藤豆とサヤ。みんな個性的でかわいい。

  • 以外と知らない駄菓子のあれこれ
    と、ちょっとした物語。 :)

全10件中 1 - 10件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

だがしかし(1) (少年サンデーコミックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

だがしかし(1) (少年サンデーコミックス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

だがしかし(1) (少年サンデーコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

だがしかし(1) (少年サンデーコミックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

だがしかし(1) (少年サンデーコミックス)はこんな電子書籍です

だがしかし(1) (少年サンデーコミックス)のKindle版

だがしかし(1) (少年サンデーコミックス)のコミック

ツイートする