文藝春秋増刊 佐藤優の実践ゼミ「知力」を鍛える! 2015年 02月号 [雑誌]

  • 78人登録
  • 4.04評価
    • (7)
    • (12)
    • (6)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
  • 文藝春秋 (2015年1月6日発売)
  • Amazon.co.jp ・雑誌
  • / ISBN・EAN: 4910077020251

文藝春秋増刊 佐藤優の実践ゼミ「知力」を鍛える! 2015年 02月号 [雑誌]の感想・レビュー・書評

  • これまで佐藤優氏が執筆してきた内容の総集編のような一冊。それに加えて、著者の育った自宅の図面や現在の書斎の様子も見られてお得感のある内容でした。
    宗教的な著述部分は難しすぎるので飛ばしましたが、読み応え抜群でした。

  • 文藝春秋の2月臨時増刊号。
    最近ノリに乗っている佐藤優のビジネスマン向け「地アタマ」強化本という触れ込み。

    第1講座ビジネスマン・・・知の極意27カ条
    Ⅳに「上司と如何に戦うか」では、「結論としては上司と戦うという発想を持った途端に負けます」「半沢直樹は、気持ちが良くなるドラマだとは思いますが、あれを現実でやったら、会社で浮き上がって、サラリーマンの全てを失ってすってんてんになってしまうでしょう」という至極真っ当な意見です。

    Ⅶの「嫉妬といかに付き合うか」の中で、「仕事に乗っている人は、(嫉妬されているという)周囲の状況に気付かないものなんです」と自分の失敗の例を挙げている。どこかで人間の行動なんてかなりの失敗をしない限り変わらないとも言っていたように思う。本人は変わったのでしょうか?

    第3講座佐藤優式・闘い方を学ぶ
    「検察との闘い方教えます」でホリエモンこと堀江貴文との対談には笑ってしまう。

    以下第10講座まで続きます。

    上記とは別に、多くの対談が興味深かく読めます。
    池上彰は言うに及ばず、藤原正彦、塩野七生、玄侑宗久等11の対談がありました。

  • 人生で読める本あhそう多くない。まず最初に大事なことは、読まなくていい本をはじき出すこと。そして熟読する。

    情報機関のトップは官僚的な知性には向かない。日本では小渕さんがインテリジェンス能力が高かった。

全4件中 1 - 4件を表示

文藝春秋増刊 佐藤優の実践ゼミ「知力」を鍛える! 2015年 02月号 [雑誌]を本棚に「読みたい」で登録しているひと

文藝春秋増刊 佐藤優の実践ゼミ「知力」を鍛える! 2015年 02月号 [雑誌]を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

文藝春秋増刊 佐藤優の実践ゼミ「知力」を鍛える! 2015年 02月号 [雑誌]を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

文藝春秋増刊 佐藤優の実践ゼミ「知力」を鍛える! 2015年 02月号 [雑誌]はこんな雑誌です

文藝春秋増刊 佐藤優の実践ゼミ「知力」を鍛える! 2015年 02月号 [雑誌]のKindle版

ツイートする