ルパン三世 DVDスタンダード・エディション

  • 324人登録
  • 2.51評価
    • (4)
    • (15)
    • (78)
    • (57)
    • (27)
  • 78レビュー
出演 : 小栗旬  玉山鉄二  綾野剛  黒木メイサ  浅野忠信 
  • エイベックス・ピクチャーズ (2015年2月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4562475253184

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

ルパン三世 DVDスタンダード・エディションの感想・レビュー・書評

  • 【日本全員が視聴すべきアクション映画の傑作!!】

    いやあ~・・・こうしてレビューするのも久しぶりですなぁ~!!

    実は”のほほん”としてるように見えても結構、忙しかったり??

    まあ、いつも通りの日常に加えて、ブログを始めたり、台風が来たり、今年は苦戦してたけど最近になってようやく大物が何回も遊びに来てくれたり・・・って、えへへ・・・Twitterをしてないみんなには全く分からないよねっ(笑)

    そんな今回は、あの”北村龍平監督”が制作した、最高に面白いアクション映画をみなさんにご紹介しましょう!!

    2014年に公開された『ルパン三世(実写版)』です!!

    主演は、あの小栗旬くんで・・・そういえば三茶のとある銀行で見かけたのだけど・・・背が高いのにスッゴク顔が小さくて一見、華奢な感じで・・・でもよく見ると、小さめの青いTシャツの下には健康的に日に焼けた肌をまとった、贅肉が一切ない鍛え上げられた筋肉が見え隠れしてて・・・そんな完璧な容姿を見せつけられちゃうと、そりゃ誰でも好きになっちゃいますよなぁ~って感じで・・・しばらくの間、自己嫌悪に陥っちゃったほど(笑)

    でも・・・まっ、いっか・・・他人は他人、自分は自分だしねっ!!

    と、アクション満載の本編を見続けていくと・・・ありゃりゃ・・・とんでもないシーンが!!

    途中、日本へ戻る際に飛行機に乗ってるシーンがあるのだけど、そのCAさんがなぁ~~~~んと・・・

    小栗君の奥さん!!

    うひゃひゃひゃっ・・・でしょ??

    こんなところに志田未来さんと向井理さんを苛め抜いた『悪魔的な姉』が、出てきたぁ~~って、思わず足で拍手してみた(笑)

    【Youtube 山田優 ”Real You”】
    https://www.youtube.com/watch?v=SpoDDAua34w

    ま、何にせよ、夫婦共同作業っていいもんですなぁ~って!!

    それと素晴らしきは黒木メイサさんのレザースーツ姿!!

    いやぁ~・・・スッゴク格好良いっ!!

    後ろ廻し蹴りの後に顔にかかる長い髪がサラサラと顔にかかるスロモーションシーンなんて・・・美人過ぎでしょ!!

    まあ、そんな感じで本作は素晴らしい俳優さん達の格好良いシーンを満喫できるので最高におススメなのです!!

    是非、観てみてねぇ~!!






























    って、ひゃひゃひゃひゃひゃひゃっ!!

    天邪鬼の私がこんな駄作をわざわざレビューしてるんだから、上記のような上っ面のレビューで終わるわけないじゃん(笑)

    ここからは本音バシバシ、キッツイ批評の連続でまいりますよぉ~!!

    たまたま下までスクロールしてくれた奇特で天邪鬼体質の皆さん、心の準備はできてますかぁ~??
    では、行きますよぉ~!!

    【本文】

    本作は上記の通り、”あの”北村龍平監督作品で・・・

    そういえば北村監督と言えば上戸彩ちゃんのPVと化してる『あずみ』や、有名映画のシーンをパクりまくり、怪獣や古い特撮映画のキャラや乗り物などをごちゃごちゃに詰め込んで視聴者を置いてきぼりにした『ゴジラ FINAL WARS』など・・・よくもあんな酷い作品に・・・って、全視聴者に殺意が湧くくらい、設定と脚本、演出が雑で、独り善がりでセンスの欠片も無い作品を作る事で有名な監督なんだけど・・・

    そんなみんなの期待に背かずに・・・なんと本作もそれまでの監督の印象通り、忠実に履行してくれちゃいましたぁ~~~っ!!

    みんな、監督の厚顔無恥ぶりに・・・拍手拍手ぅ~~~!!

    ぱちぱちぱ... 続きを読む

  • 古代ローマ時代、世界で最も美しいジュエリー
    と呼ばれた“クリムゾン・ハート”。
    それは現在、光の首飾りと真紅のルビーとに分
    けられアルセーヌ・ルパンの相棒として名を施
    せたアジアの闇社会を牛耳るMr.プラムック
    の所有物となっていた。
    そんなある日Mr.プラムックがドーソンの暗殺
    に成功し首飾りも手に入れ“クリムゾン・ハー
    ト”が復活する。そこでドーソンの仇をとるべ
    く秘宝の奪還に乗り出すルパンだった。 
    TVアニメ板でも知られるモンキー・パンチの
    国民的人気マンガを実写映画化した作品です。
    流石、小栗旬君ですね。
    キレのあるアクションシーンは見応えがありま
    した。綾野剛君の演技も素晴らしかったです。

  • アクションだった。
    小栗旬のルパンは見事。
    でも…アクションだった…

    ルパンは「カリオストロの城」くらいしか見たことなくて、だから宮崎駿のルパンがわたしの中のルパンで…でも、違和感はあるとわかっていても観たかったんだ!

    シーンごとはカッコよかったです。
    ストーリーも。まあ、うん。
    ただ、体を張ったアクションが多くて「怪盗」というよりは「盗賊」みたいな?

  • 皆が日本語喋ってない(口パク英語で吹き替え当ててる感じだった)のは良かったなぁと思いつつ、だったら脇のキャラクターはアジア系じゃない役者揃えた方が分かりやすかったんじゃないかとも思った。(舞台をヨーロッパにするとかね。)
    キャストに関しては綾野五右衛門に少し違和感があったけれど、小栗ルパンは猿感が丁度良かったかなと。玉山次元はイケメン過ぎましたね←

  • ルパン三世の実写化。役者も合っている。
    でも、無理におしゃれすぎるような気がする。セットももう少しリアルさが欲しい。

  • キャスティング的にはまずまずな感じがしますが、ストーリー的には今一つって感じ…。もう少し単純な娯楽映画でも良かったような気がする。

  • 鬼太郎とルパン三世が大好きなM8が大騒ぎで観る!というので。
    きゃー、あの車が本当に走ってる!なんて観てたんだけど。
    暴力シーンが多くて、コンゲームを期待していたので、途中で離脱。
    ルパンもとっつあんも次元も五右衛門も不二子ちゃんも一生懸命、アニメに似せようと頑張っている感じも辛い。
    M8はなんでか繰り返し観てる。
    「人間のルパン、眉とかあげるとこ似てる。
    不二子ちゃんはこんなに強くないでしょ!
    あー!次元、マッサンじゃん。マッサン!」

  • 北村龍平監督、小栗旬主演の実写版。

    ※外人は字幕になるワールドプレミアver.で視聴。
     後述の演技の温度差は日本の声優さんの吹き替えでは状況は違うかも。

    小栗君のルパンはスタイルも含め、かなり悪くない。
    顔もいいし、足も細いし、大きな靴を履いて、かなりな再現度だと思います。
    次元、五ェ門、不二子もキャストは良い。
    (不二子は胸にもう少しボリュームがほしかったが…)

    ただ、何でしょうね。
    ちょっとセリフ回しが滑り気味じゃないすかね。
    なんだか「おしゃれ」感を出そうとして必死過ぎてハズしちゃった、ってところかな…。

    ルパンがいつの間にか手錠を外してたり、
    不二子がいつの間にかパズルを完成させてたり。
    …でも、全然サプライズに感じないんだよね。なんかダサい。
    洋画でもよくあるシーンなんだけど、何が違うんだろう。
    特にルパンがその後銭型に逆に手錠をかけるところは妙にバタバタしてたし。

    また常に格好いいセリフ言おうとでもしてるのか、
    ニヤニヤし続けのルパンがちょっと微妙でしたし。

    ニヤニヤ、といえば、小栗君は基本、アニメ演技をしようとしてたんだろうね。
    それ自体は全然悪くないと思うんだよ。
    しゃべり方とかアニメルパンに似てて、雰囲気作ってるなー、と思ったし。

    銭形の浅野忠信も結構がんばってそっち系に寄せてた気がするな。
    黒木メイサも明らかにそっちだった。
    次元は若干ナチュラル。

    でも、一番の問題は他の外人俳優陣?
    彼らが全然その辺を理解してないのよね(ピエールと変なハッカーは除く)。
    ちょっと北村監督、ちゃんとコントロールしてました?

    特に今回のキーマン、ルパンと並び立つ男、マイケル君。
    顕著だったのは最後の脱出シーン。
    金庫室に閉じ込められて空気が抜かれる、ってんだけど
    ルパンが早々に大げさな苦しい演技をしてるのに、マイケルったら…。

    おかげでルパンが自分だけ助かるためにわざと大げさに演技してるみたいに見えちゃった。
    (早く酔っぱらった方が介抱してもらえる的な)

    で、結局ルパンを古い金庫に閉じ込めて、金庫室の扉は爆弾で爆破、マイケルは死んじゃうんだけど。
    電波で信号とばしてるんだから、自分も金庫に隠れりゃいいじゃん。

    しかも、金庫室の数十センチもあるドアを捻じ曲げる勢いの爆発なのに
    マイケル、待ったく欠損なくきれいに横になって死んでるの。

     きれいな顔してるだろ。
     ウソみたいだろ。死んでるんだぜ。それで…。

    …じゃねぇよ。
    そこは靴だけでもころがしておきゃーいいんだよ。
    それで「木端微塵になっちまったんだなー」で十分彼を惜しめるわ。

    他にもいろいろおかしな所があるんだよなー。
    数々のトラップが古臭いのは、「ルパンらしさ」のためにあえて、と理解はできるんだけど
    周囲を囲んでいるはずの地雷原を気にせずタイ警察がやってきてみたりとか、
    大金持ちのセキュリティがランダムすら実装できてないとかどういうことなの。

    各キャラの見せ場にしても、
    んー、それなりにお金あったんだよね?
    次元の銃弾、五ェ門の刀、なぜスロー&CGで見せてくれないの?

    五ェ門は車も真っ二つにするチャンスはあったのにしないし。
    次元は地面に落ちてるマシンガンのトリガーを撃って敵を倒すシーンがあるんだけど、
    事前に地面のマシンガン、敵を繰り返して見せるので、これも全くサプライズのないシーンになっちゃって。

    せめてバレバレだとしたら、落ちてる銃のトリガーを打つ難易度をスローで表現とかしてほしいんですけど。

    なんか、セリ... 続きを読む

  • 一番最初に笑ったのは不二子が囲まれた際に、格闘で切り抜けた所。
    その後も設定がしっくりこなかった。(別に何でみんな日本語喋ってるのとか言うつもりはないですが)
    五右衛門が全体的に適当笑

    批判されないのは難しいと思うけど、やっぱりと思われてしまう実写化と感じる。
    黒木メイサは可愛かった。

  • 漫画で読んだ作品の実写版は、がっかりさせられるものが多い。この作品もまさにそうで、まずキャストが違う!と思ったし、ルパンらしさがなくて、「ミッションインポッシブル」のような作品だと思った。

  • HUMICでの請求記号「DVD15/0019/著作権済/(133分)」

  • 峰不二子以外は、想像してたよりハマってたと思う。銭形も違和感なく見れたし、綾野剛の五右衛門のまたつまらぬものを斬ってしまったもすとんと馴染んだし、次元はちょっと若すぎてかっこよすぎたかなぁと思いつつも見れたし、小栗旬は頑張ってルパン三世を自分のものにしようと節々研究してる感が垣間見れた。が、どうしても不二子ちゃ〜んが気持ち悪く失笑。ちょいちょいいいかもと思うんだけどこれじゃない感は拭えない。
    メイサについては割愛、どう頑張っても無理

    みんな頑張ってたんだけどね。脚本が悪いのでは、アクションとして撮りたいだけなら何もルパン三世じゃなくてよかったと思うし、無理に実写化する必要はなかったのでは。普通に他のアクション映画だったら楽しめたかもしれないが。

    びっくりしたのは山田優笑。夫婦共演だったんですね、ふーんって感じ

  • 馴染み深いアニメの実写化としては、意外に違和感がなかったけど、不二子ちゃんは違ったな。

    とても安っぽく仕上がっている感じで、役者さんの好演っぷりがもったいない。

  • う~ん、やっぱりルパン三世の実写化は厳しいと、観てて痛感した作品。ルパンを演じた小栗旬さんもそうとうなプレシャーや葛藤があったんだろうな~。。。

  • 子どもは喜んでいた。
    なので、★2つだけれど、わたし的には1つでもいいぐらい^^;
    でも、小栗旬はうまいね。ルパンのモノマネになってしまいそうなのに、一応雰囲気は出しつつ、別物だった。

    黒木メイサは・・・。
    きれいだね。ふじこちゃんは実写にしちゃいけないっていうかつらい感じがするので、あれでも良かったのかもしれないんだけれど・・・ふじこちゃんでは無かった。絶対に。いっそ外人にすればよかったのに。

    で、わたしが気に入らなかった理由は、いろいろあるけれど、ルパンは人を殺しまくっちゃいか~~~~ん!ストーリーとか、設定とか違うのは別にいいんだけれど、ルパンのワビサビ的な、盗みの美学?みたいなのを全部無視したただの人がいっぱい死ぬアクション映画に成り下がっているところが萎えた。

    そして、アクション物としても結局途中で飽きるぐらいの退屈さだった。

    ひさびさにくだらん映画見ちゃったわ~~~~

  • 豪華キャストをうまく活かしきれていない気がした。
    観ててワクワクしない。

  • 小栗くんはキャストがハマっていた!
    他の方は、キャラクタを意識しすぎてる気がする。
    ストーリーは何だろう…いろいろ勿体ない感が…

  • みうらじゅんがオススメ(?)してたのでレンタル。結果、2時間の苦行となった\(^o^)/ 時間返せw

  • 内容は普通のアクション
    でも結構ルパン

  • 黒木メイサの胸は、何か詰めてさらに寄せてるのだろうか。

  • 開始30分で撤退。モロモロのない不二子ちゃんの割にはよく辛抱したと思う。

  • 芝居が上手い役者がここまでいない映画は珍しい。ルパン、次元、五右衛門は悪くないんですが、ひどいのは不二子と銭形。とにかく黒木メイサと浅野忠信のセリフ回しが下手すぎ(いまに始まったことではないですが)。何を見ても柄本明とか遠藤憲一とかが出てる日本映画の状況もどうかとは思いますけど、やっぱり1人ぐらいそうい
    う役者が出てるとピリッと締まるんだけどなぁ。

    この映画をもっと面白く出来る可能性があったとしたら、次元や五右衛門のアクションは悪くないので、彼らの見せ場をもっと作ることかな、と。だいたい登場人物が多過ぎるというのが問題。

    せめて、いつものルパンのテーマ曲が流れれば随分盛り上がったかもしてないけど・・・(権利の問題かな?)。

  • 2016.1.28 鑑賞

    想像以上にひどかった。
    役者は似せようと頑張っていた。けど、あれはモノマネ、コスプレでしょう。不二子は論外。不二子にしないで、オリジナルキャラにすればよかったのに。

    ストーリーもコミカルにするのか、シリアスにするのか中途半端な感じ。

    テンポだけをよくしようとしたのか、ストーリーのブツ切り感がすごい。

    アクションも変。

    何よりハラハラしないね。なんだろう、とにかく面白くない。

全78件中 1 - 25件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ルパン三世 DVDスタンダード・エディションを本棚に「観たい」で登録しているひと

ルパン三世 DVDスタンダード・エディションを本棚に「観終わった」で登録しているひと

ツイートする