禍々しき獣の逝く果ては5巻 [Kindle]

  • 12人登録
  • 3.20評価
    • (0)
    • (1)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 楠本弘樹
  • 電書バト (2014年12月12日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (224ページ)

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

禍々しき獣の逝く果ては5巻の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 面白くないわけじゃないんだけど、なんかなー。と思いながらの最終巻。は、ラルフとレオンの和解。多分、ここで一気にBL臭でたのが「なんかなー」の内訳じゃないかと思ってみる。は、さておき。「人間には実は「運命」すら変えてしまうようなすごい力あるんじゃないかって気になってきたよ…」ターミネーターでも「運命は決まってない」って言ってるぐらいだから、決まってないんだよ。きっと。「君のいる世界は「知るべきこと」と「知らなくていいこと」っていうのがある」お父様のこのセリフがつぼったのさ。

  • 化け物に変身してしまう血を継いだ男たちと、除霊士の少女、少女を守るこれまた人外のクローンの物語。世界観、絵の雰囲気ともに好きだけど、どことなく既視感のあるストーリー。設定自体は映画などでも古くからあるものなので、それだけじゃない魅力が欲しかったところ。主人公の少女と人外守護者の関係をもっと萌えるものにできれば良かったのかな。全体的に、登場人物達の関係性が希薄というか、どれもが少しずつ足りない感じがした。

全3件中 1 - 3件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

禍々しき獣の逝く果ては5巻を本棚に登録しているひと

禍々しき獣の逝く果ては5巻を本棚に「積読」で登録しているひと

禍々しき獣の逝く果ては5巻はこんな電子書籍です

ツイートする