海外アングラ旅行 [Kindle]

  • 17人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (3)
    • (2)
    • (3)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 藤山六輝
  • 彩図社 (2013年9月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (180ページ)

海外アングラ旅行の感想・レビュー・書評

  • 著者と私は同じ歳です。
    すごく親近感が湧いて、購入しました。
    著者のこの本の切り口は、外国で女性を買った、その体験記です。
    著者自身は、「クズ体験記」と書いていますが、個人的には結構面白かったです。

    著者の大学時代、就活のために(自己アピール)、ベトナムでのボランティアツアーに参加した、
    これが、バックパッカーになったきっかけという記述を見て、真面目な人なんだなという印象を持ちました。
    そして、割と冷静にバックパッカーという行為を、振り返っているなという感じを受けました。

    東南アジアや日本よりも物価や安い国に旅行に行く。
    そして、日本では感じたことがない非日常を味わう。
    バックパックにハマってしまうのは、そういう理由が多いと思います。

    個人的な思うのは、外国文化が好きでとか、語学が好きでとか、で外国と接点を持っている人は少ない気がします。
    大概(特にアジア)、その現地のエロく、なまなましい体験をして、接点を持ち続けている人が少なくないと思います。

    著者もその一人だと思うので、是非、接点を持ち続けてもらいたいなと思います。

  • 新年一発目の読了はこのどうしようもない一冊。でもなんだかこういう作品こそ求められていると思うだが、『深夜特急』のほうが売れてしまうんだな。不思議。

  • Kindleストアの月替わりセール商品にあった電子書籍。
    割と気合いの入ったバックパッカーである作者が、東南アジアを
    中心に各国を巡った旅行記。ただし内容は殆どが性風俗とドラッグの
    体験記であり、下世話なことこの上無い。そもそも冒頭で作者本人が
    「ゲスい」と書いてるのだから、予想通りの内容なのだが(^^;)。

    ここで取り上げられている国は以下の通り。

    フィリピン・ネパール・タイ・エジプト・ヨルダン・ベトナム・
    インド・ラオス・中国・バングラデシュ。

    エジプトやラオスみたいな謎の国でも、男としてやることをやっている
    作者の姿勢は、逆に妙な清々しさを感じるほど。性格的に海外で冒険が
    出来ないタイプの僕としては、ある種の憧れすら・・・。

    そういう本だから、間違ってもガイドブックとして使用するのは避けた
    方がいい(^^;)。まぁ・・・男性向けだろうなぁ、きっと。

全3件中 1 - 3件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

海外アングラ旅行の文庫

ツイートする