思い出のマーニー [Blu-ray]

  • 85人登録
  • 3.60評価
    • (13)
    • (8)
    • (19)
    • (3)
    • (2)
  • 17レビュー
監督 : 米林宏昌 
  • ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社 (2015年3月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4959241756893

思い出のマーニー [Blu-ray]の感想・レビュー・書評

  • 観終わったあと心がスーっとなって、なんだかすぐまた観直したくなった映画です。
    さわやかというとなんだか軽いけど、大切な想いを一つよみがえらせてくれるような気分になる作品で私はかなり好きです。

    ジブリだと宮崎さん的な要素を求めてしまう人もいるけれど、宮崎監督の映画が少年の頭の中にあるおもちゃ箱をひっくり返したような作品だとしたら、米林監督の映画は少女が子供の頃に空想していた世界を画にしてくれたような作品が多い気がします。

    どちらも大好きだけど、私は女なので宮崎監督の世界は今まで知ることの無い異次元の世界に連れ込まれて興奮してしまうけれど、米林監督の作品。特にこの「思い出のマーニー」はなんだか自分が空想の世界で観たこともあるような一コマ一コマをしっかりとしたストーリに仕立て上げて、空想少女を自立させて旅立たせてくれるような不思議な映画でした。

    ジブリに冒険だファンタジーだ、戦いだというものを欲している人には少々ふんわりし過ぎなのかもしれませんが、私に取っては大切なジブリ映画の一つになりました。

  • 地味な話なんだけど、作りは丁寧で飽きさせない。もうちょっと山というか盛り上がりがあればメリハリのある作品になったと思うのだけど…。

  • 米林宏昌監督の作品らしいね。
    人間のやわらかな感覚。そして、つながり。
    杏奈は、『なぜ、私がいるのか?
    そして、私は 誰につながっているのか?』
    そのことさえもわからないことで、いらだっていた。

    とおくはなれた おばさんのところに
    杏奈は、ぜんそくの療養のために 行くことになる。
    その自然の中で、息を吹き返す。
    波打ち際の西洋館にであった。
    なぜか記憶の中にあり、懐かしかった。

    杏奈はマーニーに会う。
    それは、秘密とされた。
    時間軸がずれることで、思い出がよみかえってくる。

    久子さんが その謎ときを、してくれることで、
    杏奈は 自分が 誰かということを知るのである。

  • 映画館に見に行った、大好きな作品。
    北海道が舞台なのも嬉しい。
    杏奈の気持ちが凄く理解できる。

    百合映画と騒がれていたけど、純粋に友情として観たい。
    勿論、百合として観て好きになるのも良いと思う。

  • 地上波をみました。
    ファンタジーが苦手なため8割型理解不能でした、が、後半2割怒涛のように整理された答が。
    可もなく不可もなく。

    映像は綺麗でした

  • 2015.10.13
    地上波見逃したので寿司屋の帰りにTSUTAYAで借りた。
    前半のもどかしさをキレイに纏め上げる展開に変な爽快感があって気持ち悪い。一般道から急に高速乗ったみたいなまとめっぷりで話の構成が落語のオチみたいにコンパクトにまとまって終わるのでそこにカタルシスがあるんじゃないかしら。
    百合的(しかも実はそうじゃないっていうね)な表現とかジブリは時代に敏感で商売っ気も充分に持っていて流石だと思う。お金がなければ表現もくそもない。

  • 地上波放映を視聴。
    原作よりはわかりやすかった。

    日本を舞台にしたので違和感はあったが。
    主人公アンナのひねくれ具合に辟易したが、家庭環境と愛情の不足の連鎖って,案外根が深いんだなと思い知らされる。その家の因縁といおうか。

    GLというより、幼い頃に親のスキンシップがなかった子が、やっと周囲からの愛情に目覚めるという成長譚。表紙にやや惑わされ過ぎ。

    しかし、ジブリがこういったのを手がけるとは驚き。

  • 映画を見ての感想です。
    杏奈は内気で嫌な性格の女の子として登場するが、マーニーと出会い、触れ合うことで外の世界とのかかわりを見出していく。という単なる成長物語だけではなく、マーニーという存在がミステリアスな要素を加える。そしてラストに向けて明らかになっていく事実に感動させられる。
    湿地の洋館の佇まいが不思議な存在感を持ち、この作品を象徴する。
    いつの間にか作品の世界に取り込まれ、思わず涙してしまった。

  • 思ったより幽霊話でなくて安心した。多分、孫にあなたは愛されていた事を伝えたかったんだろうなぁと。

    夏祭り会場で、主人公に罵倒された女の子が意外と優しかった所がほっとした。普通怒るのに、流してくれた所が、主人公を嫌っている人ばかりではないんだよと教えてくれている気がしたから。
    彼女が心を閉ざしているだけで、周りは彼女に優しいよね。

  • 不思議な話。段々と主人公のことがわかっていく。

  • そう終わるとは思いもつかなかった!
    ゴローちゃんの監督ではこうはいかなかったろうな?
    しかし、たった一枚の写真でそれまで全てがつながってしまう凄さを知った^^

  • 映画館に4回行って4回とも泣きましたが、円盤で観てもやはり泣きました;;
    これからはすきなときにマーニー観れるのだと思うととてもうれしいです!
    特典映像の、NEWS ZEROの特番の映像もとてもよかったですp(′ω′*q

  • 宮崎&高畑以外の監督作品は『海きこ』『耳すま』『猫恩』『アリエッティ』『コクリコ』と、YA色が異常に強いジブリ作品だが、本作はその集大成といったところ。周囲に馴染めず、繊細で、メンヘラで、他人も自分も愛せず、けど自分を特別視したいやっかいな主人公像。同種の人間には強烈な吸引力があるみたいだけど、僕にはまったく感情移入が出来ずに困った。☆2.5

  • 暗い過去の経験から閉鎖的な性格の杏奈。そんな彼女の前にマーニーという名の少女が現れ、杏奈の凍った心を少しづつ溶かしていく。
    観ていくうちに、風景、音楽、言葉一つ一つが心に沁みこんでいく作品。

  • とても素敵な少女映画だと思う。アンナの孤独感がひしひしと伝わってきた。ほぼ原作に忠実で、台詞等の改変すらほとんどないためか、ジブリ映画にしてはかなりまとまっていると感じた。

    言葉遣いや家の作り、季節感などを見ても、北海道らしさがまるで感じられないのは残念だが、深く考えなければ気にはならない。

  • すごく良い映画、というよりすごく好きな映画だと思った。
    まず不思議な謎解きの設定になっていて面白いし、登場人物が魅力的。
    特にマーニーがとっても可愛くて、お屋敷のパーティーのシーンとか、華やかなシーンとかも個人的に結構好き。
    子供の頃「小公女」が大好きで何回も何回も読み返していたけれど、そういう本物のお嬢様、的なものへの
    憧れみたいなものがあるからか、こういうのなんだか好きだなぁ。(女性は結構そういう点からも楽しめるのでは?)
    北海道の湿原を舞台にした町、建物、家の描写もとても綺麗で素晴らしい。

    主人公杏奈の複雑な心の内も上手く表現してあるし(最後元気になっていくところは少し無理やりかなとも思ったけど)、杏奈とマーニーの交流、歴史の交錯が
    良い感じで、静かながらもとても心地の良い映画だった。
    プリシア・アーンの音楽もマッチしていて美しく、最後のほうは泣いてしまった。

全17件中 1 - 17件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

思い出のマーニー [Blu-ray]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

思い出のマーニー [Blu-ray]を本棚に「いつか観る」で登録しているひと

思い出のマーニー [Blu-ray]はこんな映画です

ツイートする