思い出のマーニー [DVD]

  • 925人登録
  • 3.38評価
    • (55)
    • (137)
    • (204)
    • (55)
    • (8)
  • 171レビュー
監督 : 米林宏昌 
  • ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社 (2015年発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4959241756909

思い出のマーニー [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • おばあちゃん心配だったんだね
    最後は泣きました。良い意味でジブリらしくない、大人向けのいい映画。

    以下ストーリー引用
    1) 杏奈は、両親と血の繋がりがなく、「もらわれっ子」であることに悩んでいた。周囲と上手く溶け込むことができず、両親との関係性もよくなく、療養地で持病の気管支喘息の静養を行うこととなった。
    2) 療養地で、杏奈はマーニーという少女に出会う。マーニーは、古びで無人となったはずの“湿っ地屋敷”に住んでおり、杏奈は彼女と不思議な体験をする。杏奈は、マーニーや屋敷に、不思議な既視感や親しみを感じていた。
    3) 杏奈は、マーニーの友人だったという久子にマーニーの過去を聞く。さらには、杏奈が児童保護施設に引き取られる際に持っていたという写真に、マーニーの署名があったことから、杏奈はマーニーの孫であることが判明する。マーニーは、亡くなった両親代わりに、自身が病死するまで安奈を育てていたのだった。杏奈は、マーニーの思い出話を聞いていたため、屋敷で既視感や親しみを感じていたのだった。マーニーとの関係性を知り、杏奈は母・頼子と親子としての繋がりを感じることができるようになったのだった。


    起:杏奈の苦悩

    北海道札幌市に住む12歳の杏奈(声:高月彩良)は、一見ごく普通の中学生だが、実は大きな苦しみを抱えながら生きており、周囲の人と上手く溶け込めずにいた。杏奈は、実は両親と血がつながっていなかった。そのため、"父母"のことはおじさん、おばさんと呼んでいた。

    持病の気管支喘息で発作を起こし、主治医の勧めもあり、"母親"・頼子(松嶋菜々子)の地元である親戚・大岩セツ(根岸季衣)の家に夏休みの間、療養することとなった。

    海辺の村にひと夏を過ごしにやって来た杏奈は、美しい湿地の対岸に古ぼけた洋館を見つける。その屋敷に既視感を覚えた杏奈が村人に尋ねると、そこはもう何10年も人が住んでいない“湿っ地屋敷”だという。


    承:マーニーとの出会い

    好奇心からひとりでボートに乗って屋敷を目指す杏奈だったが、誰もいないはずの屋敷の窓に明かりが灯り、同時に屋敷の方から「ロープをこっちへ投げて」と声が聴こえてくる。声の方に向かって杏奈がロープを投げると、そこには金色の髪、青い瞳、白いネグリジェを纏った裸足の少女が立っていた。

    彼女の名はマーニー(声:有村架純)であり、杏奈とマーニーはすぐに仲良くなり、湖の水位が高くなる17時から、2人は“湿っ地屋敷”で過ごすことになる。その中で、たびたび訪れる湿っ地屋敷の絵を描き続ける高齢の女性・久子(黒木瞳)と親しくなっていた。






    転:マーニーの日記

    杏奈の身には、次々と不思議な出来事が起こり始める。マーニーの父母がやってきた時に開かれるパーティーなど、マーニーが実在するかどうか疑わしくなる出来事が起こっていた。

    そんな中、湿っ地屋敷に東京からやってきた一家が改修した上で住むことになった。その家の娘・さやかは、屋敷を見つめる杏奈に「マーニー!」と声をかける。さやかは、マーニーの部屋にあった日記からマーニーのことを知り、家を見つめる人物・杏奈がマーニーではないか、と思ったのだった。

    杏奈は日記を読み、不思議な出来事がその日記に書かれていることに驚く。マーニーは、自分の単なる想像上の人物であると思っていたが、その奇妙な一致に、杏奈はさらにマーニーのことを知りたくなった。


    結:マーニーとの繋がり

    崖の上のサイロで雷雨に怯え、寒さに凍えた夜を過ごし、杏奈は風邪を引いてしまう。見舞いにやってきたさやかは、杏奈に日記の続きを見せる。そして、部屋にあったという屋敷の絵画を見せ、その裏にあった署名は、屋敷の絵を描いている高齢女性・久子の署名があり、久子に話を聞きに行く。

    久子は、大切な友人だったマーニーにまつわる悲しい過去を教えてくれた。マーニーは、父母から離れて暮らし、意地悪な使用人たちに育てられた。そんな彼女を支えてくれた、幼なじみの男性と結婚し、子供をもうけるが、若くして夫は亡くなってしまう。

    自身も体調を崩し、子供は寄宿舎のある小学校で育った。子供を迎えに行くころには、母に捨てられたという思いから、心を閉ざし、若くして結婚、家を飛び出してしまう。
    そして子供は、交通事故で夫とともに亡くなってしまう。娘の子供はまだ幼く、マーニーは、孫であるその子供を自分で育てることとなった。

    その孫に、マーニーは様々な思い出話を語った。父母が屋敷にやってきたときだけ開かれる舞踏会・パーティー。怖かったサイロ…その記憶は、奇妙なほど杏奈のマーニーと過ごした記憶と一致した。

    マーニーは、孫を育て、一緒に暮らす日々を過ごしていくことを望んだが、病死してしまう。孫は、親戚の引き取り手がなく、児童保護施設に引き取られてしまう。

    悲しいマーニーの思い出を教えてもらい、杏奈はよりマーニーのことを大切に、近しい存在に感じることができた。そして、夏休みの終了に伴い、頼子が迎えにやってきた。頼子は、児童保護施設で引き取る際、杏奈が持っていたという写真を見せた。その写真は、屋敷の写真であり、その写真の裏には「マーニー」の署名があった。マーニーは、杏奈の祖母であったのだった。杏奈がデジャブのように感じていた屋敷での出来事や、マーニーと過ごした日々は、マーニーの語った思い出だったのだった。

    多くの思い出ができた村を去ることになり、杏奈は久子に頼子を紹介するとき、自然に頼子を「母です」と呼ぶことが出来た。マーニーの深い愛情を感じ、そして頼子の自分に対する思いも再認識することができた杏奈は、母・頼子と親子としての絆・繋がりを感じることができたのだった。

  • 米林宏昌 2014年

    結局ジブリで宮崎駿さん以外がアニメを作ると「いかにジブリっぽいか」って事に良くも悪くも引っ張られてしまうんだなって思った

    まず冒頭の子供達が公園で遊ぶシーンで「なんかジブリっぽくない」とか思っちゃう どうしても思っちゃう これはもう個々に染み付いたジブリ感みたいなものだろうなって思う

    ストーリーも結局この手の話を「好き」か「嫌い」かに分かれると思う。個人的にはそんなに好みの話ではなかった。やたらに情緒的という感じ
    単純に美しい物語だなとは思う
    ただなんとなく滞りなく話が進んで引っかからない

    作品が悪いのか、自分の感受性の問題かと聞かれたらこの手の話に心が引っかからない自分の問題のような気もする

    アリエッティは好きだったのだけれど、あれは従来のジブリらしさを踏襲しつつ宮崎監督とは違う感性の米林監督らしいピリッとした部分が見ててそれが好ましい印象を持ったからかなって思う
    今回はある意味前面に米林監督っぽさが出てるけれど、このじっとりとした重苦しい美しさは好みが分かれるところな気がする

    結局そこなのだ ジブリ映画なのだから仕方が無いけれど、どこまでも宮崎監督と比較し物足りなさを感じたりこうあって欲しいと思って見てしまう なんかそれってどうなのだろうか

    湿地の夕景や空の描写は繊細で美しいなーって思った

  • 北海道札幌に暮らす中学一年生の杏奈。
    誰とも打ち解ける事なく孤独な日々を送っていた。
    杏奈は持病の喘息が悪化し療養のために海辺の村でひ
    と過ごすことになる。
    そこで杏奈は入江に建つ誰も住んでいない古い屋敷を
    目にする。
    地元の人が湿っ地と呼ぶその建物に何故か懐かしさを
    覚え惹かれていく。
    英国の児童文学の原作を物語の舞台を北海道に置き換
    えて映画化した感動の思春期ファンタジーです。
    心を閉ざした多感な少女杏奈が謎めいた同じ歳の少女
    マーニーと過ごすひと夏の不思議な思い出と成長を瑞
    々しく描いていました。
    過去のジブリ作品とは違うミステリー要素がラストに
    待つ意外性を高めていました。

  • 2014年公開。私にロマンチストな部分がもう少しあればもっと楽しめたと思う。どうやらジブリのファンタジー部分にいつも反応して楽しんでいるらしい。北海道を舞台にしたからかナックスの面々が声優として全員登場、探すのが楽しい。

  • あまり話題にならなかったので、おもしろくないのかと思いきや、ジブリらしくないというだけで、泣けた。思春期のドロドロした行き場のない感情を見事に表しているし、マーニの正体にも満足。

  • 劇場上映中に観たのですが、初めて、映画館でウルッとしてしまいました。
    孤独な少女・杏奈が、自分を支える「家族」の優しさに気づき、療養先で出会った少女たちと「不思議な友情」で結ばれていくという心温まるお話です。
    劇中の音楽も耳心地が良く、癒されます。
    お気に入りすぎて、映画館で観たのに、DVDも買ってしまいました!

  • 必ず死んで行く自分がいつか分かれてしまう大切な人に対して出来るのはマーニー程強烈な《生身の》思い出を、(失ったという後悔でなく)支えとして手渡すこと位なのかもしれないと考えた。
    孤独な時間も暖かな時間も両方過ごしたマーニーだからこそ、むずかしい年頃、思春期の少女・杏奈に(同じ年頃の少女として)寄り添えるのだろう。こういう優しさはとても好きだ。
    優しいものだけ見ていたいのはエゴだろうが、
    創作物では、喪失を知る人の優しさに惹かれる。
     杏奈がひねくれてるとは思わなかった。子供の持つ残酷さや思い込みや暗さなんてあれでもまだオブラートに包んで描かれているほうじゃないか?

    (杏奈の身に起こったことを綺麗事/子供騙しとするのは簡単だがそうではない見方をしたい。)

    背景が美しい。

  • とにかく背景画

  • とても素敵でした。
    多分誰でも自分のことを嫌いになったり、孤独に感じたことはあると思う。
    マーニーが不思議だけどとてもチャーミングでした。かわいい。
    映像も綺麗。さすがジブリ。
    お義母さんとわだかまりが解けてよかったね。

  • 公開前に「百合」だのなんだので話題になっていたけれど、
    内容は至って健全な美しい物語。
    むしろそっちの方を狙ったせいで、全く興味を持てなかった。
    想像してたよりもずっと面白くて、見入ってしまいました。

    景色も、人の温かさも、ラストの展開もキレイでした。
    ジブリらしい透明感のある世界観。
    瑞々しい音楽。

    一人のふさぎ込んでいた少女が立ち直っていくプロットなので、
    退屈そうに思いますが、さまざまな美しい演出と、
    マーニーという謎の少女の存在によって不思議と惹き込まれていきます。

    マーニーとは何者なのか。
    それが明かされたとき、じんわりとした感動に包みこまれます。
    観終わったあと、浄化されたような清々しく、ほんのりと切ない気持ちになります。

全171件中 1 - 10件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

思い出のマーニー [DVD]に関連する談話室の質問

外部サイトの商品情報・レビュー

思い出のマーニー [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

思い出のマーニー [DVD]を本棚に「いつか観る」で登録しているひと

ツイートする