ゴーン・ガール(初回生産限定) [DVD]

  • 407人登録
  • 3.66評価
    • (26)
    • (82)
    • (62)
    • (12)
    • (1)
  • 68レビュー
監督 : デイビッド・フィンチャー 
出演 : ベン・アフレック  ロザムンド・パイク  ニール・パトリック・ハリス  タイラー・ペリー  キャリー・クーン 
  • 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン (2015年4月3日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988142065919

ゴーン・ガール(初回生産限定) [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 「異性がわからなくなるとき」というお題の読書会で、是非にと勧められて観る。
    いかにも米人女性的な "She does anything to get paid attention"なサイコパス、
    ここまで行くと、オカルトか?と。

    自分の美しさ?気高さ?完璧さ?の演出のために、寄ってくる男をレイプ犯やら殺人犯やら監禁犯罪者に仕立て上げる。
    その底には、何においても他のだれよりも素晴らしくあれと”強要”されて育ったひしゃげた精神が透けて見える。ちょうど話題の、豊田真由子さまの生い立ちと重なるような。

    びっくりするのは中盤、観客にはサイコパス・エイミーの種明かしがされるくだり。
    別の役者さんか?と思うほどの変貌を見せる。
    正直、ぜんぜん美人ではない。
    コワ可笑しい。
    この落差が、挙句に人殺しまでやっちまうブチ切れ加減をも納得させてしまう。

    いっちばん怖いのがメディアや捜査官。
    印象だけで簡単に決め付けてしまうメディアと聴衆、その流れに押されるように、サイコパス・エイミーの話の多々ある綻びに目を向けようとしない男性捜査官たち。

    女性捜査官はクサいと思ってるし、エイミー逃亡中の無教養な隣人女性は本性を見抜いている。
    同性は、近くで観察してればわかるんだよね。

    だが、男たちはヤな奴だと思われたくない。
    だからわからない、わかろうとしない。

    その際たるものが夫?
    結局はエイミーの罠にどっぷり浸かっていくんですわ ...

    夫役はベン・アフリック。
    ブッシュ時代は熱烈な民主党支持者として積極的に活動する一方、JLo(ロペスね)との熱愛・アル中治療で病院出たり入ったり、とお騒がせ俳優だったけれど、すっかり落ち着いてイイ人な雰囲気。
    彼の良い夫フェロモン抜きでは成り立たない映像。
    女優は若いときが勝負だけど、男優さんは40過ぎてからだね〜としみじみ思ったり。

  • 怖ッ。

    デビッド・フィンチャー監督らしいゴーン・ガール。

    何これ、怖いよ。
    劇中では失踪した奥さんを探すというストーリー仕立てですが
    見ている我々には完全にホラーですよね。
    常軌を逸した奥さんの行動が怖すぎます。

    お、おいそんなんで帰ってくんなよぉぉぉ。

    究極の自己中。

  • 2014年12月公開
    監督 : デヴィッド・フィンチャー
    ==
    失踪した妻を探す夫が、徐々に事件の真相に陥っていくお話。

    さすがフィンチャーさん。
    よくできたサスペンスでした。
    セブンやドラゴンタトゥーよりもさらに陰湿で、
    心理の深淵、恐怖の描写が空恐ろしく、
    人は愛した人をそこまで憎めるのかという、
    人間の業のお話だと思ってみてました。
    そこに評判、名声、経済性が絡まって…

    妻役のロザムンド・パイクの表情が
    冷たすぎて、ぞっとする感じで、グッド。

  • 作品を見終わった後に真っ先に確認したのは監督及び脚本が主演のベン・アフレックではないか?と確認した。まさか彼の体験談?みたいな感じで!一度見た限りではまるで穴が見つからない。この作品は正直嫌いだが、出来がいい!必死に穴探しをしたが完璧に近かった。

    でも、最後の殺人の家の中の防犯カメラには絶対に穴がありそうな気がするんですけどね~

    「ゴーン・ガール」
    https://www.youtube.com/watch?v=ONGfcMut_y0

    アメリカ国民のほぼすべてを味方にして、夫に浮気の代償を支払わせようとする悪女!それがまた緻密な計画で徐々に追い込み、知恵者弁護士を味方に引き入れた旦那をアメリカ中の悪者としていく。最後は弁護士が最低線であきらめざるを得ない状況に!

    久し振りに嫌いな女を見たわ~wwまさにキャッシー・ベイツに匹敵…いやそれ以上?w

    https://www.youtube.com/watch?v=uzv28ODzW8I

    さすがにジェームズ・カーンはやられっぱなしでは終わりませんでしたけれども、ベン・アフレックですからね~ボコボコニやられていたわwwそれにしても賞レースの俳優として縁のない彼ですが、多くの賞に顔を出した作品ですが主演男優賞にはやはりかすりもしなかった

  • いやー 
    女は怖いね。ってこと。

  • 結末を知ってたので大きな驚きはなかった。妻にも言い分があって夫にも言い分がある。結婚ってちょっとしたことから歯車が狂っていくんだなと思いました。妻を演じた女性、後半の髪を切ってからがすごいキレイだった。ボブすごく似合ってる。

  • DVDでまた観てみた。

     完全主義者エイミー(ロザムンド・パイク)は常に計算づくで動くが、一点の狂いによって意外な展開をもたらす。ここが見どころなんです!予測ができないストーリー展開のサスペンスとして退屈しない映画だった。 完璧主義のエイミーにとっては結婚相手がデジー(ニール・パトリック・ハリス)ではなくニック(ベン・アフレック)となるのは彼女が恋愛至上主義者だからだ。しかし、完璧主義と恋愛至上主義は相反して両立しないものなのだ。

      幼い頃から完璧主義を貫いている(実際には親からの半ば強制のようなものだが)、彼女の行動は一貫してブレることがない。しかし、自分の意思とはかけ離れた部分での完璧主義なのであり、仮想された自己からは何も得られない。

     ナルシストで完璧主義者の結婚は恋愛のゴールでない。完璧主義者であればデジー(元彼)を選び、恋愛至上主義者であればニック(旦那)を選ぶことになる。しかし、ニックを結婚相手に選び矛盾が応じてくる。

     完璧にして人並みの幸せな結婚なんて無理なのだ、それって、多くの矛盾を含んでいるでしょうし、何処かで妥協しなければならないのだと思う。例えば、不細工なデジー(個人的には不細工であるとは思わなかったが…。)であれば不細工を我慢するとか、ニックの優しそうな雰囲気を求めるのであれば収入の面で我慢をするとか考えないと整合性が取れない。

     『完璧主義者』は病理を生み出し、精神的な圧迫を受けているとも取れた。そう考えるとエイミーが悪い女だとは思えなくなる自分にも病理的な部分を

  • 宅配レンタル>(待望。やっと観れたw)2014年米。
    怖っ!!!こんな切れ者の妻要らない。。
    愛って狂気。夫婦関係って脆弱。
    中盤~割と早い段階でネタバレしちゃうんで、あぁそうなのかぁ~と納得してたら、違う展開が割り込んでくるんで、これって一体、どんな落とし所!?と結末が全く読めなかった。。こんな顛末とは…(^^;)
    女怒らすと怖いわよ☆と言わんばかりwの冷た~い表情の美人妻エイミー(ロザムンド・パイク)も圧巻だったけど、何でも妻の言いなり、逆らえない情けない夫ニック:ベンアフが何より良かったわww

  • こういう物語はあったとは思うけど、シリアスのみの作品かと思ったら、世論みたいなところが形成されていく過程は笑いと皮肉もあって、主演のロザムンド・パイクが様々な表情を見せるように、様々な感情を持つ作品だと思った。編集や映像もカッコいい。

  • 結婚が嫌になる(笑)

    もうちょっと意外性がほしい。

全68件中 1 - 10件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ゴーン・ガール(初回生産限定) [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

ツイートする