キャリー [Blu-ray]

  • 32人登録
  • 3.25評価
    • (1)
    • (1)
    • (5)
    • (1)
    • (0)
  • 5レビュー
監督 : キンバリー・ピアーズ 
出演 : クロエ・グレース・モレッツ  ジュリアン・ムーア  ポーシャ・ダブルデイ  アレックス・ラッセル 
  • 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン (2015年3月4日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988142061812

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

キャリー [Blu-ray]の感想・レビュー・書評

  • 母娘関係がなかなかよかったです。
    文学作品でよくある歪な母娘の愛情と呪縛と連鎖だと思うけども、特典映像で「キャリーは母親に虐待されている」と一言で片付けてたのはどうかな…と思ったよ。

    クライマックスのやり返す場面はちょっと…すかっとせんかったかな。最後動画流されるとこでは絶対周りの人もそれを見て笑うっていう心情にはならんはずやで。イケメン彼氏(名前忘れた)はとばっちりかわいそう。死なすなら「スーちゃんに頼まれて誘った」ていうのばらすとこまでやってくれ。
    スーちゃんが償いのために、自分が積極的に関わるんじゃなくて、プロムで自分の彼氏と行かせるていう発想になるのは(女子的にえげつないことをしてしまった償いだし)女子として一番の喜びはそれだから、てことなんでしょうかねきっと。
    等々、なかなか共感しづらい部分は多かった。

    ラストはどっちバージョンもだめ。変なホラー演出いらん。
    リメイク前を観てみたいと思ったよ。

  • スティーブン・キング好きだし、キックアスのクロエちゃんがかわいかったのでレンタルした。
    お母ちゃんが怖い。
    リメイク前の作品の評判もいいようなのでそちらもまた観てみるかもしれない

  • 主人公の熱演、もはや怪演が印象的。オドオドした感じがリアルだった。母親の歪みきった愛情が怖え。

  • 1976年の同名の映画をリメイクした2013年の作品です。クロエ・グレース・モレッツが主演で彼女の可憐さが歪んだ悲劇感を加速させます。

  • クロエ・グレース・モレッツ主演による名作ホラーのリメイク。オリジナル版を観たことはないが、なんとなくあらすじは聞いたことがあった。アメリカの学校モノでありがちなイケてるグループによる冴えない子に対するいじめがあり、毎回こういう描写を観るたび胃がチクチクしてくる。主人公のキャリーが冴えない女の子という設定だが、クロエが可愛いのであまり説得力がない。いじめっ子グループにいたスーがなぜ急にキャリーに同情したのか、さらに人気者の彼氏もなぜそんな簡単にプロムに誘うのかあっさりしすぎていて釈然としない。母親役のジュリアン・ムーアが鬼気迫る演技で怖かった。ホラー映画としては単純に楽しめた。プロムクイーンに選ばれたキャリーの鼻の穴がピクピク膨らんでいたのがかなり気になった。クロエはかわいいけどちょっとあの辺が微妙ではある。

全5件中 1 - 5件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

キャリー [Blu-ray]はこんな映画です

ツイートする