悪魔の手毬唄[東宝DVD名作セレクション]

  • 20人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (2)
    • (3)
    • (0)
    • (1)
  • 3レビュー
監督 : 市川崑 
出演 : 石坂浩二  岸恵子  仁科明子  北公次  草笛光子 
制作 : 横溝正史  久里子亭 
  • 東宝 (2015年2月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988104095923

悪魔の手毬唄[東宝DVD名作セレクション]の感想・レビュー・書評

  • 『金田一シリーズ』の中では一番良作と感じました。特に市川・石坂の金田一シリーズでは主演の金田一役の石坂は主演でありながらも、関わった事件、遭遇した事件の犯人や周りの関係者などの中に溶け込み、紐を解くように解決していく。突出した存在感をださない。犯人の方が主演では思えてしまう。
    この映画に関しては、金田一の石坂、犯人の岸恵子が主演であるだろうが、もう一人 過去の事件で金田一と知り合い今回の事件を担当する刑事の若山さん。もう一人の主演なのでは。この3人が突出せずに上手く絡み合い物語の中に溶け込んでいる。
    この当時から若山さんは大御所の俳優なのだろうけど、重厚でいて他を共演者を邪魔しな存在感を出している。

    脇役として、警部役の加藤武 粉薬を吐き出す。手をたたき 「よし、わかった。」と言うシーンは定番のお約束なのだろう。
    大滝秀治が老医師として出ていた。この頃から年寄り役を。男性版 樹木希林なのだろうか。白石加代子はこの当時から妖気な役が板についていた。公開当時はアイドルだったんだろう。犯人の息子役で出ていた。チョッと (-_-;) って感じでした。

  • 石坂浩二の金田一耕助シリーズ第二弾。

  • 金田一耕助と磯川刑事が再会する場面。
    磯川刑事「会いたかったですわ」
    金田一「僕も」
    ちょっと距離をおいた挨拶で互いに尊敬しあっていることがわかる。
    陰惨な殺人事件が続くのに、老刑事と若い探偵の友情が感じられる作品。それは、金田一の最後の台詞にも表現されている。

全3件中 1 - 3件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする