FURY / フューリー [DVD]

  • 245人登録
  • 3.46評価
    • (9)
    • (56)
    • (52)
    • (12)
    • (1)
  • 57レビュー
監督 : デヴィッド・エアー 
出演 : ブラッド・ピット  シャイア・ラブーフ  ローガン・ラーマン  マイケル・ペーニャ  ジョン・バーサル 
  • ソニー・ピクチャーズエンタテインメント (2015年3月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4547462098054

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

FURY / フューリー [DVD]の感想・レビュー・書評

  • 『フューリー』がエンタテイメントとして素直に面白い!と言いにくいのは、善良な青年が24時間の間に戦場の異様な体験を通じて文字通り『殺人マシーン』と化すまでの通過儀礼を描いた作品で『フルメタルジャケット』と同種の映画であるからなんだけど、フルメタのような『戦場の狂気』を正面から描いた作品と違うのは『戦争では人間性を失ってマシーンにならないと生き残れない』と語っているとともにラストで『しかし全員がマシーンになってしまったら誰も生き残れ無かった』という戦争の中にある人間性の肯定をも同時に描いている所なんだよね。

    そして最後の戦いに赴くフューリー隊の行動は一見『ゼロ戦特攻隊のような平和の為の自己犠牲賛美』にも見えるんだけど、戦場で人間性を失い、償いきれない罪を犯し続けた男達の贖罪ゆえの行動としても捉える事ができて、米国は戦争の意味と犯した自らの罪に対して自覚的に考え悩み続けているよな…と感じる。

    『戦争の英雄』は同時に『捕虜を後ろから撃ち殺す狂人』でもあったと描き、人間性を失った英雄達は戦場で自らの命を差し出し玉砕死するしか無かった、しかし後世の人間達は彼らの事を『英雄』として語り継いでしまう皮肉…!

    自分にとって『フューリー』はそんな映画に思えた。『戦場の英雄』ってのはつまりそういうことなんだよ…と突き放して描いている部分が日本映画では描けない領域なんだよなぁ。

    日本で『フューリー』撮ったらブラピが本国に残した嫁や子供の顔を思い浮かべながら特攻して、新兵を『お前が戦後のアメリカを立て直すんだ』と逃がす映画になるんだろうね…;

  • 今の人たちは戦争を知らない世代と言うが違うんじゃないかな
    世界では至る所で戦争をしていてこのように映画にすらなっている、情報はネットで流され見たければ「イヤ」と言うほど見れる
    私も含め大抵の人々が対岸の火事と決めつけ日本の平和を信じている
    平和を信じることには何のわだかまりも疑いも無い、ただ 先人達憎しみは忘れても流した血と涙の意味を忘れずにいたい。

  • 久しぶりに見る戦争映画。最初はぼーっと見てましたが、軍曹がノーマンに捕虜を殺させるところから面白くなってきました。

    ノーマンがピアノでマリアの子守唄を弾いて、エマが歌うシーン。
    戦車同士の撃ち合いのシーンが個人的に一番盛り上がりました!実際にティーガーを使っているそうです。一番の見せ場ですね。

    ラストはミストを思い出させるような情景に何とも言えない気持ちになりました。

    戦争映画には詳しくありませんが、孤立無援で圧倒的に不利なのに戦う姿や最後に見過ごされるシーンは納得出来ませんでした。


    ブラッドピットの演技は素晴らしいです。

  • 素直に面白かったが、実話だと思っていたので読後にがっかり…

    実話じゃなかったら、もう少しあり得ない展開でも良かったかな(ドンも死んだ振りをして生き残るとか…)

    あと、占領した街での皆が食卓を囲むシーンが冗長過ぎた。
    ※ついでにそんな大きな爆撃でもなかったのに、建物が全壊したのは不思議w

    もう一つ、ノーマンがドイツ人から見逃してもらった(?)のが意味不明

  • マッチョな男性世界に優男がぶち込まれて、戦争の真実を知り成長するっつーアメリカ戦争映画の典型ですね。結論から言うと、そうした男たちの友情物語の枠だけに収まった凡作だと思っていまして、なぜそうなのかという難点はいろいろあるんですが、一番は優男が殉死しようとするの早すぎっしょ、てところでしょうか。もっとたくさんメンバーの葛藤があって然るべきなんですが、130分超の割にそうした場面が少ないのは、戦闘が長いからかな。その戦闘シーン、CGも肉感なくて残念。

  • アメリカによくあるB級映画・・・なんだけど、戦車への興味にはいいのかもしれない。

  • 第二次世界大戦末期の時代、戦車“フューリー”を駆るウォーダディー率いる5人のチームが、世界最強の独・ティーガー戦車との死闘という絶望的なミッションに身を投じていく姿を描く戦争ドラマ。

  • 戦争映画というよりヒューマンドラマだった。

    まず、戦闘シーンがスター・ウォーズみたいで。
    宇宙で戦ってる気分になるくらいのSW感。
    全然第二次世界大戦感がしない。
    ティーガー戦車も期待ほどではなかった。

    戦闘シーン以外は良かった。
    特に食事のシーン。
    あの気まずさ、凄く好き。

  •  第二次大戦終結直前の戦車M4A3E8シャーマン、フューリー号。戦死した古参兵の代わりの補充兵は戦争を知らない新兵だった。

     戦争を拒む新兵が一人前の兵士になっていく。それは別の視点で言えば戦争に染まってしまう過程の怖さでもある。
     戦車ってもっと強いものかと思ってたが、なかなか使い勝手が悪くて弱い。さらにドイツのティーガーがめっちゃ強くて、相手一台に大苦戦。強いはずの戦車の弱さ。それは戦争に向かう屈強な兵士達の弱さの象徴でもあるかもしれない。
     この映画は戦車アクション映画でありながら、戦争のむなしさと狂気を訴える反戦映画との両立をきっちり果たしている。そう考えるとラストのドイツ兵の行動や助けてくれた友軍の「お前英雄だぞ」という言葉のむなしさがいっそうグッと来る。
     Wiki見たら、ドイツのティーガー戦車は実物使ってたのね。そりゃ強く描かなきゃ。

  • アンジーが無知ぶりを発揮して反日映画を作って以来はどうも旦那に対しても否定的になっているのかもしれない。それにしてもブラピの作品は年々面白みが感じられない。昔の頃の方がインパクトあったし、見直しても面白く感じるのだが、近年の物に役者としての変化をどうしても感じられない。

    「FURY / フューリー」
    https://www.youtube.com/watch?v=ZnHfXeIf7dA

    一番に思うのは指揮をとる隊長としての風格がない。台詞が格好良くても重みを感じられない。エンディングの「お前はヒーローだ」に疑問を感じる。最後のシーンはあくまでも無駄死にしか感じられない。仲間から作戦は?と聞かれたがただの特攻にしか感じられない。これを美学と感じる時点でおかしいような気がする。仲間の命…後ろに控える部隊の仲間を救ったといえば格好はいいが、軽装のSS部隊を相手にするのであれば後続と連携するのが最善だと思う。

    目の前の長年一緒にいる4人の仲間の命を守ることができない隊長など糞にしか感じられない!こんなものがアカデミー賞最有力候補など笑わせないでほしい。

  • 監督のデヴィッド・エアーは、米海軍の経歴があるそうで、リアルな演出(らしい)が光っていた。
    でも、年齢的には、監督が現地で戦闘に関わったことは少ないのではないか。とすると、本作で、人が火だるまになったり、銃弾が当たって人肉がはじけたりする描写は、経験者から聞いたり、資料で調べたりした成果のはず。(ということは、日本でも可能。)

    劇場パンフで監督が言っているが、戦争中、戦闘(という殺し合い)に関わった人は、復員しても口を閉ざす。だからこそ、戦争映画は、戦争の悲惨さをビジュアルで見せないといけないと思う。

  • 戦争の悲惨さ、人間の愚かさがよくわかる映画。ただ、ナチス憎し、が全面に出過ぎているのが、個人的には気に入らないが、アメリカの映画なので致し方ないか。
    また、この映画を観て、この5人を英雄として格好いいと思うような、人間にはなりたくないな、とも思う。

  • 最後の故障した戦車を中心にした戦闘シーンは迫力満点だった。

    個人的には、物語の中盤が好き。
    2人の女性の部屋に入って、心を休めているブラット・ピットから、人間の美しさを感じた。
    戦争という人殺しの世界の中でも、人としての心の美しさを持っていられるのだろうか?
    自分はそんなに強くは無いな。

    軍曹として、時に仲間が横暴な態度をとっても、それを受け入れ、対処していくブラット・ピットの姿に男としてのあこがれを抱いた。

  • ブラピで戦車なんてもう愛さずにはいられない。
    ナチスドイツに攻め込むアメリカ軍の兵士たちのお話。本物のティーガーIを使って撮影したと事前に聞いていたので注意深く見ていましたが「かっこいい」以上の感想しか出てこない自分が情けない。かっこよかった。
    部隊では一番「普通の青年」らしい新兵が少しずつ戦争の現実に触れていくという王道はとても好きです。

  • 娯楽というよりは戦争の悲惨さが強く、面白かった!と言うのは気が引けてしまうのですが、見応えは抜群で、伝えたいテーマの分かりやすいいい映画だと思いました。

    斬新さや目新しさは感じないのですが、戦争映画のテーマは不変で大切なものだと思うのでこれでいいんだと思いました。

    ブラピの「俺カッコいい」というのも分かりやすく出ているんですが、本当にカッコいいと思わされたので少し悔しいくらいでした。
    ただ、銃弾の軌道にCGを使ってしまったのは、低予算のSF映画のようで観ていて違和感しかなかったのが残念でした…。

  • ★★★★☆
    史上最高の戦車映画
    【内容】
    第2次世界大戦のドイツで、戦車フューリー号に乗った、ドン(ブラッド・ピット)らの戦いを描く。


    【感想】
    ほぼ戦車シーンだけです。
    超絶なドンパチは無いんだけど、かえってそれが現実的で、戦争の恐ろしさを感じます。

    戦争は人間が始めた最も愚かなことだ。


    題名の「フューリー」はブラピが乗ってた戦車の名前なんだけど、wikiによると「ローマ神話の復讐の女神フリアエ(Furiae)から派生した言葉で、怒りを表す。」だそうです。

    ちなみに1978年にも「フューリー」って映画が公開されていますが、内容は全然違ってSFスリラーです。ややこしいな。

  • 戦車でドンパチ!
    途中眠くなったら、爆撃の音で目を覚まし・・・

    戦争の悲惨さは伝わった。

  • 戦場の狂気と、荒っぽさと、略奪と・・・そのグロさを描いている。ただ、いかに死守しても、私には犬死にとしか思えないのだが。

  • ブラッド・ピットの主演・製作総指揮で、第2次世界大戦下、たった一台の戦車で300人のドイツ軍部隊と渡り合った5人の兵士たちの姿を描いた戦争アクションドラマ。

    “1945年4月、ドイツへ侵攻する連合軍の米兵ウォーダディーは、自ら「フューリー」と命名したシャーマンM4中戦車に乗り、戦いを続けていた。ウォーダディーと3人の仲間に新兵のノーマンも加わり、5人となった部隊は絆を深めていくが、進軍中にドイツ軍の攻撃を受け、他部隊がほぼ全滅。なんとか生き残ったウォーダディーの部隊にも、過酷なミッションが下される・・”

    つまらないことはなかったが、あまりにもハリウッドアクション映画よりの過剰でご都合主義な演出(ラストの戦闘などなど)が多くて途中で萎えてしまった。最近のブラピの映画はブラピがカッコいいだけで中身が薄い物が多いが、この作品もその例に漏れず、そういう作品。しかし、戦車兵にスポットを当てたのは面白く、その戦車での戦闘シーンは迫力があった。だが、それだけ。

  • 8月9日に家族で観た。とても重いテーマだけれど、現実世界ではヒトは重いままでは過ごせない。楽しく過ごす彼らがつらい。平和でいたい。

  • 劇場にて。

    ストーリー:1945年4月、ナチスがはびこるドイツに総攻撃を仕掛ける連合軍に、ウォーダディーというニックネームのアメリカ人兵士(ブラッド・ピット)がいた。カリスマ性のあるベテラン兵士である彼は、自らフューリーと名付けたアメリカ製の中戦車シャーマンM4に3人の兵士と一緒に乗っていた。そんなある日、ウォーダディーの部隊に新兵ノーマン(ローガン・ラーマン)が加わることになり……。
    http://www.cinematoday.jp/movie/T0019384

  • ストーリー展開はジャケット通りに月並みだったと思う。

    戦車に特化した戦闘シーンは個人的に新鮮だった。

  • こてこての戦争映画観たのは久しぶり。粗削りなとこも多い作品だけど、けっこう突っ込んだ戦争の世界を描いてて、その点はかなりよし。

  • リアルな戦場のシーンや感動させるストーリー、やはり個人的に戦争を美化しているようでどうも...悪い作品じゃないんだけどねぇ...

全57件中 1 - 25件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

FURY / フューリー [DVD]を本棚に「観たい」で登録しているひと

FURY / フューリー [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

ツイートする