めぐり逢わせのお弁当 DVD

  • 217人登録
  • 3.70評価
    • (17)
    • (34)
    • (28)
    • (6)
    • (1)
  • 39レビュー
出演 : イルファーン・カーン 
  • 東宝 (2015年3月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988104095640

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

めぐり逢わせのお弁当 DVDの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 妻を失い独り暮らしの定年が近い男、夫婦仲が冷めてしまった女。
    間違って配達されてしまったお弁当を通じて秘かな文通が始まる。

    インドの都会での暮らしぶり、弁当配達人(ダッパーワーラー)、料理といった日常描写には何か親近感が感じられる。

    さて、文通を超えて二人は出会いそうになるが、結論が分からないまま映画は終わる。
    前もってムンバイとナーシクの位置を地図で見とくといいかもしれない。

    何度も出てくるフレーズ「間違えた電車でも最後には正しい場所に着く」。
    正しい場所って二人にとってどこなのか?

  • インド映画は歌ったり踊ったりというイメージがあるけど、この映画は違う。

    ピアノの曲がよくて、男女の微妙というか繊細というかそういう心の動きをよく表していて、ウルウルっときてしまう。

    とても良かったな。

    “人は間違った電車でも正しい場所に着く”
    その通りでありますように。

  • まずは、インドのこのお弁当配達サービスの
    システムがすごい!と。
    ただ、毎日のことで
    住所が変わった訳でもないのに
    急に配達先間違われるなんて
    お弁当預かってる人が
    「間違う訳ない!」って言ってたけど
    実際間違われたりするんかなあ(笑)

    インドのお弁当って毎日4段なの?とも
    思ったけどナンとかもあるからあの形なのかな?

    純粋に、たまたま間違ったお弁当が
    舐めたように完食されてて
    おばさんのアドバイスによって
    お手紙のやり取りが始まって
    名前も顔も知らないのに
    夫は浮気してるのに気づいてしまったし
    気になる…ってなっちゃうイラの気持ちが
    すごいわかって感情移入しちゃった。

    結局、最後すれ違ったけれど
    サージャンがお弁当の送り元に行こうと
    お弁当配達人たちの車両に乗ってたよね…?
    あのふたりがうまくいっていればいいなって
    思ったエンディングでした。

    割と全体的に現実的な内容でした。

  • ゴールデンウィークだなぁ。
    出かける予定はないので、家で映画でも観よう。
    へへ、前日の『Wの悲劇』に刺激されてます(笑)。
    どうせならとインド映画を選択。
    ネットでレンタルできる時代、便利になりました。
    お弁当を配達するというシステムがあるんだなぁ。
    「あんなにたくさんのお弁当を目的の場所に届けられるってどうなってるの?」
    と思っていたら、誤配達が物語の始まり。
    ちょっとしたことで、ちょっとしたことがはじまる。ドラマチックだなぁ。
    お弁当箱に手紙を入れて、それを読むのが楽しみになる。
    この届け先間違い、いつまで続くのだろう?
    とヒヤヒヤしながら観る。
    誰でもいい、話を聞いてくれるだけでスッキリする。
    そんなものなのかもしれない。
    もう少し、劇的なことがあってもと思わなくもないが、静かに時が流れるのが普通っぽいのかしらね。
    最後、ふたりは会えたの? 会えたよね?

  • 間違って届いたお弁当が2人を結びつけたという流れは好きだけど、終わり方があんまり好きじゃないなぁ。

  • 偶然が引き起こす人生の転機

  • イラはホームランドのパキスタンのエージェントのクレイシ。サージャンもどこかでで見たことあるとググってみたらジュラシック・ワールドやインフェルノで見たのか。シャイクも女神は二度微笑む で見てたのね。感じ違いすぎたのですぐにはわからなかった。
    サブジとかカレーとかチャパティが食べたくなる。
    お弁当の中身の料理にはそれほど重きを置いてないのか?描写が過ぎるとほかの話になってしまうからなのか。もうちょっと料理見たかったな。

  • サージャンの気持ちが痛いほどにわかる。このエンディングは?と思いつつもこの作品はこれでいいのだと思った。老いに負けてしまう気持ちはわかるが、やはり老いというものは心の変化から始まるものだと思う。しかし、一度は身を引いたサージャンがイラを探し始める。僕の頭の中では美しいハッピーエンドで締めくくられていた!

    「めぐり逢わせのお弁当」
    https://www.youtube.com/watch?v=d3Nnwi18ZiA

    最近の僕の中にはインド映画が到来している!女優さんはきれいだし、男優さんの科目差が本当に渋い!この作品も登場人物は5,6人程度しかいない状態でサージャンとイラの圧倒的な存在感と演技力で物語が作られている。インド・フランス・ドイツ合作作品ではあるが、心の底から温まることのできるそんな作品でした。

  • 彼の食事の仕草にうっとりする。
    きらきらする瞳。
    香りと味にゆるむ顔。

    ドギマギする間、間、間。

  • 心が前向きになる素敵な映画だった。女性が弁当を通して一喜一憂するのが可愛い。男性もクソ真面目だけど可愛いさがあり憎めない。弁当配達人という職業があったり、通勤事情を知れてインドに興味を持った。やはりカレー食べたくなりました。

全39件中 1 - 10件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

めぐり逢わせのお弁当 DVDを本棚に「いま見ている」で登録しているひと

めぐり逢わせのお弁当 DVDを本棚に「観終わった」で登録しているひと

ツイートする