悪童日記 [DVD]

  • 191人登録
  • 3.61評価
    • (13)
    • (32)
    • (35)
    • (4)
    • (1)
  • 28レビュー
監督 : ヤーノシュ・サース 
出演 : アンドラーシュ・ジェーマント  ラースロー・ジェーマント  ピロシュカ・モルナール  ウルリッヒ・トムセン  ウルリッヒ・マテス 
制作 : ヤーノシュ・サース  アゴタ・クリストフ  アンドラーシュ・セーケル 
  • アルバトロス (2015年3月4日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4532318409191

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

悪童日記 [DVD]の感想・レビュー・書評

  • ブタペストに暮らす双子の兄弟は両親のもとを離れ田
    舎にある祖母の農園に疎開する。
    人々から魔女と呼ばれている祖母は双子を「メス犬の
    子ども」と呼び容赦なくごこき使う、
    双子はそんな過酷な日々の出来事を父から渡された日
    記に綴っていきます。
    そしてどんなことにも負けない強さを身に付けていく
    ため二人で様々な鍛錬を重ねていきます。
    第二次世界大戦を舞台に魔女と呼ばれた祖母のもとに
    預けられた双子の兄弟が過酷な日々を生き抜くために
    身も心も鍛え上げ非情な世界に立ち向かっていく姿を
    鮮烈に描いています。
    観ているのが切なくなったヤーノシュ・サース監督の
    衝撃の問題作品です。

  • 二次大戦末期、双子の兄弟は両親と離れ、母方の祖母の家に疎開する。
    村人から魔女と呼ばれる祖母から重労働を強いられる2人だったが、肉体的、精神的な訓練をしながら、たくましく生き抜いていく。

    双子が逞しいだけでなく、残酷でもあるのは戦争をしている大人たちを見ているからだろう。
    無表情に視線を向けてくる双子に、観客を含め大人たちは心の内を見透かされている気がして怖いです。

  • こんなパッケージなのか?
    ごちゃごちゃで残念

  • 小説をきっちり把握してないのに
    映画ものすごく楽しみにしてた

    そして期待を裏切らなかった
    今のところ今年入ってから観たものの中では
    だんとつですき

    続編があるなら本当に楽しみ

  • あのアゴタ・クリストフの小説がついに映画化された。それだけでも☆5つ。

  • 大好きなアゴタ・クリストフ原作の悪童日記の映画化。これ、第二弾、第三弾があるならすごく気になる。どう映像化するのか…

  • 原作を読んだ印象よりもずっとずっと双子の残酷さが減っていた。性的描写もぼかされていた。
    原作を読んでいるときはあまりの双子の残酷さ無敵さに、もうやめて…こいつら化け物だよ…と思いましたが、映画では時代に翻弄される可哀想な少年たちに見えた。
    普通になっちゃって、ちょっと残念かな。でも、暴力的で性的描写も多い原作に寄せた映像化が難しいのはよくわかる。
    この映画は全三冊の原作のうち一冊目です。続きが気になる。

  • すげーもやもやする

  • シアターキノにて鑑賞。字幕版。
    原作を2/3ほど読んだ状態で観てきました。
    かなり原作に忠実に、淡々と繋がっていくエピソード。
    原作感想で粗方書いてしまったので言葉はみつからない感じです。
    ただ原作では痩せている設定のおばあさんをあの方が演じた点はとても素晴らしかった。

  • “双子”という存在の魅力にはじめて触れた作品の映像化、ということで期待を込めて視聴。
    あの不透明な底知れなさや現実と非現実の曖昧な不気味さは薄れてしまったけど、独立した映画としては面白かったです。

    日記に描かれた双子を示すイラストが、紙にインクが転写されたものだったのが個人的には一番とても印象的でした。
    鏡に映った像がまったく同じではなく、左右反転した関係にあるように、彼ら双子のありかたも同じなようで実は鏡像関係であったのかな…と、ラストじんわりと思いました。

  • 日記がコラージュで表現されているところが、よかった。
    原作の雰囲気は壊されていなかった…!
    また観たい。

  • 原作を読むか映画を観るかで悩み映画を選択。
    テーマ的に重いものだと思ったがそのとおり。
    しかし淡々とした描写で進むのでそこまでやられることがなかった。
    観ている最中に感じたことは作中で固有名詞がでてくる登場人物があまりにも少ないことだ。
    そこにとてもセンスを感じた。原作がそうなのだろうが。。
    原作は浦沢直樹のモンスターの原案になっているというが確かに。親をも超越して成長する二人にはとても恐怖があると思う。

  • 期待度上げすぎたのかイマイチピンとくるものがなくて。

  • ヨーロッパ映画特有の静かな雰囲気でした。
    原作が有名らしいですが、映画はもう一息というところ。

  • 兄弟にとって生きていくとは…
    戦争で最早、人は人でなく、家族も倫理も宗教も全てをないがしろにしてしまっていた。そんな世の中には、ずるくて汚くて自分だけが良かれと動物のように生きている大人たちが蠢いていた。半ば親に捨てられた兄弟は、父の言いつけを守り、聖書を読み、教養を身につけ、子供が生き残るための術を市井から学んだ。より純粋に真っ当で利口な大人になるために自分たちを律して生きていた兄弟は、父母や聖職者、警察、軍人など指導者や為政者たちの言動と行動の違いに気づいてしまう。
    一卵性の双子の美少年たちのあの眼差しにはうっとりしてしまう美しさが潜んでいた。悲しみと憂いと憤りを湛えるあんな目で見つめられたら声が出なくなってしまうかもしれない。双子とは不思議な存在だ。各々が自分であり分身であるような…最後は思わぬ展開だった。大事な分身を手放してしまうなんて及びもつかない展開に数年後、大人になった彼らの再会を空想した。
    とても切ない悲しさがあるけれど逞しさにうち惚れるような潔さを感じるいい作品だった。

  • 2015/6/20 悪童日記というから もっと残虐な事を仕出かす双子の兄弟と思いきや…戦争の中にあって 酷い環境の中で逞しく生きていく 双子の兄弟だった。しかし、怖い感覚の映画でした。
    双子の整った顔で 瞳が物言う この、よく出来た2人をよく探したもんだなぁと感心した。ラストは
    とても 悲しい終わり方 余韻を残し どーなるんだろうと その後の経過を知りたくなるような 終わり方だった。親も親だなぁと思う部分は 子供達が理解して 怖かった お婆さんの元で逞しくなってゆくのは環境に慣れていくという形で 賢い子供達 2人だから頑張れた部分あったんだろうけど…最後の別れが虚しい感覚残る映画でした。

  • 原作が好きで公開時に観たくて観たくてしょうがなかった映画。
    でも映画館で観なくて正解だったかも。
    でも1度観れば十分と言うには語弊がある。原作がすごすぎるから。あれを超えるのはきっと無理なんじゃないかな。
    おしいと思う。静かでとてもいい映画。そういうわけで星3つ。

  • 原作がとても好きなので、映画化と聞いて大きな期待と不安を持っていた。
    あいにく行ける範囲で上映がなかったので、DVDを待ってようやく見られたのだけど。
    上映前はちらほらとやはり期待や不安の声を聞いていたのに、上映後に評判を聞かなかった理由が、見てよくわかった。
    とても丁寧に作られていると思う。
    キャストも良いし、演出も全く手を抜いていない。
    原作への敬愛に満ちている。
    けれど…そこまでなんだなー…。
    原作を超える部分はない。
    一部分でも超えるところがあれば、他は原作に届かなくてもいいと思うのだけど、原作の傘の内で綺麗にまとまってしまった感じ。
    残り二部は製作するのかなー…?

    あと、主人公の双子役が少々年齢が上過ぎるように私は思ったのだけど、どうなんだろう。
    あれだけ美しい双子を見つけるのは大変だとは思うけど…。

  • 双子の男の子の顔つきが本当に変わっていって、最後のシーンは鳥肌がたつくらい鋭くて強い顔になっていたことに唸らされた、、小説は読んでいないのだけど、小説を元に作られたという浦沢直樹のモンスターも大好き

  • 原作がずっと気になりながらも、きっと読むことはないだろうなと思っていたので、せめて映画で観てみることにした。双子が徐々に魔女と呼ばれる祖母と心を通わせる過程がいい。

  • トレーラーのできが良く、不気味さがあると予想していたのだが、実際にみてみると、思ったよりスカスカで、期待はずれだった。「悪童」であるなら、単に放火したり、地雷死させたオヤジの背中の上を歩くとかだけでなく、もっと残虐のかぎりをつくして欲しかった(直接描かないにしても)。

    ばあちゃんが、なぜ「魔女」と呼ばれるのか最後まで分からなかった。





    【ストーリー】
    第二次世界大戦末期の1944年8月14日。双子の兄弟(アンドラーシュ・ジェーマント、ラースロー・ジェーマント)は母親に連れられ、村人から“魔女”と呼ばれる祖母(ピロシュカ・モルナール)が暮らす国境に近い田舎へ疎開する。母親と別れた兄弟に与えられた仕事は、薪割りと水汲み、そして鶏や豚への餌やり。祖母の家の敷地には川があり、その先は外国だった。やがて仲良くなった隣家の少女と一緒に、町の酒場で寸劇などをして小銭を稼ぎ始める。また、森の中では兵士の遺体を発見し、そこから武器を盗む。その一方で、母親が自分たちに送ってくれた物資を祖母が隠していたことを知る。いつまでも迎えに来ない母親を忘れるため、精神を鍛える訓練で母の手紙と写真を焼き、残酷さに慣れる訓練として虫や魚などの生き物を殺す。兵士の遺体から奪った手榴弾を司祭館のストーブに投げ入れた兄弟は、女中に大火傷を負わせたことから警察に連行され、拷問を受ける。2人を助けたのは、祖母の家の離れに住む外国人将校だった。戦争が終わったとの噂を耳にして、祖母と一緒に収容所を見に行くが、そこには何も残っていなかった。そして、外国語を話す軍隊がやって来る。その戦車に乗せてもらった隣の女の子は、死体になって帰ってきた。死にたいと言う女の子の母親の求めに応じて、家に火を点ける兄弟。やがて、赤ん坊を抱いた母親が車でやって来るが、空から落ちてきた爆弾で赤ん坊とともに命を落とす。2人の遺体を埋めていた祖母が、発作を起こして倒れる。そこへ、兵士として戦っていた父親(ウルリッヒ・マテス)が現れ、墓地に埋葬するために母の遺体を掘り起こすが、その際に赤ん坊の存在を知る。そして祖母が亡くなる。言われた通りに祖母の遺体を清め、母親の隣に埋めた兄弟は翌朝、逮捕を逃れるために逃亡を図る父親を国境の鉄条網へと案内する。だがそれは、2人にとって“別れ”という最後の訓練でもあった。

    第二次世界大戦末期、疎開先の過酷な生活の中で大人たちの残虐性を目の当たりにした双子の兄弟が、次第に暴力を学びながら、逞しく生き抜いてゆく姿を描く。

    世界中に衝撃を与えたアゴタ・クリストフのベストセラー小説の映画化。主演は本作がデビューとなる双子の兄弟、アンドラーシュ・ジェーマントとラースロー・ジェーマント。

  • 「魔女」と呼ばれる祖母、兎口の女、ユダヤ人の靴屋さん、小説から映画に写し取るのが大変だっただろうに、違和感がないです。祖母がチキンを食べる様子の意地汚いこと!
    「僕たち」の目の美しさ!原作ファンには観てほしいです。

  • LE GRAND CAHIER
    2013年 ドイツ+ハンガリー 111分
    監督:ヤーノシュ・サース
    原作:アゴタ・クリストフ『悪童日記』
    出演:アンドラーシュ・ジェーマント/ラースロー・ジェーマント/ピロシュカ・モルナール
    http://akudou-movie.com/

    映画を見る前に原作を三部作とも再読して準備万端で臨みました。映画自体の評判は原作ファンからもそんなに悪くなかったと思うのだけれど、うむむ、少し複雑。映画としては悪くない、けれど、やはり三部作全体で壮大な叙述トリックのようだった原作と比較してしまうと、最終的に受ける印象は随分違うかも。

    映画はトリックなどない、あくまで現実。「ぼくら」はきちんと双子(二人)の姿をとって観客の前に姿を現すし、かなり一生懸命見分けようとすれば、一般的な双子がそうであるように、瓜二つだけれど微妙に個性が違うことも感じさせられてしまう。

    しかし原作至上主義的な幻想を捨てれば、ある時代の、戦争を背景にした少年たちの生き様を印象的に描き出した映画としてはなかなかの良作でした。映画化を了承した作者が、映画の完成を待たずに2011年に亡くなってしまったのは残念でしたね。きっと完成品見たかっただろうなあ。

    ミーハーに見た目の話から入ると、とりあえず双子は可愛かった!美少年だった!(そしてなぜか妙に10代の頃の錦戸亮に似ている・笑)たぶん14~15歳くらいなので、物語の冒頭ではちょっと大きいかな?と思うのだけれど、数年経過してからのラストではちょうど良いくらいでした。

    兎っ子もちょっと大きかったかな(17~18歳に見えたけど自分のイメージでは双子と同じか小さいくらいだった)ゆえに、彼女の死にざまの悲劇性は少し薄れてしまった気がする。おばあちゃんは、一番原作イメージ通りの怪演でした。一般的には目の中に入れても痛くないほど可愛いはずの孫を、こうまで邪険に扱えるものかと思いつつも、最終的に結構双子と通じ合ってるところとか。司祭館の女中さんはすっごく美人でナイスバデーだったのだけれど、あっという間に退場されてしまったのが勿体なかったです。

    双子が日記をしるすノートが、お父さんからもらったものになっていたのは映画の改悪かなと思いましたが(そのノートを最後に譲り合い、結果国境を越えるほうが持っていくのも)、原作未読の観客に双子の突飛な行動を理解させるべく理由づけエピソードが付け加えられるのは映画として仕方なかったかも。あと寒さや苦痛や空腹には耐える訓練をしていた双子が、互いから引き離されることだけは耐えられない、という事実に気づき、離別の訓練を始めるあたりは、映画オリジナルエピソードとしてアリだったのかなと思います(別々に眠ったり、わざと喧嘩したり)。

    映像は全体的に彩度ひかえめでとても美しく、日記がコラージュ風になっていたりという独特の処理も面白かったです。三部作ではなく、あくまで「悪童日記」のみを事実と捉えての映画化としては、トータルで悪くなかったと思います。

全28件中 1 - 25件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

悪童日記 [DVD]を本棚に「いま見ている」で登録しているひと

悪童日記 [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

悪童日記 [DVD]を本棚に「いつか観る」で登録しているひと

ツイートする