刺さった男 [DVD]

  • 23人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (5)
    • (5)
    • (3)
    • (1)
  • 5レビュー
監督 : アレックス・デ・ラ・イグレシア 
出演 : ホセ・モタ  サルマ・ハエック  ブランカ・ポルティージョ 
  • 松竹 (2015年4月2日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988105069886

刺さった男 [DVD]の感想・レビュー・書評

  •  ひょんなことから建設現場で落下し頭に杭が刺さって動けなくなった男を描く。

     杭が刺さって動けないとなるとメディアにとっては格好の中継対象。この映画では広告マンである主人公自らがこれで一儲けしようとさえするのだからすごい。
     監督のアレックス・デ・ラ・イグレシアは『スガラムルディの魔女』の人なのか。この映画もコメディに傾き過ぎずきっちり描いていて好感が持てる。

  • ブラックなコメディですが、家族愛の物語です。サルマ・ハエックの妻は美しく毅然としていて、夫への愛を貫いていてかっこいい。でも、旦那があがいているのは、家族にお金を残すためですよね。失業していて、子供が進学時期なのに、住宅ローンも滞って、切ない話です。

  • 金儲けは家族のためでもあるんだから、あんなに頑なにならなくてもと思ったり。
    パライソの跡地で家族に囲まれ再起に賭ける。悪い話じゃないじゃない。

  • スペイン産コメディ。
    って、これ「スガラムルディの魔女」と同じ監督さん(アレックス・デ・ラ・イグレシア)なんだな。

    結構前だと「どつかれてアンダルシア」。
    ドツキ漫才で売れたコンビの仲がドンドン悪くなっていって…という
    ブラックな、でもちょっと心に引っかかるところがある作品でしたが、
    本作も似たような系統のお話です。

    職を失って2年。
    そろそろヤバイぜ、ってな元広告マンのロベルトが
    ひょんなことから美術館の未整備な区域で落下するアクシデントに会い、
    むき出しだった鉄筋がぶっさり後頭部にささってしまいました。

    現状は奇跡的に助かっているが、
    動かしたら危険!死んじゃうかも…。

    それがちょうど美術館の取材に来ていたマスコミを通じて
    国中のニュースになると、本人および周囲の人間が、これはまたとないチャンスだと。
    これを利用して一気に大もうけだ!!と。

    元広告マンのサガというか、金銭的に追い詰められた末の決断というか。
    ひょっとしたら死んじゃうかもしれない危機的状況で
    本人もグイグイ金儲け話しを売り込んでくる。

    まともなのは駆けつけた妻と子供達だけ…
    (バンドマンの息子はゴツイブーツでうっかりロベルトを踏んづけたりするが)

    という、毒のある笑いと根っこにある家族愛が入り混じった作品。
    終盤の展開は、なんか、そう来ますか…という感じで
    「どつかれてアンダルシア」もそうだったけど、ラストで心に刺さるシーンを持ってくるね。
    息子が靴を脱ぎ捨てたシーンは素敵でした。

  • これはちょっと…。

全5件中 1 - 5件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする