ジャッジ 裁かれる判事 ブルーレイ&DVDセット(初回限定生産/2枚組/デジタルコピー付) [Blu-ray]

  • 160人登録
  • 3.69評価
    • (14)
    • (27)
    • (25)
    • (4)
    • (1)
  • 25レビュー
監督 : デイビッド・ドブキン 
出演 : ロバート・ダウニー JR.  ロバート・デュバル  ベラ・ファーミガ  ビンセント・ドノフリオ  ジェレミー・ストロング 
  • ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント (2015年6月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4548967171167

ジャッジ 裁かれる判事 ブルーレイ&DVDセット(初回限定生産/2枚組/デジタルコピー付) [Blu-ray]の感想・レビュー・書評

  • 絶縁状態の父である判事のパーマーが殺人事件の容疑で逮捕され、弁護士の息子ハンクが弁護を担当することになるが・・・。

    曖昧な展開だったので少し分かりにくかった。

    サスペンスな展開を期待すると肩透かしを食らうと思います。

    良かったけど少し長く感じたかな。

  • 母の葬儀のために久々に帰郷した弁護士ハンク・パーマー。
    地元で長年判事を務め人々の尊敬を集める父のジョセフとは折り合いが悪く現在は絶縁状態だった。
    葬儀が終り早々と引き上げようとしていたハンクにジョセフが殺人の容疑で逮捕されたという一報が入る。
    頑固に正義を貫ぬいてきた父に限って殺人なんて犯すはずがないと確信していたハンクだったのです。
    判事にして殺人の容疑者となってしまった父とその弁護を引き受けることになった息子が互いに確執と葛藤を抱え裁判に臨む姿を描いた作品です。
    ロバート・ダウニーJr.とロバートデュヴァルが親子役で初共演を果たした法廷ドラマです。
    父の秘密が次第に明かされるミステリアスな展開に親子のドラマを絡めた重厚な物語に引き込まれた映画でした。2人の演技も素晴らしかったです。

  • 号泣でした。

    父と息子、家族のお話。
    人は自らの行動に責任を持つべきだという信念に基づき、証言した判事。
    ハンクとブラックウェルと、どちらの判決が先なのかによって解釈が違うと思いますが、ブラックウェルの犯行は長男と変化球を練習してたときだと言ってたのでハンクがきっと後ですね。
    情に流された判決を下したことを悔いてハンクには信念に基づいた判決を下したということでしょうか。
    息子の希望に背き、父の希望に背き、お互いが暴かれたくないことを暴き、法廷で本音でぶつかり合った末の判決。
    法廷を去る前にハンクにだけは言葉を贈らなかった判事が最後の最後に彼が待ち続けた言葉を贈ります。
    そして最後にハンクが見上げた半旗。
    判事とハンクがすべてをさらけ出したからこその結末だったと思います。
    そしてまたエンディングのthe scietist(しかもカバーバージョン)が泣けました。

  • 2015年1月24日 新宿ピカデリーにて鑑賞
    ※ネタバレにご注意ください。

     母の葬儀で久しぶりにシカゴからインディアナ州の実家に帰ったハンク(ヘンリー)(ロバート・ダウニー・Jr.)。敏腕弁護士だが、家庭はうまくいっておらず妻とは離婚協議中で、実家でも長年判事として地元の人から尊敬されてきた父ジョセフ(ロバート・デュヴァル)と険悪な関係。
     葬儀が済んでシカゴへ戻ろうとしていたハンクだったが、父がひき逃げの容疑で警察に取り調べを受けているという連絡が入り……というお話。

     年を取ると、色々なことがうまくできなくなってくる。まして、病気になっていたらなおさらだ。
    「他人に下の世話をさせたくない」なんてよく言うけど、他人に迷惑をかけたくないというだけではなく、自分の見苦しいところを見せたくない、という意味でもあると思う。
     老いたゆえの見苦しさを「老醜」という。この作品で、ハンクの父ジョセフは記憶がときどき曖昧になったり、排泄物をまき散らしてしまったりする。その姿は確かにかっこ悪いかもしれない。
     けれども本当に醜いのは、残り少ない生にしがみつき、自らの信念を枉げてしまうことだ。「真実しか語らない」と誓う法廷において、そして息子たちの前で、嘘をつかなかったジョセフは見苦しくなどなかった。彼は判事として生きてきた自分の人生に背かなかった。全てをごまかして有罪を免れたとしたら、それは彼にとって刑務所に入ることよりもずっと不名誉なことだっただろう。
     裁判が終わって、ジョセフはハンクに少しも声をかけなかった。最初は冷たいな、と思ったけれど、あれはきっとハンクのことを息子ではなく弁護士として認めたからなのだろう。

     厳格な父と不良息子の和解というストーリーにさほど目新しさはないものの、ロバート・ダウニー・Jr.のキャラクターが添えられることによってなんとか没個性を免れているように思う。
     ただ、見慣れたいつものRDJで多少食傷気味でもあるし、実年齢に比べて若過ぎる役柄のように感じた。ヴェラ・ファーミガの同級生にはちょっと見えないような……。もう少し落ち着いた大人の演技も見てみたかったなあと思った。あと彼だけスターのオーラが出過ぎていて兄弟が兄弟らしく見えないんだよな!(笑)
     ロバート・デュヴァルはこの映画が初見だったけれど、さすがの貫録ですごい俳優さんなんだなっていうのが一目瞭然だった。後で「ゴッドファーザー」を観て、この頃はまだ若かったんだなあと思った。良い俳優さんが年老いていくのは仕方ないこととはいえ、やはり少し悲しい。でも、こういう役を演じるのに相応しい年齢になってお現役で活躍してくれているというのはありがたいことだな、と思った。

  • アイアンマンの役以外のロバート・ダウニー・Jrが新鮮。やはりいい俳優だな。

    法廷ものと父子ものとのバランスは良い。法廷ミステリーとしてはやや腑に落ちない部分があるし(なぜ父親は被害者の後を追ったんだ?)、厳格な父親との和解という物語もやや紋切り型ではあります。まぁでも少しずつ減点があるというだけで、映画の魅力を大きく損なうものではないですが。

  • 法廷ものではなく、法廷を借りた親子もの。
    有罪か無罪か、というのはあまり関係ない。
    最後に親子の絆が確かめられて良かったなー。
    父親と話をしようっと。そんな気にさせてくれます。

  • ストーリーはベタだけど、出演者の演技や映像の空気感はずば抜けて良い映画だと思う。家族ドラマとしてオススメ。

  • 法廷モノというより、
    親子モノ。

    堅物オヤジが嫌いな息子の話ってとこは、
    良くある話だけど、
    上質に作られているのが救い。

  • ただの裁判ものかと思っていたら、父と息子の関係性の方が濃いめの映画でした。
    良い映画。これ好きです。

  • 名画座で鑑賞、本日3本立てのオマケ。
    とにかくテッド2が見たかったから後はどうでもよかったんだけど、本作も拾い物でした。
    名優ロバートデュバルは枯れた演技でも存在感が有るね。
    ロバートダウニィJr.はどんな役やってもカッコいいわ。ただアイアンマンのイメージが強過ぎて画面の端から、いつアイアンマンスーツが飛んでくるのかドキドキしてしまいました。
    テッド2と並べてみたら、これも法廷劇。ってゆーか本作は正真正銘法廷劇なんだけど、アメリカの陪審員制度とゆーものが、良くも悪くも理解出来る面白い組み合わせの3本立てでした。
    頑張れ、新世界国際!頑張れ、名画座!

  • 親子の心が通うのが、くしくも父の詩を迎えるタイミングとは。

    切ないストーリー

    自分も親に心を開けているか?愛を注げているか?
    自問自答してしまう。

  • 字幕: 岸田恵子

    気持としては★3.5。

  • ロバート・ダウニーとロバート・デュバルが共演。親子でありながら、息子は都会で金持ち相手の裁判でカネを稼ぎ、父親は生まれ育った田舎でコツコツと判事を勤める。同じ法曹界で対照的な2人は、父がひき逃げ殺人事件の容疑をかけられ、その弁護を息子が担当したことをきっかけに過去を懺悔し、認め合う。

    正直、デュバルにはあまり期待していなかった。ダブル主演の片方を大御所俳優が担った場合、顔見せ程度で終わってしまうことが多いからだ。しかし、この作品のデュバルは違う。主演でプロデューサーでもあるロバート・ダウニーとがっぷり組んで親子関係を演じる。ダウニー演じる息子の弁護士に対し、父親として先輩法律家として時に厳しく、時に穏やかに接する。そして、自らの衰えに苦悩し、その姿を見られたくない頑固な老人でもある。

    未だロバート・デュバル健在。それに触発されるようにダウニーら3兄弟役もそれぞれ個性的な魅力を発揮。最近は「アイアンマン」のイメージが強すぎるロバート・ダウニーだが、今後はこうした落ち着いた作品を目指すのだろう。

    本作品の一番の見所は風呂場でダウニーがデュバルの介護をするシーン。

  • ひたすら大人向けの映画でした。
    家族のわだかまりが、最期の最後に解けたのかな。ほろ苦いけど、良いエンディングでした。

  • 東京新聞で紹介していた。面白そう。

  • 素晴らしい作品でした。
    家族、親子って難しいですね。愛し合っているはずなのに反目しあったり、分かり合えるはずなのにすれ違ったままだったり…言葉では言い表せない心情を目線や態度で巧く表現していく様は監督の手腕のなせる技ですね。法廷モノとしても家族モノとしても非常に素晴らしい秀作です。厳しい態度や言動に観ていて腹が立ったりもやもやしたり苦しかったりさせられます。愛されていると感じられるかどうかで愛すことも憎むこともできてしまうんですね。思い知らされました。ただ、どんな境遇や環境であっても愛する家族である事に変わりなく、相手を思う気持ちの素晴らしさを感じる作品でした。過去に置いてきたモノを取り戻すって自分が一歩踏み出せるかどうかなんですね。とてもいい作品です。おすすめ

  • 名優達による素晴らしい演技&ストーリー。

    何で映画館まで足を運ばなかったのか・・・。

    約2時間20分、吸い込まれる様に観続けた。

    これはお薦めだ!!!

  • 2015/7/3 普通の法廷ドラマだと思って観てたら
    親子で判事と弁護士という しかも、親子の絆を描いた感動作だった。ロバート.ダゥニーJrもロバート.デュバルも すごく良かったです。
    思わず 泣けてしまった 予想を覆す形だったけど
    親子愛も上手く描かれていたし 現実的なものも観た気がした。ラストは悲しいながら ほのぼのした感じがあったわ。親子も兄弟も素敵に描かれてたと思います。

  • 親子の確執ドラマ。見ごたえあり。

  • もっとシリアスなサスペンスなのかと思ったら全然違って親子の絆のドラマだった

  • 小さな町で判事を務める厳格な父と、その父に常に反発して敏腕弁護士になった主人公が母の死をきっけかけに里帰りした時に起こったある事件。この事件の容疑者はなんと判事である主人公の父なんですが、父に対する様々な葛藤や愛情が入り混じった中、主人公が父に対する弁護は。。。ロバート・ダウニーJrさんの迫真の演技を観て下さい。

  • 油断した。ロバウトダウニーJr.はそろそろキャラ変したかろうに。
    ハワイから帰るJAL便で鑑賞。

  • 映像と音楽が爽やかで故郷の安らぎや面倒くささが懐かしくなります。ストーリーにはあまり転機がなく、様々な場面の話題が出てくるものの映像がないため現実感に欠ける気がします。

全25件中 1 - 25件を表示

ジャッジ 裁かれる判事 ブルーレイ&DVDセット(初回限定生産/2枚組/デジタルコピー付) [Blu-ray]に関連するまとめ

外部サイトの商品情報・レビュー

ジャッジ 裁かれる判事 ブルーレイ&DVDセット(初回限定生産/2枚組/デジタルコピー付) [Blu-ray]を本棚に登録しているひと

ジャッジ 裁かれる判事 ブルーレイ&DVDセット(初回限定生産/2枚組/デジタルコピー付) [Blu-ray]を本棚に「観たい」で登録しているひと

ジャッジ 裁かれる判事 ブルーレイ&DVDセット(初回限定生産/2枚組/デジタルコピー付) [Blu-ray]を本棚に「いま見ている」で登録しているひと

ジャッジ 裁かれる判事 ブルーレイ&DVDセット(初回限定生産/2枚組/デジタルコピー付) [Blu-ray]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

ツイートする